NHK連続テレビ小説『なつぞら』(夏空)がいよいよ始まります。

主演の広瀬すずさんの演技も楽しみだし、他のキャストの皆さんも若手人気俳優やベテラン俳優さんも多く出演されてとても楽しみなドラマです。

今回は第1週(4月1日~4月6日)の『なつよ、ここが十勝だ』のあらすじ、ネタバレ、感想をお伝えしていきます。

スポンサーリンク


なつぞらあらすじ第1週「なつよ、ここが十勝だ」




どこまでも続く草原の丘で、北海道・十勝の風景を描く奥原なつ(広瀬すず)。

昭和21年初夏、なつ(粟野咲莉)は9歳の時、亡き父の戦友だった柴田剛男(藤木直人)に引き取られて十勝にやってきた。

妻・富士子(松嶋菜々子)は我が子としてなつを受け入れようする一方、富士子の父でガンコ者の泰樹(草刈正雄)は働き手にもならないとなつに冷たくあたる。

しかし、子供ながらにここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を溶かしていく。

【引用:NHKなつぞら公式サイト】



4/1なつぞら1話のあらすじと感想



1話あらすじ・ネタバレ

広大な平野と日高山脈。牧場を見下ろす丘の上、キャンパスに向かい北海道・十勝の風景画を描くなつ(広瀬すず)。なつが十勝にやってきたのは昭和21年、戦争が終わった翌年の初夏、9歳のときだったーー復員服を着た剛男(藤木直人)に手を引かれ焼け野原の東京から十勝にやってきたなつ(粟野咲莉)。夫の無事の帰還に喜ぶ富士子(松嶋菜々子)たち柴田家の家族だったが、剛男が連れてきた見知らぬ少女の姿に戸惑いを覚える。

【引用:Yahooテレビ】


まず「なつをお風呂に入れてやってほしい」と富士子に話す剛男。

お風呂の中で、なつは空襲で焼けた東京を思い出すのでした。

なつがオフロに入っている間、剛男はどうしてなつを引き取ることになったのか、理由を家族に話します。

「可愛そうだから、ひとりくらいなんとかなる」と話す富士子に、父の泰樹(草刈正雄)は
「可愛そうだからと言って犬や猫みたいに拾ってくるやつがいるか」と厳しい口調。
そんな家族の会話を、偶然聞いていたなつ。

富士子は慌てて、なつを別の部屋に連れていき、着ていた服を着替えさせ「今日はゆっくりやすみなさい」と優しく声かける。
そんな富士子に抱きついてなつは泣き出すのでした。


1話感想

K子:40代K子:40代

まず広瀬すずちゃんの可愛さに、朝から癒やされました。
また、アニメーターを目指す女性のドラマだけあって、オープニングのアニメーションにすごく感動して、まるで「アルプスの少女ハイジ」を見ているような気分で楽しくなりました。
1話は戦争中ので出来事だったので、ちょっと心が痛く、またなつが柴田家に初めていく不安な様子やうれしい表情に、子役の粟野咲莉(あわのさり)さんの演技がとても素晴らしかったので思わず感情移入してしまい泣いてしまいました。
これからなつがどのように柴田家で成長していくのかがとても楽しみです。

なつの子役は粟野咲莉ちゃんです

粟野咲莉(あわのさり)朝ドラなつぞら子役はべっぴんさんにも出演していた!経歴や演技力は?


C子:30代C子:30代

驚かされることがいっぱいのスタートでした。
大きくなったなつの前に現れた男性がなつの人生でとても重要になる人だというのがわかってまずこれからとても楽しみだし、何よりアニメーションの世界に飛び込んでいくワクワク感が本当にアニメで表現されていてスピッツの曲とぴったりの世界観で感激しました。
空襲までもアニメで始まりどうなるのかなと思っていたところに、自然とドラマに戻ったのもとても新鮮で引き込まれてしまいました。
どういう経緯で一人だけ北海道に行ったのかこれからが楽しみですが、富士子さんに抱きついて泣いたなつを見て辛かったんだろうなぁと心がぎゅっとしました。
ウッチャンの「なつ、思い切り泣け」が優しく力図良くて初回から泣いてしまいました。


M美:20代M美:20代

いよいよ始まりました!
記念すべき第100回の朝の連続テレビ小説は「なつぞら」です!
今大注目の女優さん広瀬すずさんが主演とあって、私の期待度は高かったのですが、まだ今週は子役の子が中心ですね。
今日のお話はなつがどうして北海道に住む事になったのかをやっていましたが、どうして三人兄弟の中でなつだけが柴田家にやってきたのか、早くも次の展開が気になります。
脇を固める俳優さんも実力派の方ばかりですし、個人的に内村光良さんの語りがとても気に入ったので、今期の朝ドラも話題になる予感がします。


スポンサーリンク


4/2なつぞら2話のあらすじと感想



2話あらすじ・ネタバレ

戦争で両親を失った9歳のなつ(粟野咲莉)は、剛男(藤木直人)に引き取られ北海道・十勝にやってきた。剛男の説得で妻の富士子(松嶋菜々子)は、なつを受け入れることを決意するが、娘の夕見子(荒川梨杏)は、両親が優しく接する自分と同い年のなつの存在が気に入らない。そんな中、なつは柴田家の牧場で働かせてほしいと願い出る。富士子の父で、北海道の開拓者である泰樹(草刈正雄)は、なつの発言に意外な反応を見せる。

【引用:Yahooテレビ】


「この家で働かせてほしい」というなつに泰樹は、
「偉い!その方がこの子もこの家にいやすい。いい覚悟じゃ!それでこそ赤の他人じゃ!」といい、なつは次の日から夜明けと共に牛舎で働くことになる。
なつは空襲で家もない状態で妹と一緒に生きるために、どんなことでも必死だったなつです。

一方、なつのことばかり心配する剛男に、富士子は夕見子や照夫のことにも向き合ってほしいと話し、なつは子供らしくないところがある・・・という。

夜明けと共に牛舎に行くなつ。
そこには、従業員の戸村悠吉と戸村菊介親子がいて、なつを暖かく迎える。
相変わらず寡黙で厳しい泰樹、そして、酪農の厳しさを学ぶなつでした。


2話感想

K子:40代K子:40代

藤木直人さん演じる剛男が意外におちゃめだったのがすごく好感持てました。
子供達も寂しかったんだ・・・と話す富士子に「僕も寂しかったんだよ」と言いながら「ふ~じこちゃ~ん」と富士子を布団に手招きする演技が笑えました。
藤木直人さんのこういう役って好きだなぁ(イノセンス~冤罪弁護士~のときと全然違うキャラですよね)。
なつぞらは、いまはちょっと暗いストーリーですが、暗いだけでなく笑いの要素もあって楽しめるドラマですね。
泰樹がなつに対して厳しく接しているのは、なつのことを思ってのことだし、なつが「働かせてください」といった時、泰樹がなつが芯のある子供だと見込んだのでしょうね。
いよいよ酪農を手伝う事になったなつ。
今はなつのことをあまりよく思ってない娘の夕見子との関係も今後どのように展開していくのか楽しみです。


C子:30代C子:30代

なつの北海道での新しい生活がスタートしましたが、まだまだ柴田家となつの戸惑いは大きいですね。
夕見子ちゃんのやきもちも子供なんだから本当によくわかります。
戦争の苦労しか知らないなつと苦労を知らない夕美子では理解し合うのに時間がかかって当然です。
そんな中で仕事を手伝いたいと言ったなつ、お爺さんじゃないけどよく言った!と思いました。
朝から張り切って牛舎に向かうなつを見て、きっとなつにとっては東京でしていた苦労とここでする苦労では全く別物で楽しいことなんだなと思いました。
今日のウッチャンの「なつ頑張れ!」も良かったです。
毎日ウッチャンの一言が見れるのかな。それも楽しみです。


M美:20代M美:20代

なつぞら第2話です。
昨日も思いましたが、オープニングの映像がこれからアニメ映画が始まるみたいで爽やかだなぁと思います。
さて、今日はなつが柴田家で働く事になりました。
お兄さんが迎えに来るまで柴田家にいるために学校に行く事より働く事を選んだなつ。
確かに夕見子ちゃんが嫌がっている中、一緒に学校へ行くのは気まずい・・・けれど、そこで働かせてと言えるのは富士子さんの言う通り子供らしくない気がしちゃいます。
まぁ、なつの今までの状況がそうさせているんでしょうけど、私ももっと子供らしいなっちゃんが見たいです。
そして、そうやって良い子ちゃんで居続ける事で夕見子ちゃんにますます嫌われる気が・・・。
夕見子ちゃん、なつと仲良くしてあげてくれるかなぁ?このままいくと、将来的に恋愛とか何かのライバルになるなんて展開もあるかもしれないですね。


スポンサーリンク


4/3なつぞら3話のあらすじと感想



3話あらすじ・ネタバレ

北海道・十勝の柴田家に来て以来、なつ(粟野咲莉)は泰樹(草刈正雄)の指導のもと、酪農の仕事を覚えようと早朝から働いていた。柴田牧場で働く菊介(小林隆)と悠吉(音尾琢真)親子は、重労働にも取り組むなつの姿に感心するが、富士子(松嶋菜々子)は、学校にもいかずに働くなつを心配する。そんなある日の夕食で、なつは食事をしながら居眠りをしてしまう。その姿を見た富士子は、たまらず泰樹に向かって思いをぶつける。

【引用:Yahooテレビ】


「寝る食うかどっちかにしろ」という泰樹に、なつが可愛そうだと泣きながら「このいい加減にしろ!頑固ジジイ!」と泰樹に怒りをぶつける富士子。
謝るなつに、食事を止めて他の部屋に行ってしまう夕見子、小さな明美まで泣き出し柴田家の夕食の雰囲気がいっきに暗くなりました。
夜夕見子は、「なつのいびきがうるさくて眠れない!」と剛男夫婦の部屋に来るが、剛男の心を開いてない夕見子は泰樹の部屋に向かうのでした。
翌朝、いつものように乳搾りの作業をみていたなつに泰樹は「やってみるか?」と声をかけ乳搾りをさせます。
毎日他の人の作業をしっかり見ていたなつは、泰樹のちょっとしたアドバイスで乳搾りのコツを掴み上手に乳を搾り、従業員の戸村親子は感心するのでした。
その様子を物陰から寂しそうに見ているのは長男の照夫です。
薪割りをしている照夫は「俺なんかダメだ、ジイちゃんに頼りにされてないし」と父剛男に話す。
剛男は「なつのことを頼んだぞ。父さんはお前を頼りにしているんだ」と照夫に言う。
剛男が夕見子に、なつを連れてきた理由をちゃんと話そうとしているところ、富士子がきて「あの子(なつ)がいない。」と話す。
なつはその頃、泰樹の荷馬車にのってどこかに行こうとしていたのでした。


3話感想

K子:40代K子:40代

なつは偉いなーと思いました。
子供ながらに一生懸命手伝って、でも笑顔を絶やさないなつの姿に心打たれました。
誰が見てるでもなく、牛に声かけしたり小さい体で一生懸命牛舎の仕事をしているなつを泰樹が見守っていることはドラマを観ている私達はわかりますが、富士子や剛男には泰樹が人でなしに見えるのでしょうね。
なつぞらを観ていると、笑顔の大切さやひたむきに頑張る心をいう物を小さいなつから学ばせてもらってます。
きっと、柴田家の子供達もなつからいろいろなことを学んでいくのだろうなーと思いました。
このあと、泰樹がなつとどのように関わっていくのかがとても楽しみです。


