NHK連続テレビ小説『なつぞら』3週目のあらすじ(ネタバレ)と番組を観た感想です。

戦後、兄や妹と別れて北海道に来たなつも、柴田牧場の生活に慣れようやく自分の居場所を見つけます。

第3週(4月15日~4月20日)のテーマは『なつよ、これが青春だ』です。

高校生となったなつが楽しみです。

コチラもご覧ください

スポンサーリンク


なつぞらあらすじ第3週「なつよ、これが青春だ」



昭和30年初夏、なつは牧場を手伝いつつ、農業高校に通っていた。
ある朝、母牛が産気づき、泰樹は出産の準備をするが、生まれた子牛は息絶えようとしていた。
動揺する泰樹たちの前で、なつは思わぬ行動で子牛の命を救う。
一方、柴田家では酪農の経営をめぐり、泰樹と剛男がぶつかっていた。
家族の仲違いに悩むなつは同級生の雪次郎(山田裕貴)に相談すると、演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)を紹介される。
倉田のアドバイスは意外なものだった!

【引用:NHKなつぞら公式サイト】



4/15なつぞら13話のあらすじと感想



13話あらすじ・ネタバレ

昭和30年の初夏。
なつ(広瀬すず)が十勝の柴田家に来てから、9年が経過していた。
なつは地元の農業高校に通いながら、酪農の仕事を手伝っていた。
ある朝、柴田家の牛が産気づき、泰樹(草刈正雄)たちは出産の準備をするが、いざ破水が始まると逆子であることが判明する。
必死に仔牛を引っ張り出す泰樹や富士子(松嶋菜々子)だったが、生まれた仔牛は息をしていなかった。落胆する一同を前に、なつは思わぬ行動をとる・・・。

【引用:Yahooテレビ】


「羊水を飲んだのかもしれない」といって思わぬことかなつは仮死状態の子牛に人工呼吸を始めます。
これには、泰樹や富士子、悠吉(小林隆)もびっくりします。
なつの処置で息を吹き返した子牛に、皆大喜びです。
なつは、じいちゃんに借りた馬で午後から高校に行きます。
子牛を助けた様子を皆に話したくて話したくて。
教室で、先生やクラスメートの前で、友人の居村良子(富田望生)を子牛に見立ててお産の様子を皆に説明します。
学校で習ったことは本当でした、と嬉しそうななつ。
その日の夕方の搾乳は休んでいい、とジイちゃんに言われていたなつは学校帰りに天陽君(吉沢亮)のところへ行くのでした。

感想


K子:40代K子:40代

すごく元気をもらいました。
広瀬すずさんの笑顔は朝からとても気持ちいいですね。
仮死状態の子牛を人工呼吸をして一生懸命助けるシーンでは涙が出ました。
“命”の大切さや諦めない心をなつから学んだような気がします。
高校生になり、柴田家の家族とも家族同様に生活し高校生活も楽しんでいる元気ななつを見ることが出来て本当に嬉しくなりました。
また居村良子を演じている富田望生さんの演技がすごく上手ですね。
恥じらう表情が、すごく可愛くて顔の表情だけで表すなんて『上手いなー』と関心しました。


C子:30代C子:30代

お母さん、父さん、じいちゃんと呼ぶ声に、本当の家族になったんだなぁと嬉しくなりました。
それに学校では大切なことをしっかり学んで、それでも学校よりも大事なことをたくさん学んで、変な遠慮もなくなって、本当に酪農家の子どもとして立派に伸び伸びと育って幸せなのが周りのみんなやなつの笑顔を見てとても良く感じました。
でもちゃんと本当の家族のことも思っていて、それを見守ってくれる柴田家のおかげですね。
素敵な大人なっちゃんのスタートで嬉しいです。


M美:20代M美:20代

今週もなつぞら始まりました!
前回から9年後の高校三年生のなつ達になりましたね。ずっと広瀬すずさんの演技が見られるのを楽しみにしていたので、今週からさらにドラマを楽しめそうです。今日はこの9年間でなつが柴田家にどのように扱われてきたのか、そしてどのように成長したのかが分かりました。酪農家としてもすっかり戦力になってきて、頼もしいです。幼少期に見え隠れしていた素直さが前面に出てきていて、この9年間、柴田家の皆さんに大事に大事に育てられたんだなぁというのがすごく伝わってきました。富士子さんや泰樹さんとの会話も幼少期と比べたら本当の家族のようで、特に兄妹間の会話のやり取りは遠慮がなくなったような気がしてとても良いなと思いました。学校の様子もとても温かい様子が描かれていて、なつの昔の悲惨な経験を思うと、今はとても幸せそうなのが印象的でした。そして、天陽くん、イケメンになりましたね(笑)明日はこの9年間の天陽くんのお家の事が明かされるのでしょうか。明日も楽しみです。



