2018年のアメリカ映画である『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、2015年公開の映画『ジュラシック・ワールド』の続編です。
恐竜と至近距離で触れ合うことができる高級リゾート「ジュラシック・ワールド」の崩壊から3年後、恐竜たちに人間がどのように向き合っていくのか、人間の醜さや過ちが浮き彫りです。
ネタバレ含みますので、映画を楽しみたい方は内容にご注意ください。

スポンサーリンク


『ジュラシック・ワールド炎の王国』あらすじ



「ジュラシック・ワールド事件」(作中事件名)において、多数の死傷者が出た以上、当然パークの存続は不可能となりました。
同時に、パーク崩壊によって、「飼われいた」恐竜達は、今やイスラ・ヌブラル島を徘徊していました。

しかし、島が火山噴火の危機に陥っていることがわかり、恐竜達の命が脅かされている事が判明しました。


前作『ジュラシック・ワールド』にも登場したクレア(演:ブライス・ダラス