ちょっとぽっちゃりしててカワイイ富田望生(とみたみう)さんですが、以前は痩せてるときがあったそうです。

女優さんなので痩せてキレイなスタイルを保ちたいというのが一般的だと思うのですが、富田望生(とみたみう)さんはぽっちゃりキャラで頑張ってます。

今回は富田望生さんが痩せてる時のことと、いつから太ったのか、太った原因についてご紹介します。

スポンサーリンク


富田望生のプロフィール



日本テレビで放送中の『3年A組―今から皆さんは人質です―』に魚住華役で出演している富田望生(とみたみう)さん。

まずは富田望生さんのプロフィールからご紹介します。

富田望生さんは2000年2月25日生まれの18歳(2019年1月15日時点)で、福島県いわき市出身です。

特技はピアノ、ドラム、クラリネット、パーカッション、歌、ダンスということで、ジャパン・ミュージックエンターテイメントに所属してます。

富田望生さんは東日本大震災を機に東京都に引っ越したとのことで、小学生の頃に東京に引っ越してきたのですね。

11歳くらいの多感な時期に住み慣れた環境から知らない土地に引っ越したことで心にぽっかりと穴が開いたような生活だったそうです。
辛い時期だったでしょうね。

そんなときに目に止まった『タレント募集』の広告をみて、お母さんには内緒でこっそり応募したところ見事合格したそうです。

テアトルアカデミーに所属し、最初は子役としてエキストラなどで演じてましたが、15歳の頃、2015年公開の映画「ソロモンの偽証」のオーディションで浅井松子役に合格します。。

その後、2017年3月公開の「チア☆ダン」や2018年8月31日公開の「SUNNY 強い気持ち・強い愛」など話題作に出演し、2019年はテレビドラマ『3年A組―今から皆さんは人質です―』のほか、2019年4月からの連続テレビ小説「なつぞら」にも出演が決まり大活躍の女優さんです。

『3年A組―今から皆さんは人質です―』では、見た目のイメージから食いしん坊キャラを演じてますが、他にカワイイ系の女優さんが多いなか、なぜかついつい目で追ってしまう印象が残る女優さんです。



スポンサーリンク


富田望生の痩せてる画像、いつから太った?原因は?




画像左部分が13歳のときの富田望生さんですが、普通に痩せてて年齢から見るとちょっと大人っぽいカワイイ女の子ですよね。

13歳のときの富田望生さんは、同世代の女の子と比較してもオシャレな方じゃないでしょうか?

でも一枚目のツイッター画像にもあるように、15歳の時はビジュアル的にもわかるくらいすでに太ってました。

2枚目画像の17歳のときも太ったままですよね。

痩せて可愛かった富田望生さんがなぜ太ったのか・・・?


実は『役作り』のためだったのです!!


15歳の頃、「ソロモンの偽証」のオーディションで浅井松子役をGETした富田望生さんですが、実は「ソロモンの偽証」の原作の浅井松子は太っていたそうなのです。

なので監督から20kgの体重増を言い渡されたそうなのです。

20kgですよー、20kg!!

どうなんだろう・・・普通の女の子だったら嫌がりそうですが。
でも富田望生さんはとにかく食べて食べて2ヶ月で15kgも体重を増やしたそうです

14歳のときです。


なんというプロ根性でしょう!
頑張りましたね。


公式で身長を152cmと公開している富田望生さんですが、体重はわかりません。

最近は太ったキャラで名バイプレーヤーとして、視聴者の印象に残る存在感のある女優さんに成長してきたのではないでしょうか?

さいごに

『3年A組―今から皆さんは人質です―』に魚住華役で出演している富田望生(とみたみう)さんは、役作りのため14歳の頃、15kg体重を増やしたすごいプロ根性のある女の子でした。

今後痩せた役を演じることがあるのかどうかはわかりませんが、どのような役が来ても役作りのためには頑張る根性の持ち主だと思います。

2019年連続テレビ小説『なつぞら』にも出演が予定されている富田望生(とみたみう)さんですが、国民的なお茶の間の人気者になる可能性がありますね。

今後の活躍が楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク