天海祐希さん主演の医療ドラマ『トップナイフ』1話のあらすじ・ネタバレをご紹介します。
天海祐希さんのドラマは大好きで、しかも医療ドラマとあって期待満々です。

1話は性格変化した夫の手術をするべきかどうかに悩む家族の葛藤が描かれています。

脳腫瘍で性格が変わる??
記事はネタバレ含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク



トップナイフ・主なキャスト



  • 脚本:林宏司
  • 天海祐希(主演):深山瑤子(家族を捨て、メスを握った脳外科の女帝)
  • 三浦友和:今出川孝雄(真意を見せない脳外科のクセ者)
  • 椎名桔平:黒岩健吾(愛に飢えたトップナイフ)
  • 永山絢斗:西郡琢磨(心を閉ざした孤高の秀才)
  • 広瀬アリス:小机幸子(自称“天才”のド新人)


  • トップナイフ1話のあらすじ・ネタバレ


    東都総合病院で“女帝”と名高い脳神経外科医の深山 瑤子(天海祐希)は、脳外部長の今出川 孝雄(三浦友和)から、新しく赴任する3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられ、ストレスを抱えていた。

    “世界のクロイワ”の異名を持つ世界的名医だが私生活では女癖の悪さで有名な黒岩 健吾(椎名桔平)、外科とカテーテルの二刀流で三度の飯よりオペが好きな西郡 琢磨(永山絢斗)、そして医学部を首席で卒業した自信家だが現場での実力が伴っていないことに自覚のない専門研修医の 小机 幸子(広瀬アリス)。

    この日、赴任早々、急患の対応を任されフリーズした幸子の前に現れた深山は、的確な判断と鮮やかな腕で患者の危機を救う。
    一度傷つけば取り返しのつかない“脳”を扱う脳神経外科は執刀医の腕が全て。

    深山は現場で使い物にならない幸子に早速苛立ちを覚える。
    さらにナースたちの間では腕の立つ“トップナイフ”である黒岩と西郡が“女帝”と衝突するだろうと噂されており・・・。

    そんな中、深山は黒岩がオペを担当する脳腫瘍患者の妻・宅間みどり(堀内敬子)から「もっとしっかり患者を診てくれる先生に手術をやってもらいたい」と急遽オペの中止を頼まれる。
    これまでの経過を診てきた深山が代わりにオペを請け負うものの、みどりの反応はなぜか冴えない。

    さらに深山は簡単に自分の患者のオペを譲る黒岩と、患者との向き合い方をめぐって衝突!黒岩にライバル心を燃やす西郡がサポートに入り、宅間浩のオペが行われることになる。
    だがオペ直前、“ある秘密”を抱えたみどりが再び手術の中止を申し出る・・・。


    工場で爆発事故が起きて患者が搬送されてくる。爆発の起きた工場で勤務中だった①重症の42歳男性、バイクの運転中に爆発の煽りで転倒した②軽傷の32歳女性。

    患者①42歳男性

    小机は配属早々の緊急事態で、多くのナース達から指示を仰がれるが何一つ判断を下せず、右往左往していた。
    そこで深山が登場し、限られた情報から患者を脳ヘルニアと判断した。

    さらにその状況からオペ室に運んでいる暇がないと判断し、初療室で需要な処置を短時間で終わらせる。
    深山の迅速な判断や指示出し、正確なオペに小机は唖然としてしまい、サポートに回るも覚束ないまま終始した。

    患者②32歳女性

    膝や肘を叩いて触診した小机の診断は「異常なし」。
    その日のうちに退院を促したが、しばらくして女性は待合室のイスで横たわったまま起き上がれなくなってしまう。

    心配した看護師が話しかけると手足が痺れて、指の曲げ伸ばしができないと言う。
    数時間後には指だけでなく膝や肘から下のコントロールができないほどに悪化していた。

    脊髄に血腫ができるという、滅多に起きない症例だった。
    一刻を争う状況だったがそこに偶然居合わせた黒岩が、わずかな時間とたった数回の触診で病状を見抜いた。

    オペ室と同意書の手配や各所への指示を出し、黒岩は驚きの速さで手術を終え、女性は一命をとりとめた。


    急に自分の部下として採用された3人の新人をまとめるのにイライラしいている深山は
    「こんなに役に立たないなんて聞いていない。今の脳外科にあの新人は本当に必要か」
    と上司(今出川)に噛み付く。

    変化も必要だから、と今出川に諭される。

    患者③ 宅間(40代男性、妻子あり)



    2人の子供を持つ4人家族。脳の手術のために夫が入院していた。
    手術直前になって妻が手術を取りやめてほしいと言い出した。

    深山は親身になって妻の相談に乗った。

    妻が出頭医の黒岩のことを嫌ってのことかと思った深山は、黒岩に代わって深山が自分がオペをすると申し出た。
    「入院患者のことはいつオペになっても良いようスタンバイしている」という深山は、黒岩の得意とする、もしくは黒岩にしか出来ないオペであっても自分もに出来ると言い切った。

    それで一度は手術に前向きになった妻だったが、翌日になって再び手術の中止を願い出た。

    深山は再び妻と面談し、中止を希望する理由を聞く。

    夫は個人で立ち上げた事業の失敗を境に、酒やギャンブル、女遊び、暴力などと粗暴が荒くなっていた。
    かれこれ直近8年の間で妻は離婚を考えない日はなかったという。

    それがある日、気性の荒いかった夫は脳腫瘍ができたことで、温厚になった。
    1ヶ月前に行ったベトナム旅行で脳腫瘍が進行したのか、最近はとても温厚で、妻も家族も夫にずっとこのままでいて欲しいと思っていた。
    逆に、脳の治療をすることで、気性の荒い夫に逆戻りしてしまうのを妻や家族は恐れていた。


    深山が家族に伝えた見解はこうだった。

  • これほどの大きさの腫瘍ができるまで約8年はかかる。
  • 人格が変わってしまった時期と年数が丁度重なっている。
  • 粗暴になった原因が腫瘍であり、温厚な人柄の方が夫の本当人格かも知れない。


  • 「どうします?このままだと死にますよ。元に戻るかどうか、それはわかりません。」
    そう前置きしながらも
    「私が治してみせる」と深山は言った。

    家族は温厚な夫に戻ることを祈って手術に同意した。


    結果、手術は成功した。


    術後に分かった事だか、夫の脳は1ヶ月前に行ったベトナム旅行で寄生虫に関する病気に侵されていて、脳にあった4cm程の卵が病原だった。

    つまり病名は脳腫瘍ではなく、虫による感染症だった。

    夫の性格が粗暴になったのは8年前、今回の感染は1ヶ月前、時期的に重ならないことから、病気と夫の性格の変化にどういった関係性があるのかは分からなくなった。

    深山は、生死をさまようような手術をしたり、大きな節目を超えた時に、人は温厚になれるものだと家族を励ました。

    その後の夫の人格は描かれなかったが、夫を含めて4人家族で支え合っていこうという雰囲気で終わった。


    トップナイフ1話の感想



    3人の手術の成功を労うことと、新人の歓迎を兼ねてカサブランカというクラブで脳外科のメンバーが集い、踊るというシーンからそのままエンディングに繋がって、ドラマが終わっていくのが面白かったです。

    ドラマ中では恐い顔をしている天海祐希が、エンディングでコミカルなダンスを踊っていて、女王の教室のエンディングが思い出されました。

    オペ中にサージカルルーペを覗くシーンや、誰かと横並びで指導や議論をするシーンなど、どんな角度で、どの俳優や女優と並んでも、天海祐希の顔が圧倒的に小さくて、ただただ格好いいなと思いました。

    1話のストーリー的には、DVの夫の人格が手術を経て温厚に戻ったのかどうか、その後の事がすごく気になりました。
    また、子供にとっても母親が8年間もDVに苦しんでいる様子を見てきているので、それが病気のせいだったとしても、退院した父親のことをすぐに受け入れるのは難しいのだろうなと思いました。

    「手術をしないと死にますよ」と深山が言った時に妻が迷ったのは、夫の命を優先するよりも、その後家族が平和に暮らせるかどうかの方が心配だったからだろうなと、その気持ちも分からなくもないと思いました。

    あとは、上司にタメ口を使う太々しい印象の西郡は今回あまりフィーチャーされていませんでしたが、新人3人がそれぞれ個性的でクセが強い様子が伺えたので、これからが楽しみです。

    スポンサーリンク