PL学園といえば高校野球甲子園の常連校でしたよね。
しかし部内暴力や数々の問題がクローズアップされ2016年に廃部になっていました。

そのPL学園野球部が復活するのでは??というニュースが飛び込んできました。

もし復活となれば野球部立て直しの新監督は誰になるのでしょうか?

PL学園といえば、あの桑田清原コンビですが、彼らが新監督になる可能性はあるのでしょうか?
ちょっと勝手に考察してみました。

スポンサーリンク


PL学園野球部復活の可能性は?



甲子園制覇7回、春夏通算96勝という野球の名門だったPL学園野球部ですが、2016年に廃部をしてからは甲子園でみることなかったのでちょっとさみしかったですよね。

そのPL学園が復活する可能性のニュースはあの桑田真澄さんの活動が一躍かっているようです。


桑田真澄さんはマスターズ甲子園にPL学園OBチームを結成し、2019年11月には予選で勝ち進み甲子園出場も果たすなど結果を残してきました。

母校であるPL学園を訪問した際、教団側にOBチームの活動報告や意見交換など地道な話し合いをかさねてきたようです。

ただ、野球部を復部させてほしいという希望だけではなく、どのように復部させるのかお互いの考えや意向を何度も時間をかけて話し合ったとのことです。

「マスターズ甲子園」では予選を勝ち上がり、11月9日に甲子園出場。利根商を相手に5-1で勝利した。スタンドには阪神・福留がサプライズで駆けつけるなど、OBらが1400人集結。PL学園名物の人文字や、ブラスバンド、チアリーディングでの応援などオールドファンの心をくすぐった。別のOBは「あれだけの皆さんが集まってくれた。みんな、やってよかった、といっている」と振り返った。

 関係者によると名門復活を望む波を教団側も感じ取り、態度を軟化させた可能性があるという。巨人のエースとしてNPB通算173勝をマークし、卒業後も教団と良好な関係を築いてきた桑田氏が積極的に復部に向けて尽力していることも教団側を動かした要因だ。


2020年1月11日PL学園野球部OB会総会で会長である桑田真澄さんからの報告があるとのことで、復活の可能性はそこで正式にわかるはずです。

SAKISAKI

桑田真澄さんのPL愛や野球愛を痛切に感じました。
地道に陰で努力される姿に、本当にPL学園復活を応援したくなります。


PL学園野球部復活についての意見の数々

ツイッターでもたくさんの意見がつぶやかれてました。











SAKISAKI

いますぐには復活できないにしても、個人的には復活してほしいです。
野球部の悪しき伝統や習慣を一層し、新生PL学園野球部として高校野球界を賑わしてほしいなー。


スポンサーリンク


PL学園復活後の新監督は誰なのか予想してみました!


復部となれば教団の信者であることが条件となる監督の人選、選手の募集だけではなく、トラブルを二度と起こさない仕組みも必要になる。


SAKISAKI

“教団”という表現をすることで、改めて宗教関連なのだなぁと気づかされます。
監督は教団の信者が条件のひとつのようですね。


もしPL学園野球部が復活したら、新監督は誰になるのだろうかが気になりますが、信者かどうかは抜きにして勝手に考察してみました。

PL学園出身のプロ野球選手といえば、あの桑田清原コンビが一番先に頭に浮かびます。

桑田真澄選さんは、今回PL学園のOB会長として尽力されてますので新監督に選ばれる可能性はあるのではないでしょうか?というか、選ばれてほしいなーという希望ですね。

清原和博さんも個人的にはすごく好きですが、どうしても不祥事があったため監督としての就任はまずないだろうと思います。

しかし、清原和博さんもPL愛や野球愛はすごくあると思いますので、PL学園野球部復活の際に何らかの形で陰でサポートすることができて、桑田清原コンビで野球部立て直しができればいいなーと個人的に考えてます。

PL野球部出身のプロ野球選手は他にもたくさんいらっしゃって、立浪和義元選手や宮本慎也元選手などたくさんご活躍された方が多いです。
PL学園高等学校出身の野球選手

PL学園出身の選手が、野球部復活にむけて立ちあがり強いPL学園野球部をつくってまた甲子園を賑わせてくれたら嬉しいです。