猛暑対策のひとつとして、タイでは鼻から突っ込ん吸引する嗅ぎ薬ヤードムが人気なのだそうです。
ヤードムってどんな商品なのか、使い方はどうなのか?どこで売っているのか?などご紹介します。

スポンサーリンク

タイの鼻から吸引する嗅ぎ薬のヤードムとは?

rieさん(@hiwalani88)がシェアした投稿



ヤードムは、暑さ対策グッスとしてタイで大人気の商品で、小さなスティック状をしてます。

ヤー=嗅ぎドム=薬 という意味で成分はメンソールやユーカリオイルからできていて鼻から吸引することでスーッと清涼感が広がります。
テレビで見たのですが、若い女性も店員さんもタクシーの運転手さんもタイのほとんどの人が鼻から棒のような物を突っ込んで「爽やかな気分になる」と話してました。
タイの国民には大人気で、タイ旅行のお土産に買って帰る人も多いようですよ。

スポンサーリンク

ヤードムの使い方は


スティック状の物を鼻に突っ込むだけ!?



きれいなお姉さん達も、皆でやれば怖くない?

Yuiさん(@mary11072)がシェアした投稿



SAKISAKI

暑さ対策に抜群と言っても、ココ田舎だから・・・。
鼻に突っ込んでたらきっと笑われるわ(^_^;)
家の中で試してみよう!!っと。



SAKISAKI

これはダブルヤードム!
む・・・ムリ・・・。


ヤードムは日本で買えるの?

ヤードムは日本では今の所薬局やコンビニでは販売されてないようで、雑貨店にはおいてあるところがあるそうです。
ドン・キホーテで売っていたという情報がありますが、お近くにドン・キホーテがある方は一度電話して在庫確認してから行ったほうが確実ですね。

またマツモトキヨシには、ヤードムに似たノーズミントという商品が売ってるそうです。

中原一代さん(@fulufulumama)がシェアした投稿



SAKISAKI

お店に買いに行くのが面倒な人は、通販でバラ売りもやってますよ。お試しに一本いかがですか?

コレコレ


ヤードムは危険?

ヤードムの成分はほとんどがアロマや漢方がベースになっているのですが、一つだけ気をつけないといけない成分があります。
Lデソキシェフェドリン(l-desoxyephedrine)という成分は、日本では薬事法で認められていない成分なので、この成分が入っていないかどうかだけ注意したほうがいいようです。

日本に持ち込むことができない成分なので、日本で売られている場合は支障ありませんが、タイ旅行のお土産などで頂いた場合は気をつけたほうがいいですね。
最近はタイで販売されているヤードムも、この成分はほとんど配合されていないとのことなのでそんなに神経質になることはないと思います。

メンソール、スースーと聞けば眠気覚まし!
ヤードムは眠気覚ましにも効果バツグンのはずです。

仕事中(オーイ!寝るなー!)や勉強中、運転中など、眠いときに、鼻にスポッとさして眠気防止にいかがでしょう?
あとは鼻づまりにもいいし、なにより爽やかで気分転換出来るはずです。

まとめ

今回はタイで流行っている鼻から吸引する嗅ぎ薬、ヤードムについてでした。
外国の暑さ対策グッズも面白い物があるのですねー。
では、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク