40代、50代、60代になると、自分の生活以外に介護の問題も考えないといけない世代になってしまいます。

介護施設を利用したいけれども 介護施設の選び方がわからないという方も多いと思います。

最近は介護施設もたくさんあります。

介護施設を選ぶ基準やポイント、相談窓口がわからない方に少しでも筆者の体験がお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

介護施設を選ぶのに相談する人(場所)は?



大切な家族を介護施設でお願いしないといけないという決断に至るには、色々な葛藤がありますよね。

しかしどうしても家族で介護することができないと判断し介護施設にお願いしようと決めたのであれば、ご本人もご家族も納得できる施設を探したいというのが本音です。

でもすごくたくさんある施設の中で、どんな施設がいいのか皆目検討もつかないのでなにから手を付けたらいいのか悩んでしまいます。

なのでまずはどのような施設が近くにあるのか、専門の方に相談してみるのがいいと思います。

あなたのご家族が今どのような状況にあるかで相談方法も変わると思います。

ご自宅で介護をしていたけども、自宅での介護が無理になって介護施設にお願いしようと思われている方。

現在入院中で退院してから自宅で生活するのは困難な状況になったので退院後介護施設にお願いしようと思われている方。

まずは相談する窓口を知ることが大切です。


自宅で介護されてた方は、少なくとも介護保険サービスをご利用されていたと思うので、 担当のケアマネージャーがいらっしゃると思います。

ケアマネージャーさんに、「自宅での生活が無理なので施設を考えています」と相談されると、ケアマネージャーさんはたくさん情報を持ってらっしゃいますので色々と相談に乗ってくれますよ。

病院に入院中の方は、病院には退院に関して相談に乗ってくれる相談員さん(もしくは看護師さん)がいらっしゃいますので、その方にまず相談してみるのがいいと思います。

病院の相談員さんは施設に関する知識があまり詳しくない人もいらっしゃるので、どこに相談したらいいのかを教えてくださると思います。

なかなかそれでも相談する方がいない、自分で決めないといけないという状況になったとしたら、お住まいの地区に地域包括支援センターという総合相談窓口がありますのでまずはそこで相談するといいと思います。

地域包括支援センターとか行きづらいなと思われるかもしれないけども、色々な専門職の人がたくさん揃っているため、いろいろな相談にも柔軟に対応してくださいます。

SAKISAKI

実際地域包括支援センターに相談に行ったことありますが、けっこう親身になって聞いてくれるので身近なこと、悩んでることをまずは話して見るのもいいのかなと思います。


地域包括支援センターに相談に行く場合は、まず電話して訪問の約束をして伺うほうがいいです。

地域包括支援センターの方々もご多忙なのか、突然伺っても不在のことや他の相談者の対応をしているなど、急に行ったらなかなか時間が作れないこともありました。

自分の地域の包括支援センターがどこにあるかわからない時は、まず市役所や行政の介護関係の窓口に電話して、地域包括支援センターを教えてもらったほうがいいです。

住所や番地で細かく担当地域が異なる場合があるので、

「近くで地域包括支援センターを見かけた!!」

と思って、飛び込んで行っても、担当区域でなかったために別の包括支援センターに回された・・・という経緯もありますよ><

無駄足にならないために、電話は必要ですね。

スポンサーリンク

介護施設を選ぶ基準


施設を選ぶという基準は個人個人で違います。

施設費用

まずは施設を選ぶのに、一番気になるのが費用面です。

毎月どのくらいの費用がかかるのか?

施設料金だけでなく、 日常生活に必要なお金(衣類や日用品など)、おむつ代、医療費代・・・など、どのぐらいの価格だったら負担なく支払いができるのかという所をまず考えます。

介護は、いつまで続くかわからないということを考えて、月々負担なく支払うことができるということを考えて決めていくといいです。

費用は1番大切ですね。


ご両親の年金が少なくて、子供さん達がいくらか援助して施設に入居される方もいらっしゃいます。

その時も子供さん達が、支払える範囲というのを考えて月々いくらまでなら大丈夫という範囲で施設を探していくといいです。

SAKISAKI

私は地方に住んでいるため、施設料金はそこまで高くないのですが(とはいっても月12万円から15万円は必要です><)、東京に住んでいた友人の話を聞いてびっくりしたことがありました。

ご主人のお母様を地方から呼んで一緒に暮らしていた友人。

高齢のお母様は、体調が悪くなり介護が必要な状態になったのですが夫婦共働きの友人は自宅で介護することができないためにお母様を施設に入所させたそうです。

しかし東京の施設料金は地方の料金と違って高く、最初に入れた施設が月35万円の施設料金になったそうです。

お母様は田舎で農業をされていたために年金が少なく、施設料金のほとんどを夫婦で働いたお給料で支払っていたそうです。

幸い子供がいなかったために、 子供にかかる費用はいらなかったそうですが、二人で働いたお金の中から30万近くが毎月施設料金として払わないといけない現実に、夫婦関係もギクシャクしてきたそうです。

仕事をやめて自宅で介護したほうがいいのだろうか?いろいろ悩んだと話してました。

しかし仕事をしていることで唯一現実から離れることが出来るので、仕事は続けたい。

かといって自分たちが何かを楽しむということもできず、何のために働いているのだろうか・・・。

夫婦の会話なんかほとんどなく顔も見たくない状態になったと友人は話していました。

途中で施設料金を見直そうということになり、 色々な施設を見学し月25万円の施設に転居することができた時は、本当にほっとしたそうです。 


スポンサーリンク

施設の場所

施設の場所も結構重要です。


どの地域で生活するかは大きなポイントです。

本人が住み慣れた場所の施設を決める方法もありますが、家族が面会に行きやすい場所を選ぶのも大切です。

家族から遠い場所だと面会に行く回数が少なくなってしまい、本人が寂しい思いもするかもしれなないです。

面会に行きやすいように交通手段が選びやすい場所を決める方もいます。

マイカーがある方は、車で運転すればどこでもすぐ行けるというわけで場所にこだわらない方はいますが、車を運転できない方は、バスや電車で通うこと考えて施設の場所を検討するかたもいます。

最近では、災害のことを考えて津波になった時に安全なように高台の施設を選ぶ方も多くなったそうです。

施設の場所を選ぶ基準も千差万別ですね。

SAKISAKI

東京の施設でお母様を介護した友人とはまた別ですが、東京にいる娘さんが地方に通ってきた方が逆に安いという理由で、地方の施設にご両親を入居させている知人の話しを聞いたこともあります。

帰省する飛行機や電車代を考えても、地方の施設の方が 安くてすむし、帰省した際に親戚に会ったりまた墓参りをしたりと、関係性を維持することができると話していました。

私はたまたま近くに親も住んでいるのでそういう心配はないのですが、 都会に嫁いだり仕事している人は大変だなあと感じましたね。


施設の運営法人

施設はすべてどこかの法人が経営してます。

元となる運営法人が医療系病院 だったり社会福祉法人だったりすることもあります。

しかし最近は民間企業、不動産や建設業関係も施設経営に参入 してきています。

施設の内容が運営法人で大きく変わることはありませんが、ある程度わかっているだけでもどういうことに得意かどうかと言う目安になるとも思います。

実際は見学していろい色々質問してみるのが一番いいですよ。

施設見学はアポイントをとってから行きましょう

パンフレットや情報だけでなく、 実際施設見学をし色々と質問して納得しましょう。

施設見学に行くときも、まず電話をして施設相談員や責任者の方がいらっしゃる日に約束をして見学するといいと思います。

「 いつでも見学は大丈夫ですよ」と言われても、せっかく行ったのに責任者の方がいなくて、 色々質問したくても説明のできないスタッフしかいないのでしたらもったいないですよね。

出来る限り説明のできる職員さんがいらっしゃる日を約束していきましょう。

また、時間帯も施設の方がバタバタしてない時間帯の方がいいと思います。

利用者の方がお風呂に入っている時間帯だったら、浴室の見学をすることができなかったり、利用者の方が行事などで出かけている時間帯だったら、入所されてる方の様子はわかりません。

なのでどういう様子が見たいのかも、電話した時に相談員さんに相談すると、「この時間帯がいいと思いますよ」と逆にアドバイス頂けるかもしれないです。

まずは施設に電話してアポイントとりましょう。

施設を見学する際のポイント

施設を実際見学して相談する際のポイントを、料金など基本的な事以外で筆者の個人的な意見と主観で書いていきますので、あくまでも参考程度にしてくださいね。

連携する病院はあるのか?かかりつけ医はどうなるのか?

お年寄りは体調が不安定でいつどうなるか分かりません。

ほとんどの施設が連携している医療機関はあります。

施設に入ったことで今まで通っていた病院に通えるのかどうか?今まで飲んでいた薬が継続できるのかどうか?要はかかりつけ医はどうなるのかということです。

体調が悪くなった時に施設の職員さんが病院に連れて行ってくれるの、もしくは家族が連れて行くのか?

緊急時や体調急変時に入院となった場合、入院できる医療機関との連携があるのかどうか?そういう病院に関する子供きちんと聞いといた方がいいと思います。

食事の内容はどうなのか?

お年寄りにとって食べることは一番の楽しみです。

なので、 施設の食事をどのようにして作っているかの話を聞くのもいいですね。

管理栄養士がいて施設の厨房できちんと栄養管理をして作っているところや、委託して作っているところなど様々です。

施設によっては食事のメニューを写真に撮ってアルバムにしているところもありますし、そういうものがあったらどういう食事が出ているのかみせていただくのもいいのかなと思います。

あとお年寄りは噛む力屋飲み込む力が弱くなっているので、 その人の状態によって食事の形を変えてもらえているのかどうか?
アレルギーや好き嫌いがある人に対しても代用してもらえるのかどうか?