C子:30代C子:30代

なつの健気な頑張りに応援せずにはいられませんでした。牛舎で教えられたことをしっかりと守って毎日牛たちと仲良くなろうと懸命に笑顔で声をかける姿に朝からこちらまで朝から元気をもらえます。
「私は乳を出せないから力を出さないと」の一言には従業員の人たち同様ハッとさせられました。
そんななつの頑張りをきちんとお爺さんは見ていてくれて、最後に乳搾りをさせてくれたことに感動!
途中牛が少しごねた時のリアルな緊張感がドラマとはいえ本物の酪農の厳しさも感じて素晴らしいなと思いました。
あいかわらずの富士子さんの優しさに今日も癒され、剛男さんには早く夕見子ちゃんに向き合ってほしいなと心配になり、そして最後ドナドナのような終わり方で・・・。
お爺さんのことなので大丈夫だと思いますが、明日も気になります。


M美:20代M美:20代

朝4時に起きて働くなつ。
「私は乳は出せないから力を出さなきゃ」本当、子供の言う冗談じゃないですよ。
なつの言葉ひとつひとつが今まで苦労してきたんだなと考えさせられます。
そうやって働くなつの姿を見て泰樹さんが少しずつなつを認め始めてきました。
でも、他の家族はまだまだなつの事「あの子」呼びなんですよね。
早くなつが柴田家の家族になれる所が見たいなぁ。
それにしても、今日は最後は笑えました。
なつはどこに売られて行くのでしょう?このシーンの内村さんの語りが絶妙でした。



4/4なつぞら4話のあらすじと感想



4話あらすじ・ネタバレ

柴田泰樹(草刈正雄)に連れられ、なつ(粟野咲莉)は帯広の闇市にやってきた。そこで泰樹は、両親を亡くし戦後の東京で必死に生き抜き、きょうだいと離れ北海道にやってきたなつの境遇を知る。そして二人が向かったのは菓子屋・雪月。出迎えた雪月のとよ(高畑淳子)は泰樹が孫の夕見子(荒川梨杏)を連れてきたと勘違い。息子で菓子職人の雪之助(安田顕)と妻の妙子(仙道敦子)も出てきてどんどん話が膨らんでしまい…

【引用:Yahooテレビ】


「なつは孫ではなく弟子だ」と話す泰樹。泰樹ととよは気心知れてる関係で何でもポンポン言い合うが、それを見ていたなつが「喧嘩をしないでください」と突然謝る。
なつは、冗談の言い合いを喧嘩だと勘違いしたのだ。
菓子職人の雪之助(安田顕)は、泰樹の持ってきた牛乳と卵でアイスクリームを作る。
玄関先のばんこに腰掛け、2人でアイスクリームを食べる泰樹となつ。
「家のもんには内緒だぞ」と言いながら今まで見せなかった泰樹の笑顔。
なつの数日の働きを見て泰樹はなつに、ちゃんと働けば必ず報われると話し「だから無理に笑うことはない、謝ることもない、堂々としてろ。堂々とここで生きろ」と話す泰樹でした。

4話感想

K子:40代K子:40代

今回は泣きました、泣かされました。
草刈正雄さんの演技が素敵すぎです。
泰樹はなつのことをしっかり見ていたのですね。
そして、なつに長靴を買ってあげたり、甘いものを食べさせてあげたり・・・と今までのなつの頑張りをみてなつを対等に扱ってくれているのだと思いました。
「可哀想、可哀想」と情けをかけるばかりでなく、ひとりの人間として堂々と生きることを教えてくれたのでした。


C子:30代C子:30代

お爺さん、素敵すぎました!
なつが頑張ってきたことをずっと分かっていて、でも無理していることも分かっていて、同情するのではなくなつの居場所を作ろうとしてくれているのだなと感じました。
頑張っている人は報われる。
その数日の対価が美味しい美味しいアイスクリームになってなつにもたらされた時、あぁお爺さんはなつに実直に生きる素晴らしさを教えていてるのだなと感心しました。
孫も連れて行ったことのない馴染みの店になつを連れて行くあたり、かなりなつを気に入りましたね!とても嬉しいです。
楽しい和菓子屋さんファミリーも登場してきたので、これからまたどんな風に関わって行くのかワクワクします。


M美:20代M美:20代

なつ、売られていかずに良かったです(笑)
なつの事をきちんと見ていてくれた泰樹さん。
泰樹さんの優しさがとても伝わってきて思わず見ているこちらもグッと来るものがありました。
泰樹さんの言葉でなつがこれからは自然に笑えるようになってくれれば良いですね!
夕見子ちゃんもなつと向き合ってくれそうな予感がしますし、苦労してきた分、これから幸せになって欲しいです。


4/5なつぞら5話のあらすじと感想



あらすじ・ネタバレ

帯広から柴田牧場に帰ってきたなつ(粟野咲莉)は泰樹(草刈正雄)の許しを得て学校に通うことになった。登校初日の休み時間、転校生に興味津々の同級生たちに囲まれると、東京で浮浪児だったことをからかわれてしまう。そのとき、教室でひとり絵を描いていた山田天陽(荒井雄斗)がなつをかばう。放課後、お礼を言おうと天陽に近づいたなつは、まるで生きているかのように躍動する、ノートに描かれた馬の絵に目を奪われる。

【引用:Yahooテレビ】


学校から夕見子と一緒に帰るなつ。
夕見子は「なぜ怒らないの?」と、同級生にからかわれても言い返さないなつに苛立つ。
郵便配達人が富士子に手紙をわたしている姿をみて自分に届いた手紙では?と期待するなつだった。
自分宛てでないと知ったなつは郵便配達人に「手紙をどうやってだしたらいいのか?」と質問する。
なつが兄からの手紙を待っていたと知った富士子。
富士子は「手紙を出す10銭貸してもらえませんか?」というなつに、
なつにとっては東京の兄も妹も大事な家族だから、そういう気持ちを隠す必要はない。
「なっちゃんは自分の気持を素直に言えばいい、いくらでも手紙を出しなさい、謝らないで、お金のことは気にしないで」と話す富士子であった。
久々に父の手紙を開くなつ、本当の家族が恋しくなったのかもしれない・・・。

感想

K子:40代K子:40代

泰樹がなつのことを認めてくれたこと、そしてなつたちが学校に行く時おもむろに手を振り返した泰樹の変化が嬉しかったです。
しかし孫の照夫は、手を振る泰樹をみて寂しい気持ちなのでは・・・と思いました。
なつと一緒に学校に行く夕見子も、なつをかばうなど、なつが柴田家にきたことでなつをとりまく人々が徐々に変わってくるような気がします。
天陽くんとの出会いや、今後なつにもたくさんの友達ができるでしょうからなつが北海道で生活していく様子がすごく楽しみです。
でも、きっと心の中では寂しく我慢ばかりしているなつ。
そんななつに寄り添う富士子役の松嶋菜々子さんの演技に、今日は涙しました。
1週目は、涙なしにはみられないシーンが多いようです。


C子:30代C子:30代

お爺さんの変化がとても嬉しかったです。
おはようの挨拶や学校への送り出しなどなつを認めたことがどんどん周りに伝わってきて良い風が吹いてきたのがわかります。
夕見子ちゃんもやっぱりとても良い子でした。
はっきりと周りに気持ちを伝えられる子と遠慮がちでマイペースな子、なんだか良いコンビになりそうで仲良くなって嬉しいです。
天陽くんは影響力大の予感!彼がアニメーションの世界へ向かうキーパーソンですね。
そして今回は富士子さんが素晴らしい女性だと感動しました。
ちゃんと向こうの家族を大事にしながら本当の家族になるあり方を考えている優しさに今日も朝からあったかい気持ちになりました。


