医師免許も持っていながらも、あえて放射線技師としての仕事を選んだ五十嵐唯織(窪田正孝)は、幼馴染の甘春杏(本田翼)との約束を忠実に守り、甘春杏一筋にきた切ないくらいピュアな男性です。

しかし幼馴染の甘春杏は、五十嵐唯織のことなど全然覚えてなく、逆に“変態”呼ばわりです。

2話では、子供の“成長痛”と思っていた膝痛からガンを発見した五十嵐唯織。
子供の「痛い」という言葉にもきちんと耳を傾ける必要があると再認識した回でした。

「写真には必ず“真実”が写る」を信じて、次に五十嵐唯織が発見する病気は何なのでしょうか?

甘春杏と五十嵐唯織の関係は進展するのでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク


ドラマ『ラジエーションハウス』のキャスト



ドラマラジエーションハウスのキャストをご紹介します。

  • 五十嵐唯織(いがらしいおり):窪田 正孝
    診療放射線技師
  • 甘春杏(あまかすあん):本田 翼
    放射線科医
  • 広瀬裕乃(ひろせひろの):広瀬アリス
    新人放射線技師
  • 辻村駿太郎:鈴木伸之
    救急担当の整形外科医
  • 鏑木安富:浅野和之
    甘春総合病院放射線科科長兼診療部長
  • 小野寺俊夫:遠藤憲一
    放射線技師長
  • 黒羽たまき:山口紗弥加
    放射線技師
  • 威能圭:丸山智己
    放射線技師
  • 悠木倫:矢野聖人
    放射線技師
  • 軒下吾郎:浜野謙太
    放射線技師
  • 大森渚:和久井映見
    病院長
  • 3話ゲスト:内山理名


  • ドラマ『ラジエーションハウス』3話のあらすじ・ネタバレ


    ⬇ドラマ『ラジエーションハウス』3話前半のあらすじは公式サイトでご確認ください。
    ラジエーションハウス公式サイト

    葉山今日子
    乳がんのレントゲン検査を受けに来た患者、葉山今日子。
    「問題ない」と結果を出される。
    帰りがけの葉山を五十嵐(窪田正孝)が引き止める。

    「葉山はデンスブレストで、それでは正確な結果が出せない」
    「また、近親者に乳がんにかかったことがある人がいるため、乳がんの可能性が捨てきれない」とを伝える。
    葉山は五十嵐を振り切って帰っていく。
    五十嵐は病院に戻ってから、葉山の超音波検査の必要性を甘春にも伝えるが、断られる。

    後日心配になった葉山が五十嵐の元を訪れ、再度検査結果について問う。
    五十嵐は「デンスブレストでは正確な結果が出ない」
    「マンモグラフィでは病気が見つからなかったというだけで、乳がんの可能性が完全に否定された訳ではない」「超音波による再検査をもう一度やらせて欲しい」ということを伝える。

    葉山は正直に話してくれた五十嵐を信頼して「何があっても私には本当のことを話して」「もう曖昧なことは聞きたくない」と言う。
    超音波検査でも大きな異常がみられなかったが、わずかな病気の可能性も見逃したくないと五十嵐は造影剤を入れたMRI検査も提案する。

    この検査から乳がんが見つかる。
    葉山は片方の胸の全摘出が必要であると主治医の谷山から伝えられることになる。

    早期に発見したので命に別状は無い言えど、絶望する葉山。
    7歳も若く、結婚式をやりたがっていた結婚相手に対して、申し訳ないと思っていて、まだまだ他の出会いも期待できる相手のために結婚を諦めようとすらしている葉山を、黒羽は「生きるために決断したあなたを心から尊敬しています」と励ます。

    黒羽
    広瀬は勤務時間が終わっても胸部レントゲンの撮り方を復習し、マネキンで練習をしていた。
    黒羽は、そんな広瀬に「本物で練習すれば?」と練習台をかって出る。
    撮ったデータは黒羽自身がUSBに抜きとって削除されてしまう。
    広瀬は黒羽のデータが削除されていることに不思議におもい、削除されていた黒羽のデータを復元したところ乳がんのような影が見える。
    広瀬はデータを持ち帰る。

    翌日、朝早くから広瀬が黒羽のデータを見ながら乳がん検査について調べている広瀬。
    技師長が朝から勉強する広瀬に「感心だな」と話しかける。
    広瀬が持っているデータの撮影日時が診察終了後だったため、院内で働く人間の検査データだと感づく。
    その後の広瀬の様子から、その撮影データが黒羽のものであると察した。

    広瀬は、黒羽の乳がんを疑い、超音波検査の練習にも付き合ってほしいと申し出る。
    黒羽自身も乳がんかも知れないと思っていた恐さ故に、追加の検査を嫌がるが、技師長の後押しもあり、広瀬の超音波検査をうける。
    結果は良性の腫瘤であることがわかった。


    ドラマ『ラジエーションハウス』3話の感想

    追加の検査結果により、乳がんではなかった黒羽と、追加検査により乳がんが見つかった葉山とが、並行して描かれている回でした。

    今回の放送で、乳がんについての知識がつきました。

    日本人の女性の半数以上がデンスブレストという状態であり、その状態の場合はマンモグラフィだけでは乳がんかどうかの判断がつきにくいということ、デンスブレストかどうかに関わらず、マンモグラフィと一緒に超音波検査もした方がいいということ等がすごく勉強になりました。

    きっと今回の放送を見て、乳がんへの関心や、患者への配慮、検査をしてみようという女性の意思を引き出された女性も多いのではないかと思いました。

    大切な人が乳がんだったときの男性の考え方や、どう寄り添ったら良いかを考えるきっかけになるので、男性にとっても見る意味のある回だったと思いました。

    甘春と五十嵐の距離も少しずつ近いてきましたし、五十嵐をはじめとする放射線技師たちの意見を尊重する優しい姿も見られるようになってきたので、毎回楽しみです。

    スポンサーリンク