NHK連続テレビ小説『なつぞら』2週目のあらすじ(ネタバレ)と番組を観た感想です。

兄や妹と別れてひとり北海道の柴田家に来たなつ。
小さい身体で酪農を手伝いながら変わり者のおじいさんとも心を通わすことができ、柴田家の家族とも徐々に慣れていくかと思われましたが、はやり小さな子供なので東京が恋しくてついにひとりで東京に向かってしまいますが・・・。

第2週(4月8日~4月13日)のテーマは『なつよ、夢の扉を開け』です。

いよいよなつは、自分の人生を変える“夢”に出会います。

第1週目のあらすじはコチラをごらんください。

【なつぞら(夏空)】ネタバレ第1週あらすじと感想!子役の演技が上手い!2019年

スポンサーリンク


なつぞらあらすじ第2週「なつよ、夢の扉を開け」




東京の兄に会いたいと、家出したなつを富士子や剛男は、懸命に探す。
一方、帯広にたどり着いたなつは警察に保護されたが、そこからも逃げだし、行き場を失っていた。
ようやくなつを見つけた柴田家のみんなは、なつを抱きしめ、ずっとそばにいると誓う。
柴田家の子として再び暮らし始めたなつは、泰樹の夢であるバターづくりを教えられる。
そしてさらに将来につながる、大きな「夢」と出会うことになる。

【引用:NHKなつぞら公式サイト】



4/8なつぞら7話のあらすじと感想



7話あらすじ・ネタバレ

ある日の朝、柴田家からなつ(粟野咲莉)の姿が見えなくなり、富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)は慌てふためく。その中で泰樹(草刈正雄)だけは、なつが東京を目指して家を出たのだと直感する。そのころなつは、やっとの思いで帯広の町にたどり着く。一文無しのなつは靴磨きの店を広げ、兄の咲太郎や妹の千遥といっしょにいた上野で靴磨きをしていたころのことを思い出す

【引用:Yahooテレビ】


東京にいた頃なつは浮浪児の集まるところで生活していた。
そんな生活の中でも、兄は街に出て得意のタップダンスを踊り進駐軍からご褒美でもらった物品を闇市で売ってお金に替えていた。
「お金をためていけばいつか必ず父ちゃんと母ちゃんの店が建てられる。兄ちゃんが必ず父ちゃんの店を継ぐから。もう少しの辛抱だ、頑張ってほしい」と兄にいわれるなつは、貧しいながらもささやかな幸せを感じ、なつにできる靴磨きを頑張っていた。
東京のことを思い出していたなつは、警察に保護されてしまう。
「ひとりで東京から来た、東京に返してほしい」と警察に話すなつ。
その頃柴田家の人達は、なつを探して帯広の雪月の菓子店を尋ねる。
なつは来てないが、警察に届けては?とアドバイスを受けるのであった。

感想


K子:40代K子:40代

なつは本当に偉いですね。
一文無しのなつは、カバンの中に靴磨きの道具一式を持ち歩いていて、東京までの費用を自分の力で稼ごうとしているのですから・・・。
初めて雪月に来た柴田家の人々が、泰樹がなつを雪月に連れてきたことや、なつにアイスクリームを食べさせたことなど知ったのを見て、おじいさんの優しい一面を分かってくれればいいなぁと思いましたが、まだわからないようですね。
最終的になつは柴田家に戻るのでしょうが、なつが警察からどのように柴田家の家族と出会うのかが楽しみです。
たくましいなつが大好きです。


C子:30代C子:30代

大きくなったなつの言う通り、なつはお兄ちゃんのことを考え出したらどうしようもなく会いたい気持ちが溢れすぎてどうしようもなくなってしまったんですね。
辛い環境だったとしても兄妹で過ごした幸せは何物にも変えられないのだと思うと切なくなります。
子供らしい夕見子ちゃんには子供らしくないガマンを知っているなつが理解できなくて当然ですが早く仲良くなって欲しいです。
嬉しかったのは柴田家全員でなつを探しに行ってくれたことで、みんな気づかない間に本当の家族になっていること、なつにも早く気づいて欲しいなと思います。


