女の子が生まれると3月3日の初節句用の雛人形の準備が必要です。

初節句の雛人形はどちらの親が買うものなのか?生まれた孫の行事がある度に、父方?母方?と祖父母も結構悩むんですよねー。

でも親である子どもたちは「雛人形はいらない」という意見も持っているようで、雛人形の由来を伝えると納得できます。
今回は初節句の雛人形についてです。

スポンサーリンク


初節句の雛人形は母方の実家が買う


女の子が生まれたら初節句に準備する雛人形ですが、母方の実家が買うのが一般的と言われています。
赤ちゃんのママの実家・・・ということです。

SAKISAKI

我が家は娘に女の子が生まれたので、我が家が買うってことだわ。
私の今月のパート代は、すべて雛人形代となってしまうのねー。



初節句雛人形を母方の親が買う理由

雛人形を母方の親が買うのは理由があるようです。
実は、雛人形は『嫁入り道具』のひとつだったのです。

昔は、結婚したら女性が家を出て夫の家で暮らすというのが一般的でしたよね。
要は、同居です。

同居したら、女性の親はなかなか娘に会いに行けないじゃないですか。
なので、雛人形を送ることで離れて暮らす娘や孫の顔を見に行く口実にもなったわけです。

SAKISAKI

でもいまの時代、実家と連絡をよくとるママさんは多いんじゃないかなぁ?
昔と違ってきてるしね。


雛人形はいらない?


娘に「初節句の雛人形はどんなのがいい?」と相談すると、
娘から「雛人形っているの?」というビックリしたセリフが。

娘の友人も同じ時期に女の子を出産して、ママさん同士でひな祭りや初節句の話をしているのだとのことで、娘の友人も同じように「雛人形っていらないよねー」と話しているようです。

「雛人形はいらない」という理由①住宅事情

最近は核家族化が増えて、若い夫婦はアパートやマンションで生活してる人が多いですよね。

娘は2DKのアパート住まいで、娘の友人は転勤族で社宅に住んでいるとのことで、大きな雛人形を飾るスペースもなければ収納するスペースもないので「雛人形はいらない」ということになっているようです。


「雛人形はいらない」という理由②出し入れが面倒くさい

娘もですが、産休明けたら仕事を再開する予定です。
最近は共働き夫婦が増えているので、毎日がバタバタしているようです。

そんな状況の中
「雛人形って天気のいい日に出したり、3月3日が過ぎたら早めに片付けないといけないでしょう?そんなの無理!時間がないって!」
というのも理由の一つでしたね。


雛人形の由来

フムフム、「雛人形はいらない」というあなた達の気持ちはよーくわかりました。

が、しかーーーし、じいちゃんばあちゃんは買いたいでしょうし、そもそも雛人形の由来を知っているのか??ということで、娘に雛人形の由来をちょっと話しました。

雛人形は厄除け

初節句の雛人形は女の子の成長を願って飾られるのであって、「ひな祭りだから習慣的に飾る」というものではないのです。

昔々、人の姿をかたどったもの「人形(ここではヒトガタと呼びます)」や「形代(かたしろ)」と呼ばれるのもに、穢れ(けがれ)を移して難を逃れるという儀式があったようです。
よく耳にする「流し雛(ながしびな)」という儀式も同じような意味で、雛人形は女の子の成長を守ってくれる意味があるものです。

SAKISAKI

簡単に由来を話すと「だったら小さいのでいいので、子供用にひとつ雛人形を買ってた方がいいね」と娘も理解してくれました。



初節句の雛人形、我が家の場合

SAKISAKI

我が家は初節句の雛人形は、母方の実家である私達が購入します。
価格も手頃な価格で抑えてもらう予定(高いのは買えないので予算50,000円以内!!と申してますww)ですが、アパート住まいの娘宅に大きな雛人形は置くことは無理なくらい狭いので、一番気になるのははサイズやデザインですね。
色々考えるのが面倒くさいので、予算を伝えて娘夫婦が欲しい雛人形を購入するほうが無難かなぁと思ってます。


でも、母方の実家が送ることが一般的なようですが、いまはあまりこだわらなくてもいいのかなぁと思いますね。

かれこれ約30年前になりますが、私の娘が生まれた時は、夫の実家が雛人形を準備してくれました。

だからといって、私の親が「準備するはずだったのにー」と茶々を入れることもなく「あら良かったねー。じゃあ、他の物をお祝いするけど何がいい?」とあっさりとしてました。
その後も両家仲良く一緒に雛人形を囲んで会食をすることができたし、いい思い出です。

要は、女の子(赤ちゃん)の健康を願って行うことなので、しきたりにこだわらずどのような形でもいいんじゃないかなぁと思ってますが。


さいごに

女の子(孫)が生まれると準備しないといけないのが初節句の雛人形ですが、一般的には母方の実家が準備するものです。

雛人形は、女の子が健康に成長することを願った厄除けなので、狭いアパート住まいでも小さな雛人形を準備してあげるといいかもしれないですね。

スポンサーリンク