2019年4月の月9、窪田正孝さん主演の「ラジエーションハウス」ドラマ1話のネタバレと感想です。

「ラジエーションハウス」は同名の人気コミックが原作の医療ドラマですが、『診療放射線技師』という医療ドラマでは珍しく目立たない存在に仕事にスポットをあてたドラマです。

主演の窪田正孝さんが、ちょっとかっこ悪いけど才能のある放射線技師を演じ患者の病気を見抜いていくストーリーに目が離せません。

スポンサーリンク


ドラマ『ラジエーションハウス』のキャスト



ドラマラジエーションハウスのキャストをご紹介します。

  • 五十嵐唯織(いがらしいおり):窪田 正孝
    診療放射線技師
  • 甘春杏(あまかすあん):本田 翼
    放射線科医
  • 広瀬裕乃(ひろせひろの):広瀬アリス
    新人放射線技師
  • 辻村駿太郎:鈴木伸之
    救急担当の整形外科医
  • 鏑木安富:浅野和之
    甘春総合病院放射線科科長兼診療部長
  • 小野寺俊夫:遠藤憲一
    放射線技師長
  • 黒羽たまき:山口紗弥加
    放射線技師
  • 威能圭:丸山智己
    放射線技師
  • 悠木倫:矢野聖人
    放射線技師
  • 軒下吾郎:浜野謙太
    放射線技師
  • 大森渚:和久井映見
    病院長

  • 1話ゲスト:イッセー尾形


  • ドラマ『ラジエーションハウス』1話のあらすじ・ネタバレ



    五十嵐唯織(窪田正孝)は“写真には必ず真実が映る”と信じる放射線技師。
    アメリカで最も権威ある放射線科医から才能を認められた唯織は、帰国後ずっと想いを寄せる幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。  
    初出勤の日、唯織はバスで甘春総合病院へと向かう。
    バスには、唯織と共に採用された新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)の姿もあった。
    その途中、バス運転手・天野(春海四方)の異変に気づいた唯織は、駆けつけた救急隊員に血管造影ができる病院への搬送を指示する。  
    天野は甘春総合病院に搬送される。
    受け入れたのは救急担当の整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)。
    だが天野は、自力で立てるほど元気だった。

     
    放射線科は、診療部長兼放射線科長の鏑木安富(浅野和之)のもと、ギャンブル好きの小野寺俊夫(遠藤憲一)、男勝りな独身女子・黒羽たまき(山口紗弥加)らが放射線技師として働いている。
    彼らの間では、唯織が病院長・大森渚(和久井映見)の隠し子ではないか、というウワサが・・・。  
    唯織は、バスの一件で遅刻しながらも杏と再会を果たす。
    だが杏は、唯織のことなどまったく覚えていなかった。  

    そんな折、甘春総合病院に世界的な写真家・菊島亨(イッセー尾形)が搬送される。
    頭痛を訴える菊島の頭部MRI検査を行う小野寺たち。
    しかし、画像の左上が黒く抜け欠損していて・・・。

    【引用:https://tv.yahoo.co.jp/program/56792810/】


    人の気持ちが読めないことで悩んでいる五十嵐(窪田正孝)が、公園のベンチで隣り合った中年男性に唐突に恋の悩みを打ち明けるシーンから物語はスタートする。

    五十嵐は、幼い頃に恋に落ちた甘春(本田翼)との再会を果たすも、とうに五十嵐のことは忘れ去られていていた。
    それだけでなく、度がすぎる五十嵐のアプローチでセクハラまがいの言動を重ね、最悪の第一印象となってしまう。

    そんな中、冒頭で出会った中年男性がラジエーションハウスに緊急搬送されてくる。さらに彼は菊島亨(イッセー尾形)という有名な写真家だったことがわかる。

    五十嵐はラジエーションを通さなくても菊島の病状を予見できていたようだった。
    五十嵐と同期であり新人の広瀬(広瀬アリス)は菊島の娘から、五十嵐は菊島亨から、家族関係が悪化した原因や過去のエピソードについて知ることになる。
    万が一、著名人である菊島の命を落とすようなことがあった場合に、病院の評判にかかわることを懸念した脳外科医師たちは、菊島を転院させようと根回しを始める。