M美:20代M美:20代

先週からの続きで東京へ向かったなつ。
帯広で保護されました。
よく子供の足で帯広まで辿り着いたなぁと感心してしまいました。
そこで兄妹だけで暮らしていた頃の話が語られましたが、貧しいながらもささやかな幸せを感じていたというのが切なくて自分の子供がこういう状況になってしまったらと考えるとやるせない気持ちでいっぱいになりました。
それにしても柴田家の皆さん、これだけ毎日頑張っていたなつが起きて出てこない時点で異変に気付いて欲しかったな(笑)
警察に早く問い合わせをして、泰樹さんを安心させてあげて欲しいです。


4/9なつぞら8話のあらすじと感想



8話あらすじ・ネタバレ

なつ(粟野咲莉)を探して警察を訪れた富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)、泰樹(草刈正雄)たちは、なつが逃げたことを知り、言葉を失う。手がかりを失った柴田一家は、帯広市内で菓子屋・雪月を営むとよ(高畑淳子)や雪之助(安田顕)のもとを訪ねる。そこで剛男は、浅草の孤児院でなつと初めて出会ったときのことを、一同を前に語りだす。

【引用:Yahooテレビ】


剛男は、孤児院をたずねなつと咲太郎に2人の父である戦友から預かった手紙を渡す。
父の手紙を読み泣き出す咲太郎。

2人に北海道に来ないか?と尋ねる剛男に、「なつだけお願いしたい」と話す咲太郎。
親戚の家に預けた妹(千遥)が可愛そうだから、咲太郎は東京に残ることになる。

「手紙を書くから、千遥と必ず迎えに行くから、おじさんの家で辛抱してくれ」と咲太郎は泣き出すなつを説得し剛男に託すのでした。

それから北海道に来て、とにかく我慢し続けたなつ、兄に会いたくなって家出した気持ちがわかる・・・と話す剛男。
なつは怒りを通り越して諦めている、諦めて生きるしかなかった、あの子の望みはただ生きる場所を得ることだけだ・・・と話す泰樹。

一方なつは、川辺で魚釣りをする天陽と出会う。
天陽は兄陽平と一緒に帯広に買い物にきていのだった。
なつも「家族と買い物にきた」と強がるが、天陽は「何かあったか?寂しそうだから」と気遣う。

なつを探しに行く!と飛び出そうとする剛男に「あの子は賢い、もしひとりで生きようとすれば“水”だ」と話す泰樹。

川辺のなつは天陽の釣った魚を1匹もらい、天陽と別れるのだった。


感想


K子:40代K子:40代

戦争って本当に残酷だなぁと改めて思いました。
兄妹バラバラに生活しなくてはいけない環境、しかも現代のように通信も交通も不便な時代、「迎えに行く」と言ってもいつになるかわからないし。
人の人生を大きく変えてしまったんだなぁと、辛い気持ちになりました。
しかもなつは自然と生きる術を心得て、水のあるところにいました。
私だったら、そういう知恵は回らないだろうなーと思いながら観てて、このドラマから学ぶことが多いです。


C子:30代C子:30代

なつとお兄ちゃんの話、泣いてしまいました。
お父さんの手紙を読んだお兄ちゃんの涙を見て、あぁまだお兄ちゃんも子供だったんだなと思って悲しくなってしまいました。
なつだけを預けたお兄ちゃんの気持ちを剛男さんは受け止めて北海道に引き取ったのを見て、剛男さんもまたしっかり覚悟していたのだと思います。
お爺さんはなつの一番の理解者ですね。
生き抜くことで賢くなってしまったなつのことをよく分かってくれているので早く迎えに行って欲しいなぁ。
きっと夕見子ちゃんも、あきらめるしか生きられなかったなつの話を聞いて分かってくれたんじゃないかなと思います。
天陽くんに川で会えたことはなつの助けになると思います。
天陽くんも賢い子だから何か気づいたかな。
なつの悲しく笑う顔は見ていて切なくなりました。


M美:20代M美:20代

今日はずっと疑問だった、何故なつだけが北海道に来る事になったのかが明らかになったお話でした。
何故、咲太郎お兄ちゃんは東京に残るのか剛男さんが尋ねた時に一番下の妹が可哀想だからというシーンがとても切なかったです。
咲太郎お兄ちゃんだってまだワガママを言いたい子供なのに、こんなに妹たちの事を考えて我慢もして、立派すぎます。
このなつぞらは子役の子達の演技がみんな良くて、切ないシーンは本当に悲しくなってしまいます。
そして、警察から逃げ出したなつは果たして明日は柴田家のみんなと再会出来るでしょうか。
柴田家のみんなに再会したらもう強がらずに素直に自分の気持ちをぶつけてみて欲しい。
そう思います。


