『アポ電強盗』という詐欺で高齢者が被害にあう事件が増えてます。

“振り込め詐欺”・“オレオレ詐欺”といろいろな特殊詐欺で被害にあいやすい高齢者ですが、『アポ電強盗』とはどういう強盗なのでしょうか?

アポ電強盗の手口や、被害にあわれたケース事例、予防方法など気になることをまとめてみました。

スポンサーリンク


アポ電強盗とは、アポ電詐欺の手口は?


特殊詐欺の形もドンドン変わっていくなか、新たにでてきたアポ電強盗とはどういう手口なのでしょうか?

ターゲットになるのは、高齢者ですがそれも自宅に現金のある高齢者が多いです。

でも、どうして自宅に現金があるということがわかるのかということがポイントなのですが、予め電話してその家に『現金』があることが分かっているのです。

まず子供や身内を名乗り事前に電話して家の情報収集をしているのです。

  • 個人情報
  • 資産情報
  • 家族構成
  • などなど

    最近は業者を名乗り、アンケートと称していろいろと事前に聞き出すこともあるようです。
    事前の電話で情報を収集した上し、入念な下準備をして強盗に入るというパターンのようです。


    「オレオレ詐欺」や「振り込め詐欺」は誘導され自らが現金を振り込んだり準備したりしてましたが、その手口は警察をはじめ金融機関や様々な機関で注意喚起されることで防ぐこともできるようになりました。

    社会的に「オレオレ詐欺」に対しての関心度も高まってきたのもひとつの要因だと思うのですが。

    でも「アポ電詐欺・アポ電強盗」は、最初の電話が子供や孫などと身内を名乗り雑談的に現金の有無を確認するだけなので受けた本人も油断してしまうのでしょうね。
    しかも「アポ電詐欺・アポ電強盗」の厄介なところは、電話でした準備した家に強盗にはいって現金を盗んでいくという手法なので、高齢者は怖くて手も足もでないですよね。

    詐欺の電話をする人も、電話での情報収集方法について心理的な面も含めて勉強しているのだろうし、一般の人は本当に騙されるだろうし高齢者という弱みにつけ込んだ卑劣な行為ですね。


    アポ電強盗の被害


    アポ電強盗の被害で分かっている事件は次のとおりです。

    2019年1月11日:東京都渋谷区初台
    一軒家に住む90代と80代の高齢の夫婦が被害にあわれ、2000万程度の被害額だそうです。
    この事件は2日前に息子を名乗る男性から「病気になってお金が必要になった」と事前に電話があったようです。

    2019年2月1日:東京都渋谷区笹塚
    1軒家に住む80代と70代の恒例の夫婦は被害者です。
    被害額は400万ほどで、犯行日の2日前に歯科医の息子から「患者の治療に失敗し、お金が必要になった。家に現金があるか」という電話がかかってきていたそうです。
    インターホン越しに警察官を名乗り、玄関を開けた途端3人組の男性が入ってきたということです。

    2019年2月28日:東京都江東区東陽町5
    被害者はマンションの3階に住むひとり暮らしの80歳の女性で、この女性は口や手足を粘着テープで縛られ死亡しているのを発見されてようです。
    被害額はわかっていませんが、事前に資産額を聞き出すようなアポ電がかかっていたことを女性が知人に話していたことや、マンションの防犯カメラに、黒い服にマスク姿の不審な3人組が写っていたという点でm他の事件と同一犯ではと捜査されているようです。

    命が助かった被害者の方も、本当に怖いおもいをされただろうと、ニュースを見るたびにおもっていましたが、亡くなられた方もいらっしゃるということで本当にやりきれない事件です。

    スポンサーリンク


    アポ電強盗に被害にあわないために


    個人的には、息子や孫から電話があっても話していたら「別人」だと気付かないのかなぁといつも疑問に感じているのですが、高齢者は耳が遠くなっていることや電話だと声の違いを聞き取ることは難しいのでしょうね。

    しかも電話をかけてくる相手はプロなので、話術も相当巧みなのだろうと考えます。

    しかし、電話で軽はずみに個人情報(住所や名前など)や資産状況は絶対に話さないように・・・ということを、息子や娘である私達が両親にしっかり伝えるべきですね。

    それが身内であろうと、アンケートであろうと絶対電話では話さないということをしっかり伝えることが、アポ電強盗やアポ電詐欺を防ぐことだと思います。

    スポンサーリンク