M美:20代M美:20代

ついに学校へ通うようになったなつ。
泰樹さんがなつに手を振ってくれたのが何故かこちらまで嬉しくなりました。
泰樹さんを始め、段々と柴田家の人達がなつを受け入れ始めましたね。
夕見子ちゃんはなつが野良犬扱いされそうになった時に自分の事のように怒っているし、富士子さんも10銭を借りようとするなつに遠慮するなって怒ってくれるようになったし、沢山の優しさがなつを包んでくれている気がします。
一方で東京にいる家族が恋しくなるなつ。
なつが遠慮したり気を遣っているのがもどかしいし、見ているこっちが泣けてきてしまいます。
周囲の人々の優しさに沢山甘えてなつの心の傷が癒されることを願わずにはいられません。



4/6なつぞら6話のあらすじと感想



あらすじ・ネタバレ

なつ(粟野咲莉)は柴田家や学校、酪農の仕事に溶け込んでいく一方で、東京に残った兄の咲太郎に手紙を書き続けていた。そんな中、同じ年の夕見子(荒川梨杏)は、思い切ってなつの本心を訪ねる。ところが、なつからは無理にやさしくしないでいいと気のない返事をされてしまう。ある日、なつが夕見子の妹・明美の子守をしていると、泣かせてしまう。そこに夕見子が現れ、明美になにかしたとなつは疑われてしまい…

【引用:Yahooテレビ】


なつは、こけて泣いている明美を自分の妹の姿に照らし合わせただ抱きしめていただけなのに、夕見子は「明美を泣かしてた」と疑がい富士子に伝える。
富士子にはっきりとした理由も言えなかったなつは、富士子から「明美の世話はもういいからあんたはおジイちゃんの仕事手伝ってきてて」といわれる。
なつは兄から手紙がこないことを考えてた。
手紙に「早く会いたい」と書いたから寂しがらせないようにわざと返事を書かないのではないか・・・と。
次の日の朝、薄暗い時間になつは柴田家を出てひとり東京に帰る決心をする。

感想

K子:40代K子:40代

なつはまだ小さいので柴田家の家族をみていると自分の兄や妹をどうしてもおもだしてしまうんでしょうね。
仕方ないですよね・・・。
なつが元気そうにしてても心の中で寂しい思いをしていることは、まだ誰もわからないでしょうから。
おじいさんだけが理解していると思うのですが、泰樹は今回はあまり出番がなかったですしね・・・。
このドラマは泣かせてくれます・・・。
なつと、柴田家の家族が色々な苦難を乗り越えてお互いが成長していく過程がすごく楽しみです。


C子:30代C子:30代

なつにとっては試練の時で、優しくされても日常生活にリズムができても一度考えてしまうと本当の家族が恋しくなってしまうのは当然のことだと思います。
もしかすると牛の出産を見てお母さんを、天陽くんの絵を見てお父さんを、照男くんや明美ちゃんをみてお兄ちゃんや妹を思い出してしまったのかな。
お兄ちゃんがいつか迎えに来てくれると信じているなつにとって、先が見えなくなって行く不安は一度感じてしまったらどうしようも止めようがないことだと思います。
夕見子ちゃんに本当にここにいたいのかと指摘されたことが考えないようにしていた核心に迫っていて深く刺さったのかもしれません。
心が一気に溢れ出したなっちゃん、来週どんな風に乗り越えるのか気になって仕方ありません。


M美:20代M美:20代

昨日からの流れで上手く柴田家に馴染めるかと思いましたが、やはりそう上手くはいきませんでしたね。
なつは照男や明美の姿を自分の兄妹と重ねてますます寂しさを募らせてしまいました。
まだ小さいですもんね。仕方ないです。
お兄さんからの手紙が来ない事でますます不安になってしまいますよね。
お兄さんは一体どうしてしまったんでしょう?なつがどうなるのかも心配ですし、明日続きを見れないのがモヤモヤです。
早く月曜日になって欲しいです。
そして、来週はいよいよ広瀬すずさんが登場ですね!子役のなつもあと少しなのが少し寂しいですが、すずさんのなつも待ち遠しいです。


スポンサーリンク