岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で起きた事件で逮捕されたのは小鳥剛容疑者(33歳介護職員)です。

テレビで堂々と「100%やってません」と話していた小鳥容疑者の画像や事件の概要をご紹介します。

また、介護の仕事を始めたのは母親が勧めたということですが母の気持ちはどうなのでしょうか?

スポンサーリンク


介護老人保健施設「それいゆ」の事件概要

岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で2017年7月末~8月中旬、入所していた高齢者5人が相次いで死傷した事件で、岐阜県警は3日、5人のうち女性1人にけがをさせたとして元職員の小鳥(おどり)剛容疑者(33)=名古屋市南区戸部下1丁目=を傷害容疑で逮捕し、発表した。県警は小鳥容疑者の認否を明らかにしていない。
【引用元:朝日新聞】


最近子供や高齢者など立場的に弱い人達が対象になる事件が多くて、辛いですねー。

2017年の事件なので、発生から1年半くらい経過しての逮捕ということで、地道に捜査が続けられていたのですね。

事件後、小鳥(おどり)剛容疑者は退職していたようですが何かしら確定する証拠がみつかったということでしょうね。


小鳥(おどり)剛容疑者の画像





逮捕報道のニュース動画です。

ニュース動画

当時、マスコミは『それいゆ』に連日取材を行っており、その都度小鳥剛容疑者が取材陣に囲まれインタビューに応じている様子を情報番組等で何度もみましたが、ニコニコしながらスマホを片手に撮影している姿がすっごく違和感ありましたよね。

ニコニコしていて、パット見は「優しそうな」雰囲気の小鳥剛容疑者ですが、インタビューで
『100%やってないですからね、こんなことは。そんな自分がわかる状態でやるって、単なるアホじゃないかっていう』事を話してました。

当初から怪しい・・・と思われていたのでインタビューを受けていたのでしょうが、自分が怪しまれているかも、という状況で撮影しながらインタビュー受けるという態度は理解できません。


小鳥(おどり)剛容疑者の母親から勧められた仕事

テレビで報道されていたのですが、小鳥(おどり)剛容疑者が介護の仕事を始めたきっかけは母親が勧めた・・・ということでした。

認知症である祖母の介護をしていたので、「介護の仕事に向いているんじゃないか?」ということで勧められこの仕事に就いたということでした。

そう考えると、身内には優しいけど他人には激しいひとだったのでしょか?


介護の現場は大変で、常に人材不足している・・・とよく聞きます。
しかも仕事も重労働で精神的にもきつい・・・と聞きます。

でも、人を相手にする仕事って基本的な適正は必要なのであって、小鳥(おどり)剛容疑者が仕事に対して適正があったのかどうか疑問です。

介護の仕事を勧めた・・・という母親はいまどう思っているのでしょうか?


さいごに

今回5人の高齢者の方が、原因不明の怪我で死傷しているということでご家族の憤りは計り知れないです。

施設という密室で起きる事件、今回「それいゆ」では監視カメラも壊れていたということでした。

事件が起きるまで誰も気付かなかったのでしょうか?
防げなかったのでしょうか?
なんか後味の悪い辛い事件です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク