お正月が近づくと高齢者のいるご家庭で 悩みになるのが「お餅」です。

高齢者だけでなく、小さい子供さんもお餅を食べさせるのは注意が必要です。

高齢者がお餅の代わりに安心して食べれるお餅もどきを作って、一緒にお正月気分を味わいましょう!

スポンサーリンク


怖いお餅の事故


お正月の食べ物・・・といったらなんといってもおせち料理やお餅ですよね。

特にお正月にお餅を食べるという慣習は、時代が変わってもずっと変わりません。

筆者のおじいちゃんやおばあちゃんが生きてたときも、 お正月は必ずお餅を食べていました。

おじいちゃんやおばあちゃんが、入れ歯で一生懸命噛みながらお餅を食べている間、

『喉に詰まらせやしないか・・・』と私達家族はヒヤヒヤしながら見てました。

お餅の入っていないお雑煮はただの汁物だし、おじいちゃんおばあちゃんが食べやすいように小さくお餅を切っても何か物足りないようで

「 丸のまま入れてくれ!」と言われてたので、仕方なく普通の大きさのお餅を入れてました。

でもお正月になると高齢者がお餅を詰まらせたという事故をよく耳にします。

せっかくの楽しいお正月が、本当に悲しいお正月に一変してしまうとても嫌な事故ですよね。

少し柔らかいものしか食べれなくなった高齢者がいるご家庭で、

「お正月のお餅はどうしようか?」と悩まれて相談されたこともあります。

『小さいあられのようなサイズのお餅にしようか?』

でも家族みんなで同じようにお正月を迎えたいし、 今までしっかり働いて家を守ってきてくれたおじいちゃんおばあちゃんにだけ特別にお餅なしにしたり、小さいお餅にするのも心苦しい・・・というのがご家族の悩みのようです。

お正月の雰囲気が出せて、しかも喉に詰まらせる事故にならずみんなで安心して楽しいお正月が迎えたいです。

スポンサーリンク

お餅の代わりに食べても安心な食べ物“”


お餅が喉に詰まりやすいのは噛み切れないことと、粘りがあることですよね。

高齢者のかたは入れ歯の人も多く、咀嚼する力、飲み込む力も弱いです。

餅や団子など粘り気のあるものは喉につまらせやすいのと、余談ですが最中の皮や繊維のある野菜などもつまらせやすいので要注意です。

では、高齢者がお餅の代わりとして食べても安心な「お餅もどき」をご紹介します。

SAKISAKI

あくまで『お餅もどき』ですので(笑)
『お餅』ではないのでご理解くださいね。

スポンサーリンク


牛乳餅

【材料】

  • 牛乳・・・300cc
  • 片栗粉・・・大さじ7
  • 砂糖・・・大さじ3
  • きなこ・・・適宜

  • 【作り方】

  • 小鍋に片栗粉・砂糖を入れて混ぜ、そこに牛乳を少しずつ入れてしっかりかき混ぜます。
  • 混ざったら鍋を中火にかけ焦げないように木べらでゆっくり 混ぜます。
  • ボロボロとした塊が徐々に一つの塊になっていきますので気長に混ぜてください。
  • ラップを敷いた容器に流し込み、平らに整えます。
  • 粗熱をとり容器ごと冷蔵庫に入れて2~3時間冷やし固めます。
  • まな板の上にひっくり返し、包丁で食べやすい大きさに切ります。

  • SAKISAKI

    高齢者のデイサービスよく出たおやつです。
    きなこをかけて食べるとすっごく美味しいです。
    見た目が真っ白でお餅に見えますので、お砂糖を控えて作ればお雑煮やぜんざいに入れても全然OKだと思います。


    じゃがいも餅

    【材料】

  • じゃがいも・・・1~2個
  • 片栗粉・・・適宜

  • 【作り方】

  • じゃがいもを竹岸が通るくらい柔らかく茹で、潰します。
  • 潰したじゃがいもに片栗粉を加えてこねます。
  • 小さめに丸めて茹でます。
  • SAKISAKI

    丸めたじゃがいも餅をフライパンで焼いて砂糖醤油で味付けしたら焼き餅のようになります。
    これも高齢者の行事で出たおやつの一つです。
    じゃがいもをかぼちゃに変えても美味しいそうです。


    身近にある材料を使ってできる簡単なお餅の代わりに使えるお餅もどきです。

    お砂糖で少し味付けすれば小さい子どもさんのおやつ代わりにもなりますよ。

    一度ご自分で食べて食感を確認してからご高齢者には食べさせてくださいね。


    高齢者用お餅は通販で購入できる

    お餅もどきはどう見てもお餅もどきだわ!

    やはりお餅を食べさせてあげたいわ・・・。

    と思われる方は、高齢者用のお餅が通販で販売してます。

    高齢者だけど噛むことはできたり、歯ぐきで噛むことができるのであればこういう食材を利用すると簡単ですね。

    食べたい時に食べたい味付けができるのも特徴ですね。



    さいごに

    「お餅がなければ年が越せない」という時代を生きてきた高齢者のかたがた。

    いつまでも家族と一緒に元気にお正月を過ごしたいですよね。

    今回は高齢者がお餅のかわりに安心して食べれるお餅もどきの作り方をご紹介しました。

    お汁でむせこむ方もいらっしゃるので、片栗粉などでお汁をゆるくとろみをつけると飲みやすくなることもありますよ。


    最後までお読みいただきありがとうございました。

    スポンサーリンク