2020年大河ドラマ『麒麟がくる』が放送されました。

長谷川博己さん主演の大河ドラマとあって、楽しみでワクワクしました。
今回は沢尻エリカさんの代役で川口春奈さんが帰蝶役を演じることでも話題になった『麒麟がくる』1話のあらすじネタバレと感想です。

『麒麟がくる』の麒麟の意味や、目を引くような衣装も見応えがあります。

ネタバレありますので、番組をまだ観てない方はご注意ください。

スポンサーリンク


『麒麟がくる』1話あらすじ、ネタバレ


キャストは公式ページをご参照ください

1547年室町時代末期

武家の棟梁である将軍足利氏は家臣たちの権力闘争と足利家の内紛により力を失い幕府は弱体化し、争いは各地へ伝染していきました。
京から40里離れた美濃国にも戦乱の波は押し寄せていきました。

-美濃-明智荘(あけちのしょう)


明智十兵衛光秀(長谷川博己)は美しい緑豊かな田園風景を優しい顔つきで見渡していました。

しかしその刹那、野盗が現れ光秀に緊張感が走ります。

敵の1人が持っていた「火を吹く長い筒状の鎧を突き破る程の威力を持つ戦道具」を目の当たりにし、肝を冷やしながらも見事な刀使いで野盗を追い払いましたが、仲間の「我らの勝ちです」の言葉に

「我らの勝ち?野盗共はまた来るぞ。その度にこの有り様だ。何度戦えばここを守れる。何度戦えば!」
刀を振り下ろしながら叫び自分の非力さに顔を歪めるのでした。



光秀は稲葉山城にいました。

美濃守護代・斎藤氏の名跡を継ぐ斎藤道三(本木雅弘)に旅に出させてほしいと掛け合うためです。

美濃から一度も出たことがない故世間知らずで戦道具である鉄砲すら知らない。
この先野盗は何度も来る。
野盗は他の国々を知っている。
このままでは我々に勝機はない、と他の国を見るための旅の直談判をしに来たのでした。


道三は「鉄砲を買ってくること」「奥方の病気を治す名医を連れ帰ること」この2つの約束と引き換えに、鉄砲がどういうものか探る旅に出ることを許可します。


光秀、堺で鉄砲を手にいれる



光秀は近江琵琶湖を船で渡り、比叡山を越えて堺に入ります。

堺ではたまたま居合わせた三好長慶の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られ酒を交わしましたが、寝ている隙に金を取られ、その代わりとして松永が持っていた念願の鉄砲を手に入れることに成功し大喜びします。


光秀、京へ

次に向かった京では、名医と呼ばれる望月東庵(堺 正章)と出会い、美濃へ来てくれないかを打診しましたが、京を離れたくないと断られてしまいます。

京は誰もが憧れる美しき都でしたが、度重なる戦や内乱で町は荒れ果て人々は住まいを追われていました。
京は貧しい人々の巣窟となっていたのです。

そんな中、大名同士の抗争が始まり、町は大火事になります。

望月の仲良くしている娘が火事に巻き込まれ、危ないところを光秀が間一髪助け出します。

それを見ていた望月の助手の駒(門脇麦)が、私も小さい頃抗争の際に起きた火事に巻き込まれ両親を亡くしたのだと声をかけます。

その際光秀と同じように助け出してくれた武士から
「いつか戦は終わる。戦のない世の中になる。そういう世の中を作れる人が現れる。その人は麒麟を連れてくる。麒麟というのは穏やかな国にやってくる不思議な生き物なんだよ」と聞かされたと。

それを聞いて光秀は思うのです。


美濃にも京にも麒麟はいない。
麒麟がくる世の中にするにはどうすれば良いのかと。

娘を助け出してくれた望月は感謝し、そのお礼にと美濃へ一緒に帰ることを了承してくれ、助手の駒と一緒に三人で美濃へと歩みを進めるのでした。


『麒麟がくる』1話感想

放送開始前から濃姫(帰蝶)役の沢尻エリカさんの事件による降板で放送開始が2週間遅れるなど話題でしたが、その反動?もあり、第1回放送の視聴率は19.1%と、前作のいだてんの視聴率15.5%を上回る好発進でした!(パチパチ)

冒頭の空の青さと衣装の色彩豊かな色鮮やかさと緑豊かな田園風景に映画みたいだとココロを奪われました!

そして臨場感とスケール感のある映像に仕上げる為、ドローンを使っての撮影や、大河ドラマ初めての高精細な4Kカメラで全編を撮影していたみたいです!

だからとっても綺麗だったんですね!


そして野盗が現れ敵と対峙する光秀役扮する長谷川博己さんの精悍さにココロを奪われました(←2回目笑)

長谷川さん42歳とは思えぬ機敏さで(役としては20歳の時を演じています)屋根から屋根に飛び移り、屋根を突き破って着地してまた殺陣していました。ターミネーターかと思いました(笑)

敵陣が藁のようなものに火を放つんですが、その時に火を放ちながらバカにするようにベロを出したところがなんとも令和っぽい現代的な大河ドラマだなと思い、なんかチャーミングで笑えました。


戦いは光秀側が優勢に思えましたが敵陣の鉄砲が火を吹き、光秀は肝を冷やします。

「火を吹く長い筒状の物で金の塊を飛ばし鎧を突き破る程の威力を持つ戦道具」が何なのか分からなかったのです。

生まれ育った美濃から一度も出てなかったらそりゃそうですよね。
ビックリして身体も動かないと思います。

野盗を追い払った後の仲間の「我らの勝ちです」の言葉に
「我らの勝ち?野盗共はまた来るぞ。その度にこの有り様だ。何度戦えばここを守れる。何度戦えば!」刀を振り下ろしながら叫ぶシーンの後、オープニングに切り替わり、タイトルバックの光秀が本能寺の変を思わせるような鎧兜を身につけている姿に身震いしました!


次の日主君の斉藤山城守利政(のちの道三)の元へ行き社会勉強の為に旅に出たいと直談判します。

道三は計算高いので「鉄砲を買ってくること」と「奥さんの病気を治せる名医を連れてくること」をお土産に旅をOKします。

晴れて旅のお墨付きをもらった光秀はルンルンで旅に出て、堺で鉄砲を扱う「辻屋」で出会った吉田鋼太郎扮する松永久秀とお酒なんか交わしたりして酔っ払って案の定、金を盗られ(おいおい)、でも代わりに念願の鉄砲を手に入れました。

次に京に入った光秀は噂を聞き、名医と呼ばれる博打好きの望月東庵と助手の駒に美濃へ来てくれるよう頼みますが断られます。初対面だし、当たり前でしょう(笑)

ところがどっこい、ひょんなこんなで大名の抗争の際に起きた火事で東庵の可愛がってる女の子(女の子と言ってもピチピチの女の子じゃないですよ!子供です)が火事に巻き込まれ、光秀が間一髪助け出します。

一目置いた駒が光秀に語りかけた

「いつか戦は終わる。戦のない世の中になる。そういう世の中を作れる人が現れる。その人は麒麟を連れてくる。麒麟っていうのは穏やかな国にやってくる不思議な生き物なんだよ」

このセリフが痺れました〜!!
だからタイトルが「麒麟がくる」なんですね!

麒麟て、なんでだろうと思っていました。
これは見ないと分からないですね!
なんとも秀逸です。


次回は尾張が美濃に攻めてきて緊迫です。
光秀早く着いてくれ〜!!

あ、帰蝶役の川口春奈さん最後にちょっとだけ出てました^_^
来週冒頭から出てきそうなので期待大です!!

スポンサーリンク