4/16なつぞら14話のあらすじと感想



14話あらすじ・ネタバレ

仔牛を救い、柴田泰樹(草刈正雄)から夕方の乳搾りを免除されたなつ(広瀬すず)は、学校帰りに山田天陽(吉沢亮)の家に立ち寄る。
天陽とふたり、お互いの姿をスケッチし合うなつ。
そんななつに天陽は、農協の支援を受けて家で乳牛を飼い始めたことを打ち明ける。
健康そうな牛が天陽のところに来たことでうれしくなったなつは、家に戻ると、泰樹に報告。
すると、笑顔だった泰樹の表情がみるみる一変し・・・。

【引用:Yahooテレビ】


泰樹はなつに、天陽君の家の牛の面倒を見ることは許さんという。
一方剛男は、農協の組合長から泰樹に牛のことを説得するように頼まれる。
家では、一人で食事の準備をする明美に夕見子が手伝うことなく「暇じゃない」といい明美はイライラする。
なつは明美を手伝いながら、夕見子に「何もしないなら人の心を引っ掻き回すな!」と注意する。
農協から帰った剛男と泰樹の間に嫌な空気が流れる。
その日の夕食は空気がピリピリしていた。

感想

K子:40代K子:40代

剛男と泰樹の空気が怪しいですね。
農協でなにが行われているのか?なぜ泰樹が天陽君の家の牛の世話をしちゃいけないというのか、気になります。
剛男と泰樹も、いつかは本音でぶつかり合いお互い理解し合うことがあるのでは・・・と期待しますが、いつのことでしょうね。
泰樹が剛男に対してどう思っているのかが早く知りたいです。


C子:30代C子:30代

なつと天陽くんの「北海道で生きているから絵を描くのが楽しい」という会話はとても清々しくて素敵でした。
なつはもう人生の半分を北海道で生きているので東京という場所が少し遠くになってしまったのもよくわかります。
おじいちゃんとお父さんの間に暗雲が立ち込めているのにはなんだかハラハラしてしまいます。
お父さんは農協の方がぴったり合うのはなんとなくわかるのですが、ベテランのおじいちゃんの考えていることもよくわかるのでこれから大波乱の予感です。


M美:20代M美:20代

なつと天陽くんはお互いに絵を描きあう様子から9年という年月でとてもいい関係を築きあげたのが想像出来て微笑ましくなりました。
でも、天陽くんもお兄さん同様に絵の勉強をしたかったんじゃないでしょうか?
天陽くんの家はお兄さんが自分のやりたい事をやって天陽くんはそんなお兄さんに気を遣って我慢してるような印象があります。
時代のせいなのかもしれませんけど、長男と次男で優遇の差があるような気がします。
そして、天陽くんのお家にやってきた牛は何やら訳ありのようです。
明日きっと農協の考えが分かるのでしょうけど、剛男さんと泰樹さんが対立してしまいそうでちょっとハラハラです。


スポンサーリンク


4/17なつぞら15話のあらすじと感想



15話あらすじ・ネタバレ

泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の間には、農協が貸した天陽家の牛のことで、ただならぬ空気が流れていた。農協に勤める剛男(藤木直人)は、なつ(広瀬すず)を味方につけようとするが、剛男の真意をつかめないなつは、微妙な反応をしてしまう。すると、泰樹が突然口火をきった「剛男が農協で進めている、牛を貸し、酪農家を牛耳るやり方には賛同しない」。そのひと言で、泰樹と剛男は真っ向から対立してしまう・・・。

【引用:Yahooテレビ】


剛男の話を聞こうともしない泰樹だったが、「話だけは聴こうよ」というなつの一言で話を聞く泰樹。
しかし剛男の話を聞いても、頑なに泰樹は農協の件には同意せず柴田家の空気は重い。
その夜、剛男はなつを使って泰樹を説得してもらおうと必死になつを説得する。
前の夜いろいろ考えすぎて睡眠不足で牛の世話をするなつに「いろいろ心配しなくいていい」と富士子は優しく話す。
泰樹に農協のことを再度相談するなつだったが、泰樹は農協には自分の牛乳は売らない、と機嫌悪くする。

