2019年4月12日より放送のNHKドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』に出演する玄理(ひょんり)さんですが、国籍はどこなのでしょうか?

また、ネットでは玄理さんの『父』についてが話題になってますが、玄理(ひょんり)さんの父親の職業は何でしょうか?

『ミストレス~女たちの秘密~』に出演する玄理(ひょんり)さんの過去作品や演技力についても調べてみました。

スポンサーリンク


玄理のプロフィール、国籍はどこ?



スレンダーで可憐なイメージの玄理(ヒョンリ)さんのプロフィールをご紹介します。

玄理(ヒョンリ)さんは、1986年12月18日生まれの31歳です(2019年4月執筆時点)。
生年月日から、干支は寅年で星座は射手座だということがわかります。

可愛らしい顔立ちから若く見られそうですね。

ご両親は韓国の方ですが、東京都渋谷区が出身地だそうです。
幼少の頃、安藤忠雄さんが設計した家に住んでいたとバラエティ番組で明かしたこともあります。
安藤忠雄さんといえば、日本を代表すると言っても過言ではない、一級建築士であり、現在は東京大学の特別名誉教授もなさっている凄い方なんです。

また、玄理さんは、ご両親が韓国の方ですので、自身も国籍は韓国です。

彼女は、日本語、韓国語、英語と三カ国語も話せるトリリンガルでもあります。
中学校時代には、イギリスのオックスフォード大学のサマースクールへ短期留学した経験もあり、頭の良さが伺えますね。

身長は168cmと女性としては高めですが、スラッとしているのでモデルさんのような体型です。
血液型はB型で職業は、女優さんです。
映画やドラマ、CMなどで活躍されています。
事務所は、2015年から多部未華子さんらも所属しているヒラタオフィスに所属しています。
現在の事務所に所属する前は、芸名を「玄里」と表記していました。


芸能界に入ったきっかけは?

玄理さんは、青山学院大学法学部在学中に、韓国の韓国延世大学に留学し、映像演技を先行します。

現在の女優というお仕事もここがきっかけだったのではないかと考えられますね。

しかし、オーディションなどによるデビューかと思いきや、玄理のデビューのきっかけはスカウトだったそうです。
当時は、とても多くの声をかけられていたみたいですよ。

そのうち、高校3年生の時にソウルで韓国の有名デザイナーのモデルとしてデビューしたのが芸能界デビューのきっかけだったようです。
韓国で有名なデザイナーさんがキャンペーンモデルに使いたいと誘ってくれたのだそうです。

この時は、全くと言っていいほど韓国語が分からず、悔しい思いをして、一生懸命、韓国語の勉強をしたというのも彼女らしいエピソードです。
しかし、当時は、お母さんの友人に芸能界の人がいたこともあり、お母さんは芸能界の厳しさをよく知っていたので、もの凄く反対を受けたそうです。

現在でも玄理さんが芸能界で活躍されているところをみると、反対を押し切ってでも芸能界に入りたかったことが分かります。
ここ数年は、相次いで売れっ子芸能人と言われる方々の引退が続いているので、玄理さんには頑張ってもらいたいものですね。


玄理さんの父親の職業は?実家はお金持ちなの?

そして、何と言ってもすごいのが玄理さんの父親です。
父親は、戦後単身で日本に渡り、何もないところから、パチンコ店の経営をひとりではじめています。

何もわからない国、日本で事業を始め、経営が安定するまでは苦難の連続だったでしょうね。
現在でも、現役でパチンコチェーンを経営なさっているようですよ。

また、祖父も総合病院の院長をなさっていた凄い方のようです。
先述のとおり、玄理さん一家は、有名一級建築士である安藤忠雄さんの設計された家に住んでいたということからも分かる通り、お金持ちであるということは間違いなさそうですね。

お金持ちということもあってか、玄理さんも幼少期には、ピアノやバイオリンを習っていたようです。
自宅は、あまりにも広すぎるために当初にお願いしていたお手伝いさん3人では間に合わず、ダスキンスタッフが週に2回来て、総勢40人くらいで掃除をしていたという話もあります。

そういう逸話からも大豪邸だったということが伺えますね。
現在は、その自宅も父親が同じ所に住み続けるのが嫌だという理由から売却してしまい、別の場所で暮らしているようです。
その余裕な暮らしぶりからもお金持ちであることは間違いないでしょうね。
本当に羨ましい限りです。

スポンサーリンク


玄理の母親や兄弟、性格や特技など

実は凄いのは、父親だけではありません。
玄理さんの母親もまた、建設会社の社長をされている凄い方なのです。

父親と母親は20歳ほど離れた、年の差婚のようです。
母親が韓国で仕事をしていた時には、面倒くさいからという理由で、3年間高級ホテルの最上階の部屋を全て借り切っていたという噂もあるほどのお金持ちぶりです。
さらには、当時、アメリカの大統領であったクリントン氏が韓国を訪れた際にはお部屋のひとつを「貸してあげた」なんていう伝説的なエピソードもあります。

ご兄弟は、兄がいらっしゃるようです。

また、玄理さんの特技は、日本舞踊と韓国舞踊です。
日本舞踊と韓国舞踊を習う理由として、海外、特にヨーロッパ圏からのオファーも多く、アジア人全般の役を演じるために『頭ではなく体で演じ分けたいから』と語っています。
これぞプロ意識ですね。

さらにポールダンスもされているようです。
妖艶で女性らしい動きを取り入れるためなど、こちらも演技のためにされているのではないかと推察されます。

他にもヨガなどもされているそうで、健康的な雰囲気はそのヨガのおかげでもあるのかもしれません。
素晴らしい体型もこれらの積み重ねのようですね。
ストイックと言ってもいいでしょうね。


玄理さんのドラマ出演歴や、演技力は?

玄理さんは、映画を中心に出演しており、主演を務めた映画「水の声を聞く」という作品で第29回高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞しています。

この作品は、2015年にベルリン国際映画祭フォーラム部門に正式出品され、キネマ旬報日本映画ベストテン第9位、映画芸術第6位にも選ばれているほどです。

特技の英語を生かして、「水の声を聞く」が上映された第65回ベルリン国際映画祭では、観客との質疑応答に通訳を挟まずに全ての質問に自ら英語で対応しています。
そのときの玄理さんが生い立ちや映画の内容への率直な応答したことで、アメリカ映画批評雑誌「Variety」では、物語を動かす重要な役どころを魅惑的に演じきった主演女優と評されました。

23歳の頃には、TBSの王様のブランチのレポーターを2年半ほど務めていたこともあります。
マクドナルドのCMでも口コミで人気になったり、他にもドラマ、「フリーター、家を買う。」「大河ドラマ八重の桜」「きみはペット」「連続テレビ小説まんぷく」などにも出演しています。
演技力も高く評価されており、2019年4月からは、「ミストレス〜女たちの秘密〜」にも出演されてます。
今をときめく女優さんと言っても過言ではありません。


『ミストレス~女たちの秘密~』玄理の役は



イギリスの人気ドラマで、アメリカ、ロシア、スロバキア、韓国などでリメイク版が放送された、日本版になります。

ひとりで抱えきれないほどの悩みを抱えた4人の女性が、生きづらさを感じながらも前向きに生きていく様子がスリリングに、ミステリアスでロマンチックに表現されるそうです。

SAKISAKI

NHKですが「うわ~、ココまでNHKも放送OKになったんだー」と思うような、大人の時間のドラマでした。
金曜22時は子供は寝ている時間ですよね。


NHKドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』に出演している玄理さんの役は、化粧品会社で働くビジネスウーマンですが、子供を欲しがる夫(佐藤隆太さん)とすれ違いになり夫婦関係が微妙になっていく原田冴子を演じます。

第1回から艶っぽいランジェリーをつけたシーンもあり、男性陣は大喜びなのではないでしょうか?

他の3人の女優(長谷川京子さん、水野美紀さん、大政絢さん)さんも含めて、女性の生き方や恋愛、悩みなどスリリングに描かれる様子にドキドキワクワクしながら楽しめるドラマです。


最後に

今回はNHKドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』に出演する玄理(ひょんり)さんについてでした。

とても品のあるスレンダーな玄理(ひょんり)さんは韓国国籍でご両親がとてもお金持ちで、トリリンガルというとても頭のいい女性でした。

『ミストレス~女たちの秘密~』もすごく楽しみなドラマです。

スポンサーリンク