SAKISAKI

筆者が施設を見て回った時に面白いなあと感じたのは、 食事の時間がみんな一緒に食べる施設もあれば、 個人で好きな時間に食べてもいいという施設もありました。

なので、「大相撲の場所が開催されている時期は、相撲が終わるまで自分の部屋でテレビを見ている人が多いため、同じ時間帯に一斉に部屋から出てきて食事をとる方が増えますよ。」と説明受けて、なるほど~と思っちゃいました。

いずれにしても、どの時間帯でも暖かい食事を食べることができるのか職員さんにちょっと確認してみるといいですね。


食事について気になることがあったら質問してみるといいと思います。

見学の後、気に入った施設があったら体験利用もできる施設があるのですが、その際ご家族も食事の試食ができるかどうか相談してみたら対応してくださる施設もありますよ。

施設の雰囲気(職員の動きや施設入所されている方の表情)

施設を見学して一番わかるのは施設の雰囲気ですね。

カタログや写真だけではわからない雰囲気を感じることができます。

職員さんの動きや、他に入所されている方の表情など見学していると目に見えない雰囲気が伝わります。

筆者が感じる良い施設だなと思うのは、見学しているときに職員さんが笑顔でわけ隔てなく挨拶してくれる施設はやはりいい施設だと感じます。

なかには「この人誰??」というように怪訝そうな表情で職員さんにジロジロ見られたこともありますよ><

受付の段階ですぐに笑顔で対応してもらえるか?お客様が来たのにこちらから声かけるまで気づかぬふりをするのか?

いくら相談員さんが笑顔でニコニコ説明してくれても、 他の職員さんの対応が伴ってなければ、そこにちょっと疑問点は残ります。

後は他の利用者さんが、ぼんやり座っているだけなのか?職員さんが一緒に寄り添って過ごされているのか?多忙な仕事の中でもできるだけ充実した生活を送っていただきたいという姿勢が見える施設は、筆者の中ではポイントアップなのです。

SAKISAKI

この年齢になると、周囲に施設を見学した知人も多くなり雑談的に情報収集するのですが・・・笑

近所の方がある施設を見学した際、 すごく笑顔で丁寧に説明してくれた相談員さんがいたそうです。

でも、ちょっと書類を取りに行くと相談が席を外し別室に行った際、他の職員を怒っている声が聞こえたそうです。

施設を見学した人も、会社で部下を指導したことがある経験者なので、その相談員が職員を怒る怒り方が指導的な怒り方ではないな・・・と感じたそうです。

その後家族の前に現れた相談員は、何事もなかったような笑顔で説明を再開されたとのことですが、

「自分が部下を怒っていた声を家族に聞かれていたとは気づかなかったのかな ー?
あれでは、普段どういう仕事をしているのか目に見えるよ」と話してました。

もちろんその施設は話を聞いただけで入所はお断りしたそうです。チャンチャン!


施設の清潔さ(臭い、雑然さ)

施設の清潔さも見学するとよくわかります。

整然としているか雑然としているか、 という点については、パット見が雑然としているなーと思っても、よく見ると、家庭的な雰囲気を出すために昔のものや身近なものをそばに置くことで懐かしい雰囲気を出す工夫をしている施設もあります。

物が多くても掃除がきちんとされているがされていないかは分かります。

中には本当に、「これ倉庫に入れた方がいいんじゃないの?」と思うような日用品関係が雑然と置いてある施設もあるので、こればかりは本当に見学しないとわからないですね。

あとは施設の臭いですね。

施設を見学していると、臭いが気になって我慢できないようなこともありました。

臭いが一切しない施設もありました。

臭いがするということは、トイレの掃除が行き届いているかどうか?排泄物の処理がきちんとされているかどうか?ということにつながるのかなと思います。

臭いがする部屋で食事はしたくないですよね・・・。

SAKISAKI

私は臭いは気になるポイントの一つですね。


施設見学は複数でいくといいです

施設見学は、もしご本人様が行ければご本人様も一緒に行くのがいいですね。

後は、複数で見学されることをお勧めします。

相談員さんから聞いた話を 何人かで聞くことで聞くも聞き漏れもないし、また様々な視点で施設を見学するため、 自分自身が見ていなかったことを意外と一緒に行った人が見ていてくれた・・・ということもありますよ。

施設の方にここだけは質問したい、ということがあれば簡単にメモしていくことをお勧めします。

意外とその場になったら、施設の方のペースに飲み込まれて結局自分が聞きたいことが聞けなかった・・・と言うことにならないようにしっかりと疑問に思うことは質問し有意義な施設見学にしたほうがいいでしょう。

最後に

身内を施設にお願いしないといけないという、身を切るような決断で施設を探すのですから、十分納得して探したいですね。

何もかもが思い通りにぴったりくる施設っていうのはなかなかありません。

一番は入所される身内の方が、安心して楽しく生活できるような場所を探すのが一番です。

地域包括支援センターや、担当のケアマネージャーさんに相談し、ご自分の目で確かめて最終的にご決断されるといいと思います。

色々な施設を見学した個人的主観で記事を書きましたが、施設を探そうかなと思ってらっしゃる方の参考になればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク