漫画家・エッセイストのさくらももこさんがご逝去されたというニュースに驚いてます。
乳がんで53歳という若さでした。

さくらももこさんの旦那さんは、イラストレーターのうんのさしみさんです。
さくらももこさんのプロフィールを改めて見てみるとともに、旦那さんのイラストで2人で作った本があるのかどうか調べてみました。

スポンサーリンク

さくらももこさんのプロフィール



  • 氏名:さくらももこ
  • 生年月日:1965年5月8日 2018年8月15日没(享年53歳)
  • 出生地:静岡県静岡市

さくらももこさんは、あまり表に出ることがなかったですね。
長男にも母親が『さくらももこ』であることは長く秘匿にしていたようで、生き方がカッコいいです。
闘病中であることを知っている人も少なかったようで、8月15日に他界され世間に公表されたのは初七日が終わった27日でした。

さくらももこさんは2度結婚されてます。
1986年に少女マンガ「りぼん」で『ちびまるこちゃん』の連載をはじめます。
3年後の1989年にリボンの編集者である、宮永正隆さんとご結婚され、5年後の1994年に長男が誕生してます。
しかし長男が4歳の1998年に離婚されました。

長男が9歳のとき、2003年にイラストレーターであるうんのさしみさんと再婚されます。


さくらももこさんの代表作品である「ちびまる子ちゃん」はご自身の子供時代を漫画にされ、アニメはロングセラーとして大人気です。


『さくらももこさん』と言ったら、あのまるちゃんを思い出すくらい、日曜18時のちびまる子ちゃんは私が子育てする頃から毎週楽しみにしていたアニメです。

2016年5月には「ちびまる子ちゃん」お姉ちゃん(さきこ)の声優の水谷優子さんが51歳という若さで、さくらももこさんとおなじく乳がんでご逝去された矢先の今回の訃報に、みんな悲しんでいるはずです。

どこか昭和チックで、ジュリーや秀樹、ピンクレディなど、昭和時代のアイドルが登場するところは、さくらももこさんと同じ世代の筆者はすごく懐かしく嬉しくみてました。

SAKISAKI

同じ世代で頑張っている女性が、こんなに若い年齢で他界される話を聞くと、他人事じゃなくとても残念です。
筆者も50代前半で友人が何人かガンで亡くなりました。
未だにショックから立ち直れない部分もありますが、まだまだやりたいことがたくさんあったであろうさくらももこさんの気持ちを考えるといたたまれない気持ちになります。


スポンサーリンク

うんのさしみさんとさくらももこさんの本は?

さくらももこさんの旦那さんはうんのさしみさんというイラストレーターです。

うんのさしみ・プロフィール

氏名:うんのさしみ
生年月日:1969年1月17日

さくらももこさんの4歳年下なので、現在49歳だと思われます。
うんのさしみさんも、ほとんど情報がない方のようです。

さくらももこさんとうんのさしみさんの本


アミが来た
チリの作家の本で、さくらももこさんが訳し、イラストはうんのさしみさんです。


グランドファーザーとつり人 (5次元文庫マージナル)
同じく海外の本ですが、さくらももこさんが訳し、イラストをうんのさしみさんです。

どちらも2018年8月現在で楽天ブックスでの取扱いが無いようです。
お二人の作品ということで、希少品になりそうな本ですね。

最後に

さくらももこさんは他界されましたが、アニメ『ちびまるこちゃん』の放送は続くということです。
2018年8月15日、53歳という若さで他界されたさくらももこさんのご冥福をお祈りいたします。

さいごにちびまる子ちゃんの初代オープニング動画をツイッターで流している方がいました。
懐かしいので、皆様にもお届けしようと思います。
ありがとうございます。



最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク