ドラマ『知らなくていいコト』のあらすじ・ネタバレをご紹介します。

ケイト(吉高由里子)と殺人犯の乃十阿徹(小林薫)の関係が明らかに!
婚約解消された恋人の春樹(重岡大毅)との関係は・・・?

2話ではDNA婚活についての内容で、結婚にDNAは関係かるのかどうか考えさせられます。
ネタバレ内容含みますので、ドラマを観てない方は気をつけてください。

スポンサーリンク


知らなくていいコト・主なキャスト

  • 脚本:大石静 オリジナル
  • 吉高由里子(主演):真壁ケイト役
    『週刊イースト』特集班に所属し、不正やスキャンダルなどスクープを狙う敏腕記者。
  • 柄本佑:尾高由一郎役
    真壁ケイトの元カレ。フリーランスの動物カメラマンですいが元々は報道カメラマン。ケイトの秘密を知っている?
  • 重岡大毅(ジャニーズWEST):野中春樹役
    真壁ケイトの同僚で彼氏だったが、ケイトが殺人犯の娘かも・・・と知って別れを切り出す。
  • 秋吉久美子:真壁杏南役
    シングルマザーでケイトを育ててきた母親。謎の言葉をケイトに言い残し他界する。
  • 小林薫:乃十阿徹役
    この物語のキーマンになるであろう人物。元殺人犯でケイトの父親かも、と言われているが・・・。


  • 『知らなくていいコト』2話のあらすじ・ネタバレ


    未練が残るケイト

    その後、ハルくんはケイトに対して急によそよそしくなり、話す時もほとんど目を合わせず敬語で話す。

    出勤前のハルくんをカフェに誘い、ケイトは、キアヌリーブスの子供である可能性もまだ捨てきれないことと、時系列的な条件が揃っているだけで乃十阿の子だと証明するものは何もないことから、「別れると結論づけるにはまだ早くない?撤回しない?」と復縁を提案する。

    ハルくんは一度も微笑むことなく「決まったことだ」「自分なりに考え抜いたことだ」と復縁の可能性を否定し「編集部ではこれからも今まで通りお願いします」と冷たい表情で去っていく。

    その後、ケイトが取材に出かけて不在のところを狙って、ハルくんが編集長を呼び出す。
    ケイトと別れたことで次の異動のタイミングで編集部から自分を外して欲しいと申し出る。

    編集長は「大事な戦力だから」と異動させない方向であることを伝え「男女問題と仕事は別」「週刊誌で働く以上、過ぎてしまったことは忘れるように」と、集中して通常業務に戻るように促される。


    DNA婚活へ取材

    ケイトはDNA婚活に関する取材の仕事を引き受ける。
    唾液からDNAを事前に採取して、相性の良い者同士でマッチングできるパーティがあるという。

    事前に仕入れた情報では、

  • DNAに特化した婚活パーティーは珍しい
  • DNAでマッチングしたカップルからは免疫力の強い子供が生まれる
  • DNA的に相性の良い者同士は惹かれ合う
  • 別れるリスクが少ない
  • などがDNA婚活事業が流行っている理由だという。

    早速ケイトは婚活パーティー会場へ取材に行く。

    DNAマッチングが合理的・正当だというイメージが参加者に強く刷り込まれるような演出が多く、ケイトたち取材陣から見ると「洗脳みたいだ」と思える点が多々あった。
    しかし事務局や司会者は「洗脳ではなく、化学だ」と言い張る。

    数十名参加していたが、1組を除いて全員カップルが成立し、確かにその成約率は高かった。

    パーティで唯一マッチングできなかった男(山際)は、実は運営側の女性スタッフの1人(笹野)と付き合っていた。
    会場の外で待ち合わせをして一緒に帰っている2人の姿をケイトたちが目撃して発覚した。

    翌日、付き合っている人がいるのにDNA婚活に参加した理由を突き止めにケイトは山際の職場を訪ねた。


    2人への取材の内容

  • 70%以上のマッチング率が無いと相性が良いとはいえないというDNA婚活界で、笹野と山際の相性は10%に満たない。
  • 山際はDNAの相性が悪くても笹野が好きで仕方がない
  • 笹野は山際の気持ちは嬉しいがDNAの相性が悪いのでいつか上手くいかなくなるのではないかと思っている
  • 山際は何とか相手を模索しようと、6回もDNA婚活に参加したのにどうしても笹野が気になってしまう


  • ケイトがいる前で山際が唐突に笹野にプロポーズする。
    「DNAの相性は10%でも10倍努力するから結婚して下さい!」と言う山際に対して、笹野はDNAのパーセンテージが低いことを理由にすぐに返事ができず戸惑ってしまう。


    ケイトは笹野の背中を押す。
    「10倍努力するなんて言ってくれてるんですよ」
    「DNAなんて気にしないなんて言ってくれる人、DNA関係なくプロポーズしてくれる人、他にいませんよ!」とハルくんに犯罪者DNAを理由に振られた自分と重ねながら、泣きそうな感情を抑えて訴える。

    笹野に対し、「乗り越えてください!逆境に負けないでください!」
    山際に対し、「笹野さんだって山際さんの事好きです、誰が見たって分かります!大事にして下さい!」
    と言い残して取材を終え、事務所に戻ってすぐにケイトは記事を書いた。

    「DNAや化学を信じる結婚の形もあるが、DNAを信じずに直感を信じて恋愛を頑張る人もいる」という記事で、出版後の反響も上々だった。


    ケイト、ハルくんへの未練を絶つ

    残業で事務所にハルくんと2人きりになったケイトは、気まずい空気を何とかしようと、コーヒーをハルくんのデスクに差し入れて話しかけにいく。

    それに対して、
    乃十阿が毒殺殺人事件の犯罪者ということもあり、ハルくんはケイトの持ってきたコーヒーとケイトの顔を冷たい眼差しで睨みつける。

    ケイトはその軽蔑した目に傷つき
    「そんな恐ろしい人を見るような目で見ないでよ。私が何したっていうの?私が人殺しだとでも思ってるの?それって差別じゃない?」とハルくんに言う。

    ハルくんは否定しない。
    ケイトは続けて「そんな風に思ってたんだ。見損なったよ、野中」とケイトは走って事務所から立ち去った。


    尾高から聞かされる真相

    がっくりと肩を落として歩いている帰宅途中のケイトを運転中の尾高が見つけて「送っていくよ」と声をかける。
    尾高はコウモリの撮影地に向かっているところだった。
    夜通しでコウモリを撮影するという尾高に、ケイトも気晴らしに付いていくことにした。

    撮影を終えたところでケイトは
    「乃十阿徹が自分の父親だと前から知ってたのではないか」と尾高を問いただす。
    尾高がやっと口を割った。

    尾高とケイトがまだ付き合っていた頃、尾高は乃十阿徹の出所写真を撮影し、週刊イーストに掲載した。
    その記事を見たケイトの母から尾高に連絡があり、乃十阿はケイトの父親であることと、乃十阿をもう追いかけるのはやめて欲しいということが告げられた。

  • 大学の講師と学生という関係でありながら乃十阿とケイトの母は恋仲だった
  • 乃十阿は結婚していて子供もいた、つまり不倫だった
  • 乃十阿と自分の関係について、証が欲しかった為ケイトを授かった時産もうと決意した
  • ケイトがいつか乃十阿と自分の接点を知るようになったら母として耐えられない
  • 乃十阿とのことはそっとしておいてほしい
  • それを分かった上でケイトを生涯守ってあげてほしい

  • ケイトの母から頼まれた尾高は、ケイトと破局してからも誰にも言わずにその秘密は守っていたのだった。


    ケイトは尾高にプロポーズされた過去を振り返る

    ケイトは編集長との飲んだ帰りに
    「聞きたいことがある」と尾高の家に立ち寄った。(以下ケイトと尾高のやりとり)

  • 母との約束で乃十阿徹のことずっと黙ってたのに、何で話してくれるようになったのか
    ・ケイトが辛そうだったから
  • ケイトにプロポーズした時のことを覚えているか、なぜプロポーズしたか
    ・ケイトに振られた日を忘れる訳がない。2人は結婚という形をとらなくても仲良く付き合っていければいいという関係で同意していたが、どうしてもケイトを離したくなくないという気持ちが強くなりプロポーズした。(回想シーン:尾高のプロポーズにケイトはまともに取り合わず、その場であっさりと断る)
  • ケイトが乃十阿徹の子供だと分かっていて結婚しようと思ってくれてたのか
    ・うん

  • ハルくんに婚約破棄された瞬間を思い出してケイトは泣く。
    『何であの時気づかなかったんだろう。何でこの人を捨ててハルくんに乗り換えたんだろう。時間よ、戻れ…』


    『知らなくていいコト』2話の感想

    尾高がケイトの血縁関係を知っているのに話さないのは、いつか足元をすくってプライベートを全てスクープにして暴くつもりなのだと思っていました。

    俳優の柄本さんの顔つき的にも表情が読み取りにくく、1話では尾高が敵か味方か判断ができなかったのですが、今回で一気に株が急上昇しました。

    これを見た人は全員尾高のこと好きになると思います。

    ケイトが差し入れたコーヒーを拒否するハルくんの目付きがすごく恐ろしくて鳥肌が立ちました。

    軽蔑しているような、恨んでいるような、何とも言えない鋭くて冷たい目をしていて、目力と演技力がすごかったです。

    ハルくんの目が印象的すぎて、もしかしたら、ハルくんの兄弟や親しい人が乃十阿徹の無差別殺人事件の被害者で、その恨みからケイトのことも拒絶しているのではないか…などと深読みしてしまう程でした。

    父親が犯罪者だとわかっていてもプロポーズする尾高と、父親が犯罪者だとしってプロポーズを取り下げるハルくんでは、明らかにケイトがは尾高を選んでおくべきだったのに…と勿体ない気持ちでいっぱいになりました。

    スポンサーリンク