2019年4月22日(月曜日)深夜(24:59)スタートのHey! Say! JUMPの知念侑李さんが主演の「頭に来てもアホとは戦うな!」

元政治家である“田村耕太郎”氏の話題の著書が原作のドラマです。

ここで表現される“アホ”とは「人生の財産である時間・エネルギー・タイミングを奪い、未来を邪魔する人々」を意味するようで、価値観の違う人(アホ)と無理に戦わずうまくかわしていく攻略のような内容です。

『頭に来てもアホとは戦うな!』ドラマ1話のネタバレ感想ですので、まだこれから見る予定の方はご注意ください。

スポンサーリンク


頭に来てもアホとは戦うな!のキャスト



主演の谷村小太郎をHey! Say! JUMPの知念侑李さんが演じ、小太郎の父親に神保悟志さん、小太郎に片思いしている幼なじみに若月佑美さんが演じます。

女性アイドルグループ乃木坂46の元メンバーである若月佑美さんは、あの話題作『今日から俺は!!』で、不良女子高生の川崎明美を演じたのがとても印象的で『頭に来てもアホとは戦うな!』の役も楽しみです。

その他にも、佐藤隆太さん生瀬勝久さんなど個性的なキャストでとても楽しみです。

キャストの詳細は公式HPでご確認ください。

『頭に来てもアホとは戦うな!』キャスト相関図

『頭に来てもアホとは戦うな!』ドラマ1話のゲストは東幹久さんで、熱血アホを演じます。

スポンサーリンク


『頭に来てもアホとは戦うな!』ドラマ1話のあらすじネタバレ



『頭に来てもアホとは戦うな!』ドラマ1話のあらすじ前半は公式サイトでご確認ください。
『頭に来てもアホとは戦うな!』公式サイトあらすじ

谷村小太郎(知念侑李)は叔父の斎藤充(生瀬勝久)が経営していたおもちゃ会社「サイトー」を半年で取り戻すべく、新社長の延暦寺タケル(佐藤隆太)が待つ会社に出勤する。
世の中にはアホがはびこっている、この会社もまんざらではない。

小太郎は「新おもちゃ企画社内コンペ」に申し込むことを決める。
このコンペで決まれば出世コース間違いないそうだ。

そんな中、病気療養中の課長の代理に片岡信二(東幹久)が赴任してくる。
その夜の飲み会で、信兄さんと称し、やたらと若かりし頃の話を延々としてくる。

帰宅した小太郎は、そそくさとお風呂に入り就寝の準備。
小太郎は睡眠負債をためるとどうやらダメらしい。
睡眠不足になって使い物にならなくなるらしい・・・死んだ魚みたいに。

翌日、昼休みに社内コンペに出す手裏剣のデザインを考えていると、信兄さんから「昼休みに仕事なんかするな」とキャッチボールに誘われたり、またもや夜飲みに誘ってきてそこで延々と若い時の話を繰り返す。
おかげで小太郎はまた寝不足になってしまう。

翌日、社内でかつての小学校の同級生の野村由里(若月佑美)と再会を果たす。

信兄さんは相変わらず熱血で悪気もなく、飲み会に誘い更には週末まで釣りに誘ってくる。
釣りでは極意を語り、過去に自分が発案したという「人生楽勝ゲーム」を小太郎に教えてきてドヤ顔。

レポートの提出を要求し、小太郎は応えてしまう。
締め切り2日前になって、社内コンペの企画書をまともに作ることができていない小太郎は信兄さんにイライラを募らせ、「片岡さんがいると仕事にならない」と言ってしまう。
それなのに、熱血兄さんは全く聞く耳を持たず、逆風が立ち込める。

ついに寝不足がたまった小太郎は、締め切り当日の朝になっても企画書は完成していない。
しかもそんな小太郎に信兄さんは相変わらず「俺の若い頃は、、」だ。

そこで小太郎は空に浮かんだ魚見たいな雲からヒントを得て《幽体離脱》方法を思いつく。

心を無にすることで、話をやり過ごす方法だ。

おかげで、ギリギリで企画書を間に合わす。
あわてて提出する。
幼馴染の由里はそんな小太郎に目がハート。

社内コンペは見事に小太郎の案『シュシュシュリケン』が採用され、次のステップに進むことになる。
熱血アホの攻略法を見出した小太郎に立ちはだかる新たな敵が次週現る。

原作本はコチラです

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法 単行本 – 2014/7/8


『頭に来てもアホとは戦うな!』ドラマ1話の感想

久しぶりの知念侑李の主演なのですごく楽しみにしていました。
しかもビジネス書の実写化なので、毎週どんなアホを誰が演じてくれるのかも楽しみです。

知念くんの小さいながらに熱意とパワーがあって元気な若手サラリーマンはとても様になっていて、応援したくなる青年でした。
一方、東幹久の名演技はすごくツボでした。
捉え方一つでハラスメントのオンパレードなのに、なんか憎めないアホな感じがすごくよく表現されていたと思います。

実際にあぁいうアホがいてもなかなか断れなかったりするよなと思いました。
今ではハラスメント扱いで飲み会やら週末まではさすがに付き合わなくても良さそうですが。

人生楽勝ゲームは逆にどんなものか興味があります。
シュシュシュリケンなんかよりも逆に気になってしまいました。
シュシュシュリケンはもちろんどう商品化されて、会社奪還に近づけるのかももちろん気になりますが。

幽体離脱方法については、とても笑えました。
なるほど!と思ったの同時に知念くんの放心演技がとてもおもしくて笑ってしまいました。

この技はいろいろ応用が効きそうです。旦那の小言なんかに。
来週以降どんなアホと戦う?戦わずにいくか楽しみです。
最後に、Hey!Say!JUMPの久しぶりの主題歌もエネルギッシュで知念くんを後押ししてるようでこのドラマにぴったりでした。

スポンサーリンク