2019年4月1日からスタートのNHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演する子役の粟野咲莉(あわのさり)さん

粟野咲莉さんは、朝ドラは『なつぞら』以外にも『べっぴんさん』にも出演していました。

子役の粟野咲莉さんの経歴や演技力についてリサーチしてみました。

スポンサーリンク


粟野咲莉『なつぞら』での役は?



粟野咲莉さん『なつぞら』での役は、広瀬すずさん演じる主人公奥原なつの子供時代を演じます。

約250名というオーディションを勝ち抜いて選ばれたようで、それだけでもすごい子役だということが伺えますね。

両親を戦争で亡くし、兄と妹と3人で生活していたところへ他界した父の戦友である柴田剛男(藤木直人さん)に引き取られ、兄と妹と別れて北海道で生活する役です。

主人公奥原なつの高校生からの役を広瀬すずさんが演じ、子供時代を粟野咲莉さんが演じます。

粟野咲莉さんの演技で涙が止まらない「なつぞら」の第1週の感想はコチラです。

【なつぞら】ネタバレ第1週あらすじと感想!子役の演技が上手い!

粟野咲莉のプロフィールや経歴


粟野咲莉のプロフィールや経歴をご紹介します。

  • 氏名:粟野 咲莉(あわのさり)
  • 生年月日:2010年6月24日、8歳(2019年3月執筆時点)
  • 出生地:非公開
  • 血液型:A型
  • 事務所:ジョビィキッズ

  • 8歳である粟野咲莉さんはジョビィキッズに所属する子役です。

    ジョビィキッズは、芦田愛菜さんや鈴木梨央さん、寺田心君など子役の先輩がたくさん所属されてます。

    家族構成や出身地など個人情報は公開されてませんでした。

    まだ小学生なので、粟野咲莉さんのことを守る意味では当然のことでしょうね。

    粟野咲莉『べっぴんさん』ではどういう役だった?



    『べっぴんさん』は芳根京子さんがヒロインを演じた朝ドラで、2016年10月3日から2017年4月1日まで放送された、戦後の子供作りに邁進する女性を描いたドラマです。

    粟野咲莉さんは『べっぴんさん』で、芳根京子さん演じるヒロイン坂東すみれの娘、さくらを演じました。

    『べっぴんさん』出演時はドラマ2作目ということで、2作目ですでに朝ドラ出演という実力の粟野咲莉さんですが、おかっぱ頭でかわいいさくらちゃんでした。

    『べっぴんさん』のときは、実年齢6歳で4歳の役を演じていた粟野咲莉さんですが、『なつぞら』では実年齢8歳ですが9歳の役を演じます。

    粟野咲莉の演技力は



    気になる粟野咲莉(あわのさり)さんの演技力についてです。

    『べっぴんさん』も『なつぞら』も同じ終戦後という場面設定ですが、全然異なるタイプを演じるようです。

    『べっぴんさん』の時は、とにかくカワイイという印象だった粟野咲莉さんですが、『なつぞら』では両親を亡くした少女を演じるのでカワイイだけでなく寂しさを抑えつつ健気に生きていく子供を演じることになります。

    ドラマ開始前に番組紹介を視聴したのですが、粟野咲莉(あわのさり)さんが日頃我慢していた寂しい気持ちを吐き出すシーンが有りました。

    そのシーンを観ただけで思わず涙がこみ上げてきました。

    『べっぴんさん』から約2年半ですが、今回の朝ドラ『なつぞら』では、寂しさを我慢しつつ健気に笑顔を忘れない少女を演じる粟野咲莉(あわのさり)さんです。

    芦田愛菜さんや鈴木梨央さん、寺田心君など子役の代表とも言える先輩と同じ事務所に所属している粟野咲莉(あわのさり)さんなので演技力は向上しますます活躍されると思います。

    【追記】
    4月1日の第1回放送で、最後に松嶋菜々子さん演じる富士子に抱きつき泣き出すシーンがあったのですが、思わず一緒に泣いてしまいました。
    視聴者の感情を動かすことができる粟野咲莉さんの演技力って本当に素晴らしいですね。
    先輩の芦田愛菜さんや鈴木梨央さんの背中を追いかけるスター子役になりそうですね。





    4話の草刈正雄さんとのシーンは心打たれました。
    草刈正雄さんの名演技に、粟野咲莉(あわのさり)さんの一筋の涙。
    観てても涙ポロポロでした。

    【なつぞら(夏空)】ネタバレ第1週あらすじと感想!子役の演技が上手い!



    まとめ

    2019年4月1日からスタートするNHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演する子役の粟野咲莉(あわのさり)さんについてでした。

    朝ドラ『べっぴんさん』にも出演していたカワイイ粟野咲莉(あわのさり)さんの成長がみれるのも楽しみな『なつぞら』です。

    スポンサーリンク