スポンサーリンク


4/10なつぞら9話のあらすじと感想



9話あらすじ・ネタバレ

家を飛び出し帯広までやってきたなつ(粟野咲莉)は、川のほとりで魚釣りをする天陽(荒井雄斗)を見つける。ひとりで来ていたなつを天陽は心配し声をかける。なつは家族を待っていると強がるが、やがて天陽も家路に着き、ひとり河原に残されてしまう。なつは父の形見の手紙を取り出し、読む。涙があふれだすなつ。すると…

【引用:Yahooテレビ】


柴田家の家族がなつを探しにやってきました。

「なつ」・・・おじいさんの声に振り返ったなつは、思わず声を上げて泣き出します。
しかし、一瞬涙をのむようにグッと我慢しますが、まだ泣き出し「私にはどうして家族がいないの」と大声で泣き出します。

おじいさんは「もっと怒れ!怒るがいい!」となつに声掛け「お前にはそばに居る家族はおらん。だがわしらがいる」となつを強く抱きしめる。
なつを育てる自信がないと言ってた富士子もなつを抱きしめ、なつと夕見子の手をつなぐ。

柴田家は雪月に戻り、家族みんなでアイスクリームを味わい、そこで照男はおじいさんに搾乳を教えてほしいという。
牧場に帰ったなつは、おじいさんの夢であるバターを作る道具を見せてもらうのでした。

感想


K子:40代K子:40代

なつが河原でなくシーンは、なつが今まで我慢していたこと吐き出すシーンでは涙が止まりませんでした。
番組紹介で、このシーンは観たことあるのですが何度見ても涙が止まらず、なつの役を演じている粟野咲莉さんの演技に心が鷲掴みにされました。
草刈正雄さんの演技も素晴らしく、おじいさんが本当になつのことをあたたかく包んでいる大きな心に、たまらなく魅力を感じます。
柴田家の家族となつがグッと近づいて、なつが柴田家で生活していこうと心に決めたとても大切な回だなぁと思いました。
おじいさんは本当になつのことが好きなのだなぁということがよくわかり、おじいさんがなつと2人で居るときに見せる笑顔が笑い声がとても好きです。


C子:30代C子:30代

なつを見つけてくれてホッとしました。
なつはやっと辛いこと悲しいことをみんなの前で表現することができて、ここからまた北海道で生きて行くことができるんじゃないかなと思います。
お爺さんとなつの絆は本物ですね。
富士子さんも自信がないって言っていたけど、なつを見て自然とお母さんになっていて、やっぱり素敵な人だなと思いました。
それにしてもウッチャン!戦死したお父さんだったんですね。
号泣してしまいました。
あの優しい声はお父さんだったからだったんですね。
嬉しくて悲しくて納得しました。


M美:20代M美:20代

やっと柴田家のみんながなつを見つけ出しました!
なつも強がらずに素直に泣いて怒って、やっと子供らしい一面が見れたような気がします。
富士子さんもなつを家族として迎える覚悟が決まったようですし、なつを含めた柴田家の7人家族としてのスタートがようやく切れたように思えます。
みんなでアイスクリームを食べるシーンは本当の家族みたいに笑いあっていてなつ、良かったね!と言ってあげたくなりました。
個人的にはなつが家族を思うシーンで流れた内村さんとなつの歌声がアニメーションの効果もあって好きな演出です。
幸せな家族の風景のアニメとなつの今の現状との差がありすぎて、幸せな歌のはずが寂しい雰囲気となっていました。
差があると言えば、泰樹さんも第1話と比べて大分雰囲気が変わりました!雰囲気が凄く優しくなって、話の流れを意識して草刈正雄さんが演じ分けているのでしょうけど、流石だなぁと感じました。