感想

K子:40代K子:40代

剛男はなつを使って泰樹に農協のことを説得するのは卑怯だなぁと思いました。
剛男が正面切って泰樹と向き合わないと解決しないことなのではと思うし、なつも2人の間に挟まれて可哀想ですね。
柴田家が2つの意見で割れるので、空気が重くなってます。
しかし、剛男の話をきこうともしなかった泰樹が、なつのひとことで話を聞き始めたシーンを観て、泰樹はよほどなつのことがお気に入りなんだなぁということが伝わりました。
酪農の時代が変わる大事なテーマなのだろうなーと思いながらみてました。


C子:30代C子:30代

お父さんvsおじいちゃんになつが巻き込まれる嫌な展開になってきました。
周りのみんなが心配するように、おじいちゃんに1番気に入られているなつを使っておじいちゃんを説得しようとするお父さんはちょっとずるいです。
きっとお父さんにはお父さんのしっかりとした考えがあって、おじいちゃんにも自分で育んできた誇りがあって、これはどちらの立場にも立ちづらい難しいお話だなと思いました。
どちらも酪農の将来を考えてのことだと思うので、早く解決してまた穏やかな柴田家に戻って欲しいです。


M美:20代M美:20代

前回から引き続き、柴田家の不穏な雰囲気から今日は始まりました。
こんな雰囲気の中でもどこか緊張感に欠けるのが柴田家の良いところだと思います。
剛男さんと泰樹さんの間に挟まれてなつも複雑ですね。
牛乳を農協がまとめて売る事は確かに弱小農家や牛が不調な時には良いのかもしれませんが、泰樹さんのような大きい酪農家には大してメリットがあるようにも感じませんし、今まで誇りを持って牛乳を売っていたのですから、他の家の牛乳と混ぜるなんて泰樹さんには考えられないですよね。
それにしても、剛男さん、天陽くんの事を出してなつを味方につけようとするなんてズルいです。
富士子さんと夕見子ちゃん、明美ちゃんが怒ってくれて視聴者の気持ちを代弁してくれたようでしたね。


スポンサーリンク


4/18なつぞら16話のあらすじと感想



16話あらすじ・ネタバレ

泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の意見がぶつかり、思い悩むなつ(広瀬すず)。
それぞれの考えを聞いてみるも、ますます分からなくなってしまう。
同級生の雪次郎(山田裕貴)に悩みを打ち明けると、自分が所属する演劇部の顧問・倉田先生(柄本佑)に相談してみてはとアドバイスを受ける。
早速、雪次郎に連れられ倉田先生に会いに行くなつ。
しかし、抽象的な倉田先生の発言に、さらに混乱してしまう・・・。

【引用:Yahooテレビ】


倉田先生は「自分で答えをみつけろ」となつにに言う。
なつは天陽君のところに行き「自分で答えをみつける」という意味がわからない、と相談する。
なつは天陽君の牛が発情しているとアドバイスする。

家に帰ったなつだが、天陽君の家の牛が発情していることを話すと「人間が発情したらどうするんだ。世間の目も考えろ」となつに言う。
学校で雪次郎に「日曜日に会わせたい人がいるから店に来てほしい」と言われ雪月に行く。
雪月に現れたのは倉田先生で、そこで先生はなつに演劇をするように勧める。
演劇をすることで、泰樹の問題をなつが表現したらいいのでは?と倉田先生は話すのであった。

感想

K子:40代K子:40代

泰樹さんは本当になつがお気に入りなのですねー。
なつが泰樹の子牛の面倒をみる約束を忘れて天陽君のところに行ったものだから、ヤキモチやいたのでしょうね、きっと。
でも、なつもしっかり泰樹に反論するようになったところが、本当に柴田家の子供になったんだなぁと嬉しくなりました。
倉田先生の発想が面白く、演劇で農協問題をどのように演じていくのかがすごく気になります。
倉田先生を演じている、柄本佑さん、演技が上手いなぁと思いました。
前作の「まんぷく」には妻の安藤さくらさんが出演し、今回の朝ドラは夫の柄本佑さん、夫婦で良い芝居をみせていただき幸せな朝ドラです。


C子:30代C子:30代

倉田先生という面白いキャラクターが現れました。
普通のことをもっともらしく言ったり、深いようで浅かったり、また朝ドラが楽しみになる人物の登場は嬉しいです。
演劇がどうやって問題を解決したりなつの将来に影響を与えるのか本当に気になります。
それから雪月ファミリーは最高です!とよさんと倉田先生のやりとりに朝から笑いと元気をもらいました。
雪次郎くんもクラスメイトのよっちゃんも、これからの学校生活のシーンが楽しみになるポイントがいっぱいあった今日の回でした。


M美:20代M美:20代

農協の考えと泰樹さんの考えの間でどちらが正しいのか考えるなつ。どちらの考えも間違ってはいないと思うので、難しいですね。それにしても、牛の発情の話から人間が発情したらどうするんだと怒る泰樹さんが面白かったです。それを受けてなつが泰樹さんの事をクソジジイと面と向かって言わないものの憤っているのもクスリと笑えました。個人的にはなつの隣の席の同級生の女の子!三年A組にも出ていた富田望生さんの演技がなかなか好きです。今後色々な作品に出てきそうだなと注目しています。演劇部の話も出てきましたし、学校生活を通して富田望生さん演じる良子ちゃんとの交流が描かれる事も増えてきそうですね。少し前まで子役の子たちの演技が見られなくて寂しく感じていましたが、今は今で、あっ、あの人!という出演者がちょこちょこ出てくるのでそれも毎朝見る楽しみになっています。



4/19なつぞら17話のあらすじと感想



17話あらすじ・ネタバレ

演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)から「演劇をやれ」と言われたなつ(広瀬すず)。
すぐに断るなつだったが、演劇をやることが泰樹(草刈正雄)のためになるという倉田先生の言葉に、心が揺らぎ始める。
その翌日、なつと倉田先生は、農協にいる剛男(藤木直人)を訪ね、酪農の現状について質問する。
剛男は、酪農家が抱える問題をなつに説明するとともに、農協が目指す目標をなつに伝えた。
そしてなつは、ひとつの答えを導き出す・・・。

【引用:Yahooテレビ】


なつは農協の話を聞いて農協の考えが正しいと思った。
剛男となつが自宅に帰ると、そこに乳業メーカーの人が富士子に現金の入った封筒を渡そうとしていた。
それは『奥様封筒』と呼ばれるもので、それを見た剛男は乳業メーカーの人に「そういうことはもう古い!」と話す。
泰樹も現れ、「もらっておけ」と話し、それは自分たちへの評価であり自分からメーカーに要求したことはないと。
「そんな理屈は通らない」という剛男、「今までも理屈の通らないことはなんぼでもあった。それで富士子が助かるのであればワシはなんぼでも受け取る!」と泰樹は声を荒げ剛男と対立する。
開拓で大変な時代を生きてきた泰樹は「綺麗ごとでは済まされなかった」と。
しかし富士子はお金を返し「いいよね、私の好きにして」と泰樹に話す。

その夜、珍しく食欲がないといい夕食も食べずに床につく泰樹。
心配する家族だったが、夕見子と富士子だけは「ジイちゃんはこんなことでめげたりしない。ジイちゃんがこれで変わるとは思えない」と話す。
泰樹はひとり部屋でまんじゅうを頬張るのでした。

感想

K子:40代K子:40代

う~~ん、難しい。
農協の言い分もわかるけど、泰樹さんの「自分の牛乳を他の牛乳と混ぜたくない」という気持ちもよーーくわかる。
それだけ泰樹さんはプロ根性で、ココまで大きくしたんだし。
どうして泰樹さんが参加しなくちゃいけないのかわからない。
農協の組合員にならない人がいてもいいんじゃないのかなぁと思うけど、昔の考え方からしたら、周囲と足並み揃えなくちゃ問題あるのかなぁ。
ジイちゃんはジイちゃんの意見を貫き通して欲しいけど、なつがどう関わって、ジイちゃんが変わっていくのかも楽しみです。
てか、ジイちゃんは結構甘党だったのですね(笑)。


