NHK連ドラ「半分青い」で律(佐藤健さん)と鈴愛(永野芽郁さん)が作っているそよ風の扇風機
風がそよ風のように柔らかい扇風機なのですが、律と鈴愛が作っているそよ風の扇風機は買えるのでしょうか?
気になる価格や購入方法について調べてみました。

スポンサーリンク

半分青い・そよ風の扇風機とは?

https://twitter.com/tV4GinI4m0okreS/status/1041466508424015872

https://twitter.com/10mkz10/status/1041475930797948928

律と鈴愛で立ち上げた会社「スパロウリズム」で制作している“そよ風の扇風機”。
試行錯誤で研究や実験を繰り返し、ようやく扇風機の羽を二重にすることで風が優しく変わるということがわかります。

ドラマではまだ試行錯誤している律と鈴愛ですが。(2018年9月17日現在)

半分青いのそよ風の扇風機にモデルはあるのでしょうか?
また購入出来るのでしょうか?

そよ風の扇風機・モデルはバルミューダ製



「半分青い」のそよ風の扇風機はバルミューダ製グリーンファンという扇風機がモデルのようです。

グリーンファンは「自然界の風の方が涼しい」との寺尾玄社長の思いから生まれた。2種類の羽根から速度の違う風が吹き出し、それがぶつかることで扇風機独特の「渦成分」が消え、窓から吹き抜けるような気持ちの良い風が広がるという。朝ドラでは、寺尾氏の助言により、実際の開発で参考にしたエピソードも盛り込まれた。


バルミューダ製の扇風機の価格と販売店は?通販でも購入できる?

ダークグレー✕ブラック 定価36,000円(税別)

デザインがオシャレでスタイリッシュなバルミューダ製の扇風機。
色は3色です。
どんなお部屋にでも合わせやすい配色ですね。


ホワイト✕ブラック


ホワイト✕グレー



見た目だけでなく、機能性も抜群です。
あの「アメトーク」の家電芸人でも紹介されたほどです。

販売店は全国各地の家電販売店で売っているようです。
(ケーズデンキ、エディオン、コジマ×ビックカメラ、Joshin などなど)
バルミューダ公式HPで販売店を探すことができます。
⬇⬇
バルミューダ公式サイト

通販(楽天)でも販売してます。
「半分青い」律のそよ風扇風機はコチラ⇒バルミューダ扇風機

スポンサーリンク


バルミューダ製扇風機を使った人の感想

バルミューダ製扇風機の良い評価

微風が文字通りちゃんと微風であり、
寝る時にずっとつけていてもしんどくならないことに感動しました。
とても美しい製品なのでインテリアにこだわりがある方にオススメです。

風量2でこの静かさは最高
真夏ではなく秋口のちょっと暑い夜にはこの静かさと涼しさは最高である

一番ネックだったのはお値段で3万5000円ぐらいの時に購入したのですが、それでも大満足の商品でした。
とにかくデザイン性能、他の製品に比べて別格です。

量販店で微風を比較しました。
東◯、◯立等(他メーカー)主要なものと比べ、違いが分かるほど風当りが柔らかいのがグリーンファンでした。
寝ているときに使っても、身体が疲れなさそうです。
首ふり幅が無段階で設定できるのも決め手でした。

バルミューダ製扇風機の悪い評価

購入してよかった、と満足している意見も多いのですが、不満足の意見もあります。

購入して2年3カ月で、首の角度を変えようと手で普通に回転させただけで、
ファン部と支柱の回転部つなぎ目が折れてしまい使用不能となった。
(倒したりぶつけたりしたことはなく、大事に扱っていた)

買ってすぐに電源が入らなくなる不具合と首振り時の異音で、
無料で修理してもらったが、まさか2年後に首が折れるとは・・・。

元々デザイン性に重点を置き、支柱がぐらつくとか異音がするとか、
実用性では疑問を感じていたが、これほどとは思わなかった。

ただ、風の質は良かったとは正直思います。

10年は使い続けるつもりで、高いけど大事に使おうと思っていただけに、
残念でした。

買ってから2回も故障。
値段高すぎ、その価値なし。
以前に出た11年のモデルなんて、もう部品が無いから修理出来ないだって…呆れる。

購入して1年目、モーター部と柱の接続部が折れました!
想像できない恐ろしい品質!!
(中国製で、一番安い1000円のファンもこんなことは必ずありません!!)

最後に

NHK連ドラ「半分青い」で律と鈴愛が作っている風がそよ風のように柔らかいそよ風の扇風機は、バルミューダという会社の扇風機がモデルでした。

価格がチョット高めですが、スタイリッシュで優しい風をお部屋に広げてくれる、まさに「半分青い」で律と鈴愛が試行錯誤している扇風機でした。
賛否両論のレビューがありますが、家電としては気になる商品ですね。

スポンサーリンク