    そんな中、菊島の容体が急変。
    転院まであと一歩というところで、自分たちで菊島の命に対して責任をとらなければならなくなって医師たちは狼狽える。

    責任のなすり付け合いが始まるなか、甘春が強引な検査に踏み切ろうと提案しする。

    しかし、その検査はリスクが高すぎることから放射線技師達は難色を示す。
    というのも、その検査で投与する薬剤に患者はアレルギーを持っているため、かえって命を落としかねない、危険すぎる検査だった。

    窪田の鋭い洞察力と分析でギリギリのところで強引な検査と回避できた。
    手術が不要で薬の投与だけで十分回復が見込めることも分かり、今回のケースは収束していく。

    窪田が病室を訪れた際にふれた写真から菊島の「目には見えない被写体にピントがあっていること」に気づいたり、過去に訪れた国で感染した寄生虫の可能性に気づいたりと、身の回りの小さなヒントから患者の重大な病を察知する力があることに広瀬は少しずつ気づき始める。
    写真家としての仕事にあけくれ、家庭を蔑ろにしてきた父だと思われたが、新人2人の働きもあり、父娘の溝も埋まっていく。

    技師はあくまでも外科医・各診療科の医者の言う通りに写真をとることが仕事であり、私情を挟んだり、ましてや医者の指示に背いて自分の意見を主張しようとするのはタブーとされている。
    そんなジレンマの中、患者を救いたいというまっすぐな思いから、今回正しい診療結果に結びついたということにつて、本田翼含め脳外科医たちは認めざるを得なかった。

    ドラマ『ラジエーションハウス』1話の感想

    医者の医者といわれる医療界でも著名な教授に、留学中から帰国を引き止められるほどの優秀な学生だった五十嵐だが、海外で成功していくことよりも、幼馴染に言われた「放射線技師として自分をサポートして」という約束を果たすことを優先した、というピュアな動機が可愛いと思いました。
    人の心が読めない、という人間性に欠ける側面と、どんな病も魔法のように見抜けるという天才的な側面が両方とも描かれていて主人公に愛着がわきました。

    幼馴染との再開のシーンが格好悪すぎたことと、序盤のテンポが悪かったことで退屈に感じましたが、結果的に後半の五十嵐の天才ぶりがより際立たっていて面白かったです。

    個性の強いラジエーションハウスのメンバーでしたが、窪田のために結束するシーンもあって、今後が楽しみになりました。

    五十嵐に対してツンとした態度をとっていた甘春も、1話目の最後には少し五十嵐の実力を認めたのか、挨拶を交わせるようになったので、症例を重ねるごとに少しずつ放射線技師としての信頼を重ねるとともに関係も進展していくのかも知れないな・・・と感じました。

    また、広瀬は出勤した初日から同期である五十嵐の天才ぶりに気づき始めたので、ここから憧れや恋に発展していくのかも知れないと思わせる描写もありました。

    手術をするシーンは少なそうなので、血やグロテスクな描写が苦手な人でも楽しめるドラマなのではないかなと思いました。

    スポンサーリンク


    ドラマ『ラジエーションハウス』1話のネットの反応










    さいごに

    平成最後?令和元年?の月9は窪田正孝さん主演で楽しみな番組です。

    医療の現場ってどうしても医師や看護師にスポットがあたりそうですが、いろいろな職種が現場を支えているのだということがよくわかりました。

    五十嵐唯織と和久井映見さん演じる病院長大森渚との関係は本当に親子なのか?窪田正孝さん、本田 翼さん、広瀬アリスさんの関係はどうなっていくのかも今後楽しみなドラマです。

    スポンサーリンク