深田恭子さん主演の「初めて恋をした日に読む話」に出てくる深田恭子さん演じる早見順子が飼っている犬が「可愛い」と話題になっています。

とろろという名前の大きい犬ですが犬種は何なのか気になります。

また大きさはどのくらいなのかとか自宅で買うとしたらどのくらいの価格なのか気になったことをご紹介します。

スポンサーリンク


『はじこい』の犬とろろの犬種は?



順子先生が、とろろによく話を聞いてもらってます。

静かに順子先生の悩ミを聞いているとろろ、すごくカワイイです。

この「初めて恋をした日読む話」に出てくる犬とろろの犬種はオールド・イングリッシュ・シープドッグ(Old・English・Sheepdog)と言います。

深田恭子さんがと一緒に座っていると同じぐらいの大きさで、ぬいぐるみのようにすごく可愛い犬です。

初めて見た犬で名前も初めて聞きました。

オールドイングリッシュシープドッグはイギリス産の大型の牧羊犬として活躍していた犬で、頭文字をとって「OES」とか「オールド」などの愛称で呼ばれます。

もふもふした毛で、すごく可愛い表情の犬ですが、 実は尻尾を切られることが多いということです!!

なんかすごく痛そうでかわいそうなのですが、これは「断尾」といわれ医学的な面だったり、美容的な面だったりと意味のある ことのようです。

尻尾を切られたオールドイングリッシュシープドッグはパンダみたいな尻尾になるようでこれはこれでカワイイですね。


オールド・イングリッシュ・シープドッグの性格は



ドラマの中ではいつもおとなしく穏やかなとろろですが、オールド・イングリッシュ・シープドッグ(Old・English・Sheepdog)は賢く穏やかな性格なのだそうです。

大型犬なので買うのが大変じゃないかなぁと言う不安はいりません。

オールド・イングリッシュ・シープドッグは大型犬の中でも飼育しやすいようですが、愛情深くアメリカでは子守犬として重宝されているほど面倒見がよい犬のようです。

やや甘えん坊な面があるので、コミュニケーションまめにとる必要があるようですよ。

順子先生みたいに毎日話しかけるといいですね、というかこんなに大きくておとなしい犬だと毎日話しかけてお友達や家族みたいな気分になりそうです。

大型犬はわがままに育つとコントロールが難しくなるので幼犬の間にしっかり主従関係を築いておくことが必要ですが、そこさえ押さえればオールド・イングリッシュ・シープドッグは賢い犬なのでしつけにそう悩むことはないようです。

スポンサーリンク


オールド・イングリッシュ・シープドッグの大きさは


深田恭子さんの横に並んでも同じぐらいの高さで、お散歩では深田恭子さんの太ももぐらいの位置までの高さです。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの大きさは、標準的なサイズでオスの体高が61cm、メスは56cm程度とのことで けっこう大きな犬ですね。

オールド・イングリッシュ・シープドッグの価格は

オールドイングリッシュシープドッグは出産頭数が少なく希少な種類の犬です。

購入することはできますが子犬販売は25〜30万円とやや高額です。

それよりも希少性の高い犬なので、ペットショップではなかなか手に入らないそうです。

購入したい方は、直接ブリーダーさんにコンタクトをとって相談してみるのかいいと思います。

大きさや価格、自宅で一生世話をすることができるのかなど、よく考えて購入するほうがいいと思います。


さいごに

「初めて恋をした日に読む話」に出てくる深田恭子さん演じる早見順子が飼っているとろろはオールド・イングリッシュ・シープドッグ(Old・English・Sheepdog)という賢くて大きなイギリス産の牧羊犬でした。

家に帰った時に、とろろのような犬がいて一緒におしゃべりできると癒やされそうですよね。

価格も高価で、大きな犬なので買う時は十分検討して飼うようにしたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク