原田知世さん田中圭さんのダブル主演のドラマ『あなたの番です』4話のネタバレと感想です。

毎回誰かが殺されるという、すごく不気味なドラマですが、マンションの住人が本当に殺人を起こしているのでしょうか?

すごく不思議なミステリーで謎です。


関連記事

【あなたの番です】ドラマ3話のネタバレと感想!タナカマサオはカナ表記!

スポンサーリンク


ドラマ『あなたの番です』キャスト



新婚夫婦の菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)が暮らすマンションで次々に起こる不気味な殺人事件。

キャストは、マンションの住人がほとんどです。

主演の原田知世さん、田中圭さんはじめ、竹中直人さん、安藤正信さん、木村多江さん、生瀬勝久さん、袴田吉彦さんなど豪華なキャストで繰り広げられる殺人ゲーム、犯人は誰なのかすごく気になります。

また、謎の不気味な男性を演じるのは野間口徹さんです。

スポンサーリンク


『あなたの番です』4話あらすじ、ネタバレ


早苗と久住と菜奈の井戸端会議

タナカマサオを殺したのが藤井なのではないか?
死んだ管理人や山際と、あのゲームとの関係性は?
最初に管理人を殺した人から「あなたの番です」と脅迫されている人が他にもいるのではないか?
シンイーが受け取った紙に書いてある名前は誰だったのか?

菜奈が翔太についた嘘がばれる

小野が通勤中の翔太を尾行して話しかける。
恒例の手作りのプレゼントを渡す。

会話の流れで小野が「翔太さんだったら誰を殺したいですか?」と切り出し、話が噛み合わなかったことで「あれ、奥さんから交換殺人ゲームについて聞いてないんですか?」と。

翔太はジムの顧客である細川に菜奈との喧嘩について相談する。
「なんで俺に相談してくれないのかな」と不安そうな翔太に対して、細川は「翔太の名前を書いちゃったからじゃないか?」と言う。

翔太は「実は俺たちすっごいラブラブなのでそれはないと思います」と惚気で返す。
細川は不気味に微笑んでいる。
この後、菜奈の仕事仲間とのシーンで細川が菜奈の元旦那であるような描写がされるが、真相は不明。
翔太も細川と菜奈の関係を知らず、相談相手として、ジムの顧客として信頼しきっている。

田宮寝込んでいる

田宮(生瀬勝久さん)は、設置した防犯カメラで何かを見てからずっと引きこもってしまって、住民会にも出ていない。

住民会


久住が藤井に殺したのかどうかを確かめる。

否定する藤井に一同安堵する
田宮不在。
防犯カメラを勝手に取り付けていた件について「世直しらしいがどんな意図があったのか?」
田崎「ゲームについて言っておきたいことがある」と切り出した。

田崎の言い分

  • 自分で自分の名前を書いてしまった
  • 私は殺したい人がいなかったから自分の名前を書いた
  • スラスラと殺したい人を書ける皆さんのほうがおかしい
  • 私の紙引いた人いますよね?それ、書いたの私なんです
  • 私の紙を引いた人は私を殺さないように
  • 誰が私の紙を引いたんですか?→該当者いない
  • 今日いない人ってことじゃないですか?
  • 皆さんが誰の名前を書いたのかここで言い合いましょう
  • そうすればスッキリするので

  • ここで木下が「おくれました。すいません」と言いながら入室してくる。

    木下は殺したい人を書いた回の住民会に出席していなかったため早苗が「ちょうど今会議がおわったところなんですよ、お疲れ様でした」と強引に会議を終わらせた。

    そのあと、部屋に残った浮田、田崎、菜奈、黒島の4人で会話は続く

    浮田「誰の紙を書いたかなんて全員の前で言える訳が無いだろう。俺の紙には“赤池幸子”そう俺が書いてあった。俺が引いた紙には少なくともお前の名前は書いてなかった。安心したか?」
    黒島「赤池幸子って502号室のあのおばあちゃん…」
    浮田「そう。だから書いたのは絶対あの赤池家の嫁だよな。そうするとお前は、私はおばあちゃんを殺したいですってあの場であの嫁に言わせるようなもんだったんだぞ」
    黒島「織田信長って書いてありました。特に死んで欲しいひとがいなくて、そうやって書いたのではないか」
    田崎「吉村って書いてあった。誰のことかさっぱり」
    菜奈「平仮名でこうのたかふみって書いてあった」
    浮田「身元が割れてるのは赤池のばあさんだけか。何もないといいけどな」
    田崎「紙をもっているのは浮田さんなんですから浮田さんが何もしなければいいじゃないですか」
    浮田「このどさくさに紛れて赤池家の嫁がばあさんを殺すんじゃないかと思っている。最近みんな人殺しに見えてきた」

    赤池家

    幸子の美里への嫌味な口撃は続いている。
    「あなた良かったわね、私の介護ができて。介護する相手が居なかったら、ただ身長が大きいだけになっちゃうものね」
    「頭を使わないから栄養が身体にいっちゃうのね」

    ある日の美里と旦那、幸子の3人の食卓。
    突然美里が部屋の電気を消した。
    するとバースデーソングを歌いながら里美がロウソクのついているホールケーキを持ってくる。
    幸子「誰の誕生日だっていうのよ」
    美里「私です」
    そういってロウソクの火を消すと再び部屋は真っ暗に。

    赤池一家が住んでいる502号室から聞こえた大きな物音。

    心配した早苗、菜奈、翔太、藤井の4人が駆けつけたころには、事件が起きたあとだった。
    美里と旦那が刺殺されていて、幸子はビニール袋で目隠しされていた。
    息をしていたが、パニック状態だった。


    『あなたの番です』4話感想

    赤池幸子が殺されると思っていたので、幸子以外の2人が殺されたことに、とにかくびっくりしました。
    赤池夫婦の名前を書いた人がいるのか、殺したのは誰だったのか、シンイーは行動に移したのか、など全く予想がつきませんでした。

    また、浮田の職業も気になりました。
    居候している妹尾と柿沼と3人で仕事をしているということと、「職業上人から嫌われることには慣れている」ということと、白いハイエースをいつも仕事に使っている、その白いハイエースにはいつも汚れたダンボールが積んであるということだけがヒントですが、今回は指紋や足跡のつかないように全身黒ずくめの服装をしている様子が映っていたので、殺し屋のように見えました。

    今回で円満に見えた手塚夫婦の雲行きが怪しくなってきました。

    細川という男の不気味な微笑みがずっと謎でした。
    菜奈との関係性を探るために翔太にジムのユーザーとして近づいたのかと思うと怖かったです。

    細川が元夫のような描写がありましたが、菜奈が翔太との婚姻届をまだ出さないのは、想像するに、細川との関係が、離婚という形でしっかり解消されていないからではないかと思いました。

    スポンサーリンク