スポンサーリンク


4/11なつぞら10話のあらすじと感想



10話あらすじ・ネタバレ

泰樹(草刈正雄)はなつ(粟野咲莉)をある場所に連れていく。そこでなつは、十勝に入植して以来、泰樹が抱き続けてきたバター作りの夢を知ることになる。翌日、泰樹はなつや剛男(藤木直人)の前で、バターを作ることを宣言。なつは泰樹の夢でもあるバターを楽しみにするが、富士子(松嶋菜々子)や夕見子(荒川梨杏)はあまりいい顔をしない。しかし・・・。

【引用:Yahooテレビ】


次の日曜日におじいさんはなつ達と一緒にバターを作りました。
富士子さんは子供の頃に食べた記憶がある・・・といってじゃがいもを蒸します。
「美味しい、美味しい」と蒸した熱々のじゃがいもにおじいさんの作ったバターをのせてみんなでたべる。
雪月では雪之助(安田顕)がホットケーキを作り、おじいさんの作ったバターをのせて柴田家の家族も一緒に食べます。
おじいさんはバター作りはなつや照男たちが大きくなって開拓していけばいい・・・と話す。
小学校では、はじめての映画鑑賞(アニメ)が計画されるようで、映画上映の日子供も大人も集まってくるのでした。

感想


K子:40代K子:40代

おじいさんが徐々に変化してきたのがよくわかりました。
照男に搾乳を慌てることはない、と優しく声掛け、またなつにはバター作りを丁寧に教えます。
おじいさんが、当初と比べると家族にみせる表情も変わってきたし、なつが柴田家にきたことで家族の関係が徐々に丸くなってきたようなきがして嬉しいです。
いよいよなつがアニメーヨンと出会う事になり、また違った展開で楽しみです。


C子:30代C子:30代

お爺さんのバターの夢を従業員、家族全員で共有できて、なんだか本当の家族になってきて嬉しいです。
夕見子ちゃんはアイスクリーム、バターとどんどん牛乳に近づいていって、そのうち牛乳だって克服できそう。
なつの良い影響が出てきましたね。
お爺さんはなつと照男くんに未来を託して将来をとても楽しみにしているようで、なつが来たことでお爺さんの生きがいもまた湧き出てきているのかなと思います。
ホットケーキが幸せの象徴のようでなんともほっこりとする回でした。


M美:20代M美:20代

泰樹さんの夢を知ったなつ。
泰樹さんは孫の代までの事を思ってバター作りを言い出したんですね。
照男くんも酪農に参加しだして将来安泰な柴田家。
でも剛男さんも忘れないであげて欲しいです(笑)勝手な想像ですが、泰樹さん長生きしそうで、しかも生涯現役そうなので、剛男さんが継ぐ間も無く照男くんの番になりそうですね。
今日はなつが柴田家の家族に馴染めたような描写が多くて見ていてとても微笑ましかったです。
そして明日はいよいよなつがアニメと出会う回、どうなるか楽しみです。


4/12なつぞら11話のあらすじと感想



11話あらすじ・ネタバレ

なつ(粟野咲莉)が通う小学校で漫画映画の上映が行われることに。スクリーンに映し出されるアメリカのカラーアニメーション映画にひきこまれ、上映が終わってもなかなか立ち上がれないなつ。上映後、同級生で絵が上手な天陽(荒井雄斗)に興奮気味に感想を伝えると、家に絵具があるから今度遊びに来ないかと誘われる。

【引用:Yahooテレビ】


天陽君の家に遊びにいったなつ。
天陽君の家はとても貧しい生活をしていました。
しかし、家の中には天陽君のお兄さんが描いたというキレイな絵がたくさん飾られていて、中学で美術部の兄のために天陽君のお父さんは高い絵の具だけは購入しているとのこと。
天陽君は安い黒い絵の具で、馬の絵などを描いているようです。
東京から開拓のためにきた天陽君家族ですが、与えられた土地は作物など到底育たない土地で、天陽君の家族は離農することを考えていると。
天陽君はこの土地で生活していきたい、と悔しそうに荒れた土地に鍬を入れる。
なつは天陽君のことをおじいさんに「助けてほしい」と相談するが、「どうにもならない、放っておけ」というおじいさん。
なつは「嘘つき!一生懸命頑張ったら誰かが助けてくれると言ったじゃない」とおじいさんに感情をぶつけるのであった。

