NHK連続テレビ小説『なつぞら』6週目のあらすじ(ネタバレ)と番組を観た感想です。

無事、東京に住む兄と再会することができたなつ(広瀬すずさん)ですが、今後どのような過程を経て東京に行くことになるのでしょうか?

なつを手元に置きたい気持ちが強い泰樹さん(草刈正雄さん)は、なつと照男兄ちゃん(清原翔さん)との結婚も考えているようですがどうなるのでしょうか?

第6週(5月6日~5月11日)のテーマは『なつよ、雪原に愛を叫べ』です。


関連記事

スポンサーリンク


なつぞらあらすじ第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」




 
兄・咲太郎(岡田将生)を探すため、東京を訪れていたなつ(広瀬すず)と富士子(松嶋菜々子)。
ふたりは偶然、天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)と再会する。
陽平は東京の美大に通いながら、漫画映画を作る会社で働いていた。
なつは陽平に誘われて会社を見学、漫画映画の制作現場を目の当たりにし、心を奪われる。
一方、十勝では、照男(清原翔)が大事な話があると天陽を呼び出していた。
なつへの思いを確かめようとしていたのだ。
そんな二人は青年団のスキー大会で対決することになり、それを見つめるなつは・・・。

【引用:NHKなつぞら公式サイト】



5/6なつぞら31話のあらすじと感想



31話あらすじ・ネタバレ

咲太郎(岡田将生)を探すため、東京を訪れたなつ(広瀬すず)と富士子(松嶋菜々子)。
ふたりは偶然、天陽(吉沢亮)の兄・陽平(犬飼貴丈)と再会する。
そこでなつは、陽平が、漫画動画を作る会社で働いていることを知る。
子供のころに学校でアメリカの漫画映画を見たときの感動を覚えているなつは、陽平に誘われるがまま、スタジオ見学に行くことに。
そしてなつは、漫画動画を制作する「新東京動画社」に足を踏み入れた…。

【引用:Yahooテレビ】



感想


C子:30代C子:30代

なつはついに夢への扉を開きましたね。
遠い憧れのようなふんわりとした漫画映画という仕事が、現実に「アニメーター」という仕事としてはっきり見て感じて知ったという体験はとても大きな出来事だと思います。
しかも女性だってどんな事をしていたって勉強できるしアニメーターになれるとプロの人から口に出して言ってもらったのは一気に現実味を帯びて感じた事でしょう。
これからのなつの北海道生活にも重要なきっかけとなったのは確かだと思います。


M美:20代M美:20代

今週もなつぞら、始まりました。
咲太郎お兄ちゃんのその後も気になる所ですが、今日は進展せず…。代わりに陽平さんが出てきました。
さすが、天陽君のお兄ちゃん!陽平さんもイケメンですね。
そして、陽平さんに誘われて、いよいよこの作品のテーマでもあるアニメを作るアニメーターという職業になつが出会いました。
なつが画力テスト?を受けている時になんかなつの薪割りの動きに合わせて動く奥の方の人が気になるなぁと思っていたら麒麟の川島さん!
今までの朝ドラもそうだったのか、なつぞらが100作目だからなのか分かりませんが、毎週ちょっとおぉ!となるゲストの方が出てきて驚きと同時に、過去の朝ドラヒロインの女優さんがちょこちょこと出てきているので、どうせなら過去99作全てのヒロインに物語のどこかで登場してもらいたいなぁと楽しみにしているところです。
北海道の照男お兄ちゃんと泰樹さんの話の続きも気になりますし、今日は全ての出来事が気になるところで終わっているので、早く話が進むと良いなぁと明日に期待しています。


5/7なつぞら32話のあらすじと感想

32話あらすじ・ネタバレ

東京でなつ(広瀬すず)は、兄の咲太郎(岡田将生)と再会を果たす。しかし、咲太郎は再び行方がわからなくなってしまう。北海道に戻り、酪農の仕事に精を出すなつ。そんなある日、なつは照男(清原翔)から呼び出され、帯広で上映するディズニー映画のチケットを2枚渡される。大喜びするなつに、なぜか天陽(吉沢亮)とふたりで行ってこいと促す照男。そんなふたりのやり取りを泰樹(草刈正雄)が遠くから見ていた…。

【引用:Yahooテレビ】


感想


番組視聴後に更新します。

5/8なつぞら33話のあらすじと感想

33話あらすじ・ネタバレ

なつ(広瀬すず)の結婚について、泰樹(草刈正雄)に企(たくら)みがあることを、富士子(松嶋菜々子)と剛男(藤木直人)が知る。それから数日後、なつと天陽(吉沢亮)は、照男(清原翔)からもらったチケットを手に、帯広の映画館を訪れた。上映ブザーが映画館に鳴り響き、満員の客席が闇に包まれていく。なつは、夢のような漫画動画の世界に浸っていく…。

【引用:Yahooテレビ】


感想


番組視聴後に更新します。


5/9なつぞ34話のあらすじと感想

34話あらすじ・ネタバレ

帯広で映画を見た帰り道、なつ(広瀬すず)と天陽(吉沢亮)は雪月に立ち寄る。店主の雪之助(安田顕)は、雪次郎(山田裕貴)とともに試作品を作ったと、バターを使った焼き菓子を振る舞う。雪之助はなつに、十勝の食材を使ったこの焼き菓子を、いずれは地元の名産にしたいと語り、そこに使うバターについて、なつに相談したいと持ちかける。雪之助たちから期待されるなつの姿に天陽は、なつの心の内にあるものを感じていた…。

【引用:Yahooテレビ】


感想


番組視聴後に更新します。

5/10なつぞら35話のあらすじと感想

35話あらすじ・ネタバレ

クロスカントリーのスキー大会が開かれ、天陽(吉沢亮)と照男(清原翔)が出場することになった。大会の当日の朝、照男は天陽を呼び出し、なつ(広瀬すず)に対する思いを聞き出す。一方の天陽も、照男に自分の思いをぶつける。そして天陽と照男はある約束を交わす。そしてスタートのフラッグが振られた。天陽と照男の約束を知らないなつは、ふたりを同時に応援するが…。

【引用:Yahooテレビ】


感想


番組視聴後に更新します。

5/11なつぞら36話のあらすじと感想

36話あらすじ・ネタバレ

スキー大会の翌日、天陽(吉沢亮)の家に行く約束をしていたなつ(広瀬すず)。出かけようとすると、泰樹(草刈正雄)が話があると引き留めた。そこで泰樹は、なつに結婚話を持ちかける。突然の話に驚くなつは、泰樹が薦める相手の名前を聞き、さらにショックを受ける。そこに照男(清原翔)が現れ、取り乱すなつを落ち着かせ、天陽の家に向かうよう促した。その場を走り去ったなつは、天陽の家に向かい雪原の中を歩き出すが…。

【引用:Yahooテレビ】


感想


番組視聴後に更新します。

スポンサーリンク