C子:30代C子:30代

うーん、聞けば聞くほど農協の考え方は正しくて、それでもおじいちゃんの気持ちもとても良くわかるのでますます難しいお話になりました。
おじいちゃんが言ってた開拓の苦労はきれいごとだけでは無いという言葉は本当に苦労してきた人にしか言えない言葉なので、きっと富士子さんには理解できることも多くてはっきりと農協側につかないのだなと思いました。
厳しいお話の中で、頑固なおじいちゃんのこっそりおまんじゅうを食べながらお茶を欲しがっている姿になんだかほっこりしました。


M美:20代M美:20代

今日は冒頭、柴田家の食事シーンから始まりました。
夕見子ちゃん、雪次郎くんに恋の予感ですかね?小さな頃からそういう雰囲気を匂わせていましたけど、そっちの話もどうなるか今後が楽しみです。
そして、今日は、どうして牛乳を農家が直接メーカーに売る事を農協側が良しと考えていないのかが明らかになりました。
確かに、みんながみんな柴田牧場のように上手く経営出来る訳ではないので、農協が作ろうとしている体制で助かる農家は沢山いますよね。
泰樹さんが今日は悪者のように描かれていましたが、開拓の辛さを乗り越えてきた泰樹さんが素直に受け入れられないのも分かりますし、どこで折り合いをつけるかが難しい問題ですね。
ただ、最後の最後お茶を欲しがる泰樹さんは可愛らしく、ちょっと真面目な話が中心の今日の話の中でクスッと出来る場面でした。
ここからどう解決へと話をまとめていくのかが見逃せないです。



4/20なつぞら18話のあらすじと感想



18話あらすじ・ネタバレ

乳業メーカーをめぐる富士子(松嶋菜々子)と剛男(藤木直人)の対応に、泰樹(草刈正雄)は心を閉ざしてしまう。その夜、なつ(広瀬すず)は、泰樹と気が合わない剛男となぜ結婚したのか、富士子に尋ねる。すると富士子は、剛男が抱えていた境遇や結婚に至った経緯を静かに語りだした。そしてなつは、演劇部の練習室を訪問。泰樹のために、自分にできることはあるか、顧問の倉田先生に尋ねる。

【引用:Yahooテレビ】


なつは倉田先生に聞く。
先生が考えている演劇はどういうことですか?
ジイちゃんを励まし、ジイちゃんが見て感動できる絶対に傷つけないような演劇ですか?
ジイちゃんの気持ちに寄り添えることをしたいというなつ。

先生は、なつにしか出来ないことは女優として舞台に立つこと。
なつが舞台に立てばジイちゃんも演劇を見に来る、なつを見に来る・・・と。

牛舎でじいちゃんに謝るなつ、ジイちゃんもなつに謝る。
「ジイちゃん大好き!」というなつに「家族にいちいちそんな事いうもんじゃない」というジイちゃん。
なつはじいちゃんに1回だけ演劇やりたいと相談する。
じいちゃんはなつがやりたければやれ!なつがすれば見に行くという。

感想


C子:30代C子:30代

富士子さんからおじいちゃんの悲しい過去の話を聞いて、やっぱりおじいちゃんには何か深い考えがあるんだなと思いました。
富士子さんも本当によくおじいちゃんのことを理解してくれてるし、なつもきっと前よりもおじいちゃんのことを理解できたんだと思います。
だからおじいちゃんに素直に謝ったなつにおじいちゃんも自然と心を開いてくれたんだと思うとこの2人の絆に嬉しくなります。
家族にいちいち大好きなんて言うなと言ったおじいちゃんの嬉しそうな眼差しがとても素敵で、ただ子供っぽいところがあるかわいい人なんだなと微笑ましかったです。
何気になつの演劇も楽しみにしてるっぽかったので、それも全部含めて私も来週がまた楽しみになりました。


M美:20代M美:20代

富士子さんと剛男さんの馴れ初め、お二人らしいお話でした。
そして、泰樹さんの奥さんのお話は想像以上に辛かったです。
前回、「富士子が少しでも助かるなら金を受け取る!」と話していた泰樹さんの発言はこういった経験から来てるのでしょうね。
今回の件で、泰樹さんが悪者のようになってきていましたが、どうしてこうお金にこだわっているのか剛男さんに聞かせてあげたかったです。
演劇部に入る事になったなつが見に来てくれないか頼んだ時、「お前が出るなら見に行く」と言った泰樹さんは本当の孫に接するようで深い愛情を感じました。
このお二人の会話場面を見るのが私は本当に好きです。
来週も楽しみです。


スポンサーリンク