玉木宏さん主演で、倒産危機の下町の町工場を元銀行員が再生する応援ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』が結構面白いです。

『スパイラル~町工場の奇跡~』ドラマ2話のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

玉木宏さんが大手企業をやめて下町工場にはいり、どのように再生していくのか・・・営業マンの極意などわかりやすく説明あるのですごく勉強になる『スパイラル~町工場の奇跡~』ですが、まだドラマを観ていない人はご注意くださいね。

関連記事

スポンサーリンク


『スパイラル~町工場の奇跡~』のキャスト



玉木宏さんのほか、主な舞台になる工場マジテックの前社長藤村登喜男を平泉成さんが演じます。
利益度外視で人のために尽くす発明家ですが、職人肌の社長の作る製品のよさと会社経営は別物であることを学ばされます。

藤村社長の長女に貫地谷しほりさん長男に戸塚純真さん、マジテックの社員に國村隼さん、前原滉さん、他にも眞島秀和さんや真矢ミキさん、小野武彦さん、野波麻帆さんらが出演されます。

キャストの詳細は公式HPにてご確認ください。

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』公式サイト


『スパイラル~町工場の奇跡~』ドラマ2話のあらすじネタバレ



⬇『スパイラル~町工場の奇跡~』ドラマ1話のあらすじ前半は公式サイトでご確認ください。

ドラマ『スパイラル』公式サイトあらすじ


芝野(玉木宏)から債務の返済義務も相続しなければならないと聞く浅子(貫地谷しほり)と望(戸塚純貴)。
借金の具体的な額を知り、父親の発明家気質による金への無頓着さに呆然とする。

銀行からの借り換え返済と営業での売り上げ増額、HPや名札の作成、などできることから着手していく。

かつて芝野が携わった「えびすや本舗」などにやる気十分に売り込みにいく望。
多少空回りしている様子。
途中で芝野は用があるからと別行動をする。
芝野は借入先の銀行へ出向き、新しく作った営業部の話などを揚げ、返済プランの相談つまりリスケの相談をする。
そこでは、芝野がマジテックを手伝うのはトラブルがあったからではないかと疑われる始末。

先天性の障害がある正木希実(宝辺花帆美)に保険のCM出演話があったと母親の奈津美(野波麻帆)から電話を受ける。
芝野と浅子は正木家に訪問し、CMに出演することで1000万円の支援金を受け取れることを聞く。
芝野たちは希実がからわれたりしないかリスクを心配するが、母親は娘のために環境を整えることで多少のマイナスは受け入れる覚悟であることを告げる。
芝野は自分が窓口となり、相手方と話し合う。

マジテック買収のために、債権回収を持ちかけた外資系ファンドのホライズンキャピタルジャパンの社長トミナガ(真矢みき)の所を訪れるライバルの村尾(真島秀和)。買収額で折り合いがつかない様子。

えびすや本舗を訪れる望。
頼めることを考えておくと言われた言葉はやはり社交辞令だったのか門前払いをくらい、営業の厳しさを思い知る。
コンビニのバイトとは違うと弱音を吐くも、明日からも頑張ると息巻く。

希実のCMが決まれば、新しいマジックガードを作るのに・・・。
英興技巧の特許を使う必要がある説明にあがる芝野。
2代目社長に翻弄される専務は歓迎してくれた。帰り際、なぜかそこには村尾の姿が。
なかなか営業がうまくいかない望に営業の極意を説明する芝野。
営業は営業マンの信用され方次第であること、あきらめないこと、諦めなければ終わりがない、望自身で経験を積んでコツを掴むしかないようだ。

カジノでイカサマだと息巻く英興技巧の2代目社長にすりよる村尾。何か企んでいる顔だ。

いよいよ希実のCM撮影が始まる。
なかなかOKを出さない監督に周囲は別日での撮影を提案するが、希実自身が望まず撮影は続行し順調に終え、感動する一同。
芝野は改めてマジテックを潰してはいけないと実感する。

村尾は芝野が返済プラン相談していた銀行に債権譲渡を持ちかける。
そこで、相手の担当者に賄賂も渡そうとする村尾。

従業員桶元のアドバイスを受け、徹夜しながらお客の立場に立って改めて営業活動する望。
えびすや本舗で成果をあげ、試作品作りをさせてもらえることに。

希実のCMが放映されると、希実の母親のパート先に心無い中傷が届く。

スポンサーリンク


感想

芝野と姉弟の会社に対する想い、特に弟が髪を染め素直になってからの成長ぶりが著しくて微笑ましいと思いました。
営業の極意を聞き、自分に落とし込んで奮闘する姿はとても頑張り屋でかっこよくうつりました。
当たり前のようで、なかなか忘れがちな諦めない心やお客様の立場に立って考えることの大切さを望から改めて学んだような気がします。
現場100回なかなか真似できることではないと思います。
他従業員とも団結してこれからも頑張って欲しいです。

一方で、村尾の動きがなんとも不気味でさすが真山仁だと思いました。
眞島さんの鋭い目つきもそれっぽいです。
これから真矢みき演じるファンドとどう嫌なことをしてくるのか見ものです。

そんな中でのCM放映。
マジテックや希実ちゃん自身にはプラスな反面、まさか母親に矢面が立つなんて。
同じ母親としてなんて悲しいんだろうと思いました。
あんな悩んで決めて、頑張って撮影して、玉木宏演じる芝野に男泣きまでさせた撮影だったのに。
心無い中傷がどれだけこれから親子を傷つけるかと思うと本当に悲しい気持ちになりました。

スポンサーリンク