お正月用のしめ縄はいつから飾ったほうがいいのかご存知ですか?最近は、造花で出来たお正月飾りもありますが、昨年のお飾りの使いまわしは大丈夫なのでしょうか?気になることをご紹介します。

 

 

しめ縄はいつから飾るの

お正月前後に、自宅の玄関に飾ってあるしめ縄。適当に年末に飾っていたけど、飾る時期があるのです。

正月事始めといって、12月13日からお正月の準備を始めるのは習わしだったようで、12月13日からはしめ縄を飾っても大丈夫です。

しかし、昔と違って今は12月にはクリスマスという大きなイベントがありますよね。いまはクリスマスリースや、クリスマスのデコレーションを玄関や自宅周辺にしているご家庭も多いです。

我が家も12月25日まではクリスマスの飾りつけをしているので、12月13日からお正月飾りというのは、ちょっと気分的にまだまだクリスマスモードなので、そこはチョット・・・という気持ちです。

なので、しめ縄飾りを飾らないほうがいい日・・・を覚えておくといいと思います。その日を避ければ、ご家庭の都合に合わせて飾ればいいだけなのですから。

 

しめ縄を飾らないほうがいい日は、12月29日~12月31日です。

29日は「にじゅうく」と「二重苦」を重ねて苦がつく、という意味でも避けられてます。

30日は旧暦で「晦日(みそか)」と言い、月の最後の日を表します。また「晦」は月が隠れるという意味合いもあり、あまり縁起の良い日とは言えません。

12月31日は「一夜飾り」と言い、神様をお迎えするのに1日しか飾らないのは神様に失礼だ、という意味合いが含まれ、またはお正月を迎えるにあたり準備が悪い、余裕がない、と良く思われないです。

 

なのでしめ縄は、12月13日以降で、28日までに飾るのがいいでしょう。門松やしめ縄以外のお正月飾りも同じです。

 

でも師走って行事が多すぎてバタバタして忘れてしまうんですよね。どうしても28日までに飾ることができなかった・・・という方は30日でも大丈夫だし、30日が無理だった方は31日でも大丈夫ですよ。

要は、基本的なことが知識としてわかっていたらいいと思いますよ。

 

管理人は、12月25日にクリスマスの後片付けをして毎年12月30日にしめ縄を飾ってます。働いている人は(業種にもよりますが)、12月28日や29日に御用納めになることが多いので、実質お正月準備がゆっくりできるのは30日からなのです。でも出来るだけ28日までには頑張って飾ろうと思います。

 

 

 

 

しめ縄はいつまで飾るの?

しめ縄は松の内まで飾ります。しかし松の内って地域によって異なるのです。

一般的には1月7日ですが、関西では1月15日が松の内です。

 

 

松の内と鏡開きの関係

松の内とは、しめ飾りや門松を飾っておく期間で、元旦から始まります。

しめ飾りや門松は、年神様(お正月に各家庭にその年の幸福をもたらす神様)が迷わずに家に来ていただけるように目印として飾るものです。

年神様は鏡餅に宿ると言われており、松の内の期間は鏡餅に神様が宿っているのです。松の内が終り、神様がお帰りになられた後に鏡餅を美味しくいただくのが鏡開きなのです。

 

その昔、松の内は1月15日、鏡開きが1月20日と日本全国同じでした。しかし、徳川三代将軍家光が4月20日にご逝去され、鏡開きにあたる20日は、家光将軍の月命日となってしまいました。

そこで20日に鏡開きはよくない・・・ということで、鏡開きを11日に行うことになりましたが、11日は松の内。まだ鏡餅には年神様が宿ってます。年神様が宿っているのに鏡開きをするのは失礼にあたる・・・ということで、1662年に徳川幕府が「1月7日をもって飾り納め」と通達し、1月7日が松の内になりました。

関西にはその情報が伝わらなかったようで、いまでも1月15日が松の内となっているのです。

 

 

 

 

しめ縄・鏡餅の使いまわしは大丈夫なの?

 

最近はお正月飾りもオシャレなものも増えたのですが、捨てるのもったいなくて「来年も使えるんじゃね?」と思ってしまいます。

 

 

鏡餅も本物のお餅を飾らなくなった家庭が多いのではないでしょうか?お餅の形のパックの中に、本本物のお餅は入ってますが、見た目はそのまま来年使えるかも・・・なーんて思う人いるかも。

 

しめ縄や鏡餅の使いまわしは、率直に言うと使いまわししないほうがいいですね。しめ縄や鏡餅の考え方として、年神様が自宅に来るための目印や、年神様が宿るためのものです。毎年新しいものを準備して、お迎えするほうがいいと思ます。

 

ただ、そのように年神様を迎えるものをしてお正月飾りをするのではなく、お正月のインテリアとして飾るご家庭は品物によっては1年ですてるのはもったいない物もあると思いますので、インテリアで飾ってると認識している方は使いまわしでもいいのではないでしょうか?

ただ、その時は神様をお迎えする飾りは、きちんと新調したうえで、インテリアと別に分けるといいでしょう。

 

 

 

まとめ

しめ縄飾りは12月13日~12月28日までには飾り、1月7日(関西では1月15日)までに片づけましょう。そして、毎年新調し気持ちのいい一年を迎えたほうがいいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。