2018年10月放送の、高橋一生さんと榮倉奈々さんが出演しているドラマ『僕らは奇跡でできている』が癖になりそうな面白さでハマってしまっています。

その『僕らは奇跡でできている』(僕キセ)のドラマの中で、家政婦の山田さんが作る“ピリ辛きゅうり”がすごく美味しそうです。

今回はその僕キセのピリ辛きゅうりの作り方と食べてみた感想をツラツラと書いてみました。

スポンサーリンク

僕らは奇跡でできているとは





高橋一生さんと、榮倉奈々さんが対照的な 役柄を演じています。

動物行動学の研究をしている大学講師相河一輝を高橋一生さんが演じているのですが、とてもマイペースで、ある意味変わってる人という印象で社会不適合者の役なのかもしれません。

でも動物が大好き、自然が大好きで常識や固定概念にとらわれない純真無垢な大学講師です。

榮倉奈々さんは、 才色兼備で仕事はバリバリなのですが、プライドが高いため恋愛に対して自分の気持ちをはっきり伝えることができずグズグスしているの女性歯科医の水本郁実先生を演じてます。

高橋一生さん演じる相河一輝にイライラしていたのですが、彼の言動にいろいろ気付かされていくのではないでしょうか?

わたしたちが常識だと考えていることが、視点を変えてみるともっと違う景色が見える、そんなドラマです。

ドラマが生き物や自然がたくさんでてきて、ある意味ゆったりとした時間で流れていくので心が洗われるようで筆者はとても好きなドラマです。

派手なドラマではないのですが、高橋一生さんのマイペースで周囲に流されない生き方にすごく癒やされます。
『僕らは奇跡でできている』PR動画

スポンサーリンク

僕らは奇跡でできているの山田さんのピリ辛きゅうり



相河一輝と一緒に生活している戸田恵子さん演じる家政婦の山田さん

山田さん、きっとお料理がかなり上手なのだと思います。

山田さんがつくるピリ辛きゅうりは、番組で度々出てきてとても美味しそうなのです。

『ピリ辛きゅうり』っていろいろな作り方あるけど、僕らは奇跡でできているに出てくる山田さんのピリ辛きゅうりが食べてみたい!と思いました。

スポンサーリンク

山田さんのピリ辛きゅうり、レシピ



僕らは奇跡でできているの公式HPに山田さんのピリ辛きゅうりのレシピが載ってました。

【材料】

  • きゅうり:2本
  • しょうが(みじん切り):5g
  • 塩;小さじ1/2
  • 豆板醤:小さじ1/2(お好みで)
  • しょう油:小さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • ゴマ油:大さじ1
  • 白炒りゴマ:小さじ2

【作り方】

  1. きゅうりは両端を切り落とし、まな板の上でめん棒などでたたきます。
    きゅうり全体に割れ目が入ったら、食べやすい大きさに割ります。
    ※細かく叩きすぎないように注意します。
  2. しょうがをみじん切りにします。
  3. きゅうり・しょうがのみじん切り・塩をポリ袋に入れて袋の上から揉みます。
  4. すべての材料(豆板醤、しょう油、砂糖、ゴマ油、白いりごま)を加えて更に揉んで完成です。

『僕らは奇跡でできている』のピリ辛きゅうりを食べた感想

SAKISAKI

『僕らは奇跡でできている』のピリ辛きゅうりを食べた感想は、ずばり美味しい!!です。

ピリ辛きゅうりって色々なレシピがありますが、『僕らは奇跡でできている』のピリ辛きゅうりはごま油や豆板醤を使用しているので中華風の味でした。

ご飯のおかずだけでなくお酒のおつまみにも良かったですよ。

ピリ辛ですが、お砂糖を加えているので少し甘みもありサラダ感覚でパクパクいけました。

簡単にできるピリ辛きゅうりの素を通販で発見!

SAKISAKI

美味しいんだけど、もっと簡単にピリ辛きゅうりが食べたい!!
忙しいのでもっと簡単に作りたいなー。


と思っていたら、通販で発見しました。

長野県の白樺高原牛乳という会社が作っているピリ辛浅漬けの素で、

『美味しすぎる』との口コミが。

これなら忙しいあなたも、きゅうりさえあれば簡単につくれそうですね。

コチラ↓

最後に

高橋一生さん演じる相河一輝が歯が痛い時以外はほぼ毎日のように食べている“山田さんのピリ辛きゅうり”

毎日食べても飽きないくらい美味しいです!

今回は『僕らは奇跡でできている』(僕キセ)のドラマの中で、家政婦の山田さんが作る“ピリ辛きゅうり”の作り方と食べた感想でした。

ドラマの第4話では“ピリ辛こんにゃく”もあり、それも美味しそうでしたよ。

余談ですが、きゅうりの種を取ると時間が経ってもきゅうりがシャキシャキして美味しいそうですよ。

この方が話してました。
⬇⬇
上沼恵美子のおしゃべりクッキング!刻み昆布で作る昆布と鯛の和え物のレシピご紹介

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク