唐沢寿明さんと真木よう子さん主演の日本テレビの土曜ドラマ『ボイス110緊急指令室』ご覧になりました?

初回からあまりの怖さにドキドキしました。

韓国ドラマ『ボイス~112の奇跡~』のリメイク版なのですが、原作も犯人がすごく猟奇的なサイコパスで身の毛がよだつほど怖いです。

日本ドラマ『ボイス110緊急指令室』では誰が犯人役を演じるのかすごく興味を持ったのですが、1話2話を見てあの俳優さんしかいないなーと思いました。

【追記】8月3日放送の『ボイス110緊急指令室』4話で、手塚とおるさんが犯人役として出演されますが・・・、おそらく手塚とおるさんは・・・。

スポンサーリンク


ボイス日本ドラマの犯人役は?



韓国ドラマのリメイク版として、唐沢寿明さんと真木よう子さんが主演の『ボイス110緊急指令室』ですが、なんと言っても犯人がかなり猟奇的で人の命をなんとも思ってないサイコパスです。



韓国版のドラマではスーツの似合うキム・ジェウクさんが犯人役だったのですが、この方がめっちゃカッコいいイケメンなんです。

モ・テグ(ソウナン通運社長)と言って、地位もお金もあり手に入らないのもはなにもない・・・というような役どころなのです。

長身でイケメンでサイコパスなので、怖さ倍増だったのですww

日本版でリメイクされると聞いて、この犯人役は個人的には新田真剣佑さんが似合いそうだなーと思ってました。
(個人的には『僕たちがやりました』のときの真剣佑さんがそのイメージになんとなくしっくりしたので。)

しかし、ボイスの日本版ドラマを見たとき、犯人は顔を隠したままの出演でしたが何となく雰囲気で伊勢谷友介さんではないかと思いました。

声の雰囲気や、ちょっと画面に写った口元が伊勢谷友介さんにそっくりだったのです。

スポンサーリンク


ボイス日本ドラマの犯人役ネットの反応は?









エンドロールでも伊勢谷友介さんの名前はないし、犯人らしい人物は特定されてないのですが、ドラマ『ボイス110緊急指令室』を観た人は気づいている人が多いですね。


手塚とおるさんが犯人役?【追記】



※ネタバレありますので、ご注意ください。

8月3日放送の『ボイス110緊急指令室』4話で、手塚とおるさんが犯人役として出演されました。

手塚とおるさんも猟奇的な犯人には間違いないのですが、真犯人は別にいるのです。

韓国ドラマ『ボイス~112の奇跡~』でも、真犯人は結構最後の方までわからずに、それまでは別の人が犯人として結構出演していました。

後々でわかるのですが、真犯人の義兄という人物が途中まで犯人として出演してました。

韓国版に沿えば、おそらく手塚とおるさんの役は真犯人の義兄になるのでしょうが、日本版はどのようなストーリーになるのでしょうか?

設定もほぼ韓国版に近いストーリーになっているような気がします。

手塚とおるさんも本当に怖い悪役を演じると思いますが、もっと怖いのは誰もとめることができないくらい猟奇的な真犯人がいるのです。

筆者は真犯人は伊勢谷友介さんに間違いないと考察します。


さいごに

ドラマ『ボイス110緊急指令室』では誰が犯人役は誰なのか・・・ということで、きっと伊勢谷友介さんで間違いないと思います。

犯人の顔は韓国ドラマ『ボイス~112の奇跡~』でも途中からしか登場しないので、日本版でも最初は出演しないと思いますが、犯人登場も楽しみです。

伊勢谷友介さんも長身でイケメン、スーツ姿もビシッと決まる素敵な俳優さんなので、韓国版モ・テグの犯人役だとしてもバッチリはまりそうですね。

ストーリーの展開が早く、ハラハラドキドキの『ボイス110緊急指令室』。

原作みてても、日本版もハラハラドキドキしてしまいます。

スポンサーリンク