『芸能人格付けチェック』でおなじみのGACKT(ガクト)さん。

生活感を全く感じさせないミステリアスな雰囲気のGACKT(ガクト)さんの本名や韓国籍だという噂が本当でしょうか?

GACKT(ガクト)さんの本名の読み方や出身地・出身校についてご紹介します。

スポンサーリンク


GACKT(ガクト)の本名や読み方は?



GACKT(ガクト)さんの本名ですが、インターネット上では大城学という情報が多いです。

“オオキマナブ”と読んでしまいそうですが、正確には“オオシロサトル”と読みます。

SAKISAKI

“学”と書いて“サトル”と読むのですね。
はじめてだと読み方がわからず、間違っちゃいそうです。


でもWikipediaでGACKT(ガクト)さんについて検索してみると、本名は“大城ガクト”だと表示されます。

GACKT(ガクト、1973年7月4日 )及び神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)。専属事務所はマレーシアのL.O.V.Entertainment。日本エージェンシーは株式会社glove。GACKTのファンの総称は『LOVERS』。身長180cm、血液型A型。


“大城学”“大城ガクト”、どっちが本名なのだろう?と悩んでしまいます。

姓が“大城(オオシロ)”ということは一致していますが、氏名が異なります。


GACKT(ガクト)さんは、本名を出さずにずっとGACKT(ガクト )もしくは神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)として活動されていたようですが、2017年12月に仮想通貨のプロジェクトに立ち上げ当初から参加されていたようですが、その時本名である“大城ガクト(オオシロガクト)”として参画されたそうです。

何故その時に本名を公開されたかというと、このような記事を見つけました。

「今まではどんな事業にも名前を出すことなく、この14年間ずっと影に隠れ目立たないようにやってきた。去年あたりから、実業家として多少露出するようにはなったがそれでもやはり目立たないようにしようと心がけていた」というGACKT。「結局、表に名前を出してしまえばそれに対してどうでもいいことを言う輩もいる。別にどんな事業をするにしても隠れていれば叩かれることもなかったわけだ」と実名で事業への参加を公表することによるデメリットを明かした上で、「だが、今回は表に出ることを良しとした。それは事業としてキッチリ最後まで責任を持ってやり通したいという当たり前の想いと、なによりも、世の中にジレンマをかかえる多くの人たちの背中を押せる、大きな機会になるのではないかと思ったからだ」と公表を決意した理由を説明した。


憶測ですが、出生時は大城学(オオシロサトル)だったかもしれないのですが、GACKT(ガクト)という名前が世間一般には通用するくらいビッグな方なので、戸籍上の本名を変えたのかもしれない・・・と筆者は思います。

永年使用していた“通称”を戸籍上の本名に変えることは可能ですしね。

SAKISAKI

余談ですが、私の姪も氏名の漢字を変更しましたよ(^o^)



GACKT(ガクト)さんご自身が本名を“大城ガクト”と公開されているので、“大城ガクト”が本名だと考察します。

スポンサーリンク


GACKT(ガクト)が韓国籍だというのは嘘?

【画像引用:Pixabay】

ミステリアスで、私生活が見えない GACKT(ガクト)さんですが1973年7月4日生まれで沖縄県出身です。

ミュージシャンや俳優、タレントとしてすごくストイックな印象をうけるガクトさん。

幼少期を沖縄県で過ごし滋賀県に引っ越した・・・などの情報もあります。

なにせ、GACKT(ガクト)さんご自身が自分のことを語らないため真実はわからないのですがあくまで噂の域に過ぎません。

ガクトさんが韓国籍だという噂もありますが、それは氏名からそのような噂に繋がっているようです。

“ガクト”が学徒動員からきているとかなんとか・・・。

個人的にはどうでもいいことなので、あまり気にならないのですが気になる方は気になるのだろうなーと思います。

韓国籍だというのが嘘かどうかということもよくわからないのですが、 あなたがGACKT(ガクト)さんに好意を持っている方ならきっと気にならない出来事ですよね。

スポンサーリンク


GACKT(ガクト)の出身校について

【画像引用:PhotoAC】

前述しましたが、幼少期を沖縄県で過ごし滋賀県に引っ越した GACKT(ガクト)さん。

滋賀県の学校を卒業されてます。

  • 滋賀県栗東市立大宝小学校
  • 滋賀県栗東市立栗東西中学校
  • 滋賀県立守山高校

  • 滋賀県立守山高校は滋賀県公立高校としては三本指に入るくらいの進学校です。

    結構やんちゃな高校生活を送っていたそうで、高校時代からドラムを始めミュージシャンとしての第一歩を踏み出していたのですね。

    大学は私立京都学園大学に進学されますが、中退されたそうです。

    大学進学後に本格的に音楽に目覚めたGACKT(ガクト)さんは、22歳の10月に音楽活動のため上京しているのでその頃には大学中退したのでしょうね。

    さいごに

    GACKT(ガクト)さんの本名は、ご本人が公表している大城ガクトです。

    学校は、高校まで滋賀県の学校にかよっていましたが、京都の大学に進学しその後上京してミュージシャンとしての活動がはじまります。

    私生活が見えない、ミステリアスなGACKT(ガクト)さんですが、少しずつベールが紐解かれます。

    でも、生活感が見えないことがGACKT(ガクト)さんらしさなのかもしれません。

    最後までお読みいただきありがとうございました。


    スポンサーリンク