感想

K子:40代K子:40代

なつが天陽君の家に行き、天陽君が描いた絵をみて言葉が出なかったのはなぜなのだろう?と思いました。
天陽君の描いた馬の絵がに圧倒されたからなのでしょうか?
天陽君のことで思い切っておじいさんに相談するなつ。
いま、なつが心から頼える大人はおじいさんなのですね。
おじいさんに自分の想いを感情をぶつけて怒るくらい、天陽君のことを一生懸命考えているなつ。
天陽君と自分自身になにか通じるものを感じているのではないでしょうか?
なつと天陽君、今後が楽しみです。


C子:30代C子:30代

なつとアニメーションと天陽くん、なつの未来が繋がった日でした。
そして柴田家と天陽くんの家族もまた繋がりそうな予感です。
天陽くんの悔しさを見てなつは何かしなくてはいられなくて、そこでお爺さんを頼ったところがなつの心の成長だなと思いました。
お爺さんは開墾の厳しさを知っているからキツイことを言っていましたが、なつもしっかりと自分の気持ちを主張できるようになって本当の家族になってきたんだなとわかります。
ナレーションのお父さんも言っていましたが、友だちの心配を出来るようになっただけなつは今幸せな暮らしを出来ている証だということをとても感じました。


M美:20代M美:20代

なつがついにアニメと出会いましたね。
カラーアニメってもう少し後の時代のものかと思っていたので、ポパイもカラーだし、ウォルトディズニーの存在も知られていて少し驚きました。
それにしても天陽くん、お兄さんに遠慮して黒の絵の具ばかり使うなんて優しい子ですね。
時代のせいか、このなつぞらに出てくる子役はみんな健気です。
そして、泰樹さんに天陽くんの土地を何とかして欲しいと頼んだのに断られたなつ。
そこで怒りをきちんと出せたのは夕見子ちゃんのいう通り天陽くんが好きなのも少なからずあるかもしれませんが、内村さんの言う通り、今なつが幸せなのだからだと思いました。
二日くらい前のなつなら泰樹さんに頼み事すらせずに、一人で何とかしようと無茶をしてそうですもんね。
なつが素直に感情を出せるようになった事が今のなつがいる状況が前より良くなったという何よりの証明だと感じました。



4/13なつぞら12話のあらすじと感想



12話あらすじ・ネタバレ

離農寸前の天陽(荒井雄斗)たち一家を助けてほしいと泰樹(草刈正雄)に願い出たなつ(粟野咲莉)。なつの思いを感じた泰樹は天陽の畑を見に行くと言う。なつととにも畑を訪れた泰樹は、いくら耕しても作物は育たない土地だと言うが…。それから9年。かつての荒地は一面の美しい畑に生まれ変わっていた。その畑に馬に乗って駆けて来るのは、18歳になったなつ(広瀬すず)であった。

【引用:Yahooテレビ】


感想


C子:30代C子:30代

子供たちの声に大人が耳を傾けなくてどうするんだというお爺さんの一喝に心がキュッとする回でした。
なつと天陽くんの本気をお爺さんが受け止めてくれたこと、そして天陽くんのお父さんが周りに助けを求められたことどちらもとても大事なことだと思います。
大人になると人に助けを求められないことが多いですが、その勇気を出したことでお爺さんも動き出して、あんなにもたくさんのベテラン開拓者たちが集まってくれて開墾が成功して、いよいよ大人なっちゃんの時代に突入しました。
子役たちに大拍手です。
子どもなっちゃんがお爺さんを大好きと言って抱きついた時、なんだか涙が出ました。


M美:20代M美:20代

なつの願いが届いて、泰樹さんが動き始めてくれました。
天陽くんの畑の土地を耕すシーンは迫力がありました。
なつが泰樹さんにおじいさん大好き!と抱きついたのもとても微笑ましかったです。
北海道の開拓者の話を今回初めてきちんと知ったのですが、とても過酷な経験をした方たちなんだなと思いました。
それでもその経験を乗り越えたからこそ、今の豊かな北海道があると思うと、その時代の人々に感謝せずにはいられません。
そして、いよいよ広瀬すずさんが登場しました!と思ったら次週予告でのなつさんは女優になるのでしょうか??すずさんのなつが見られる来週からの話も楽しみです。

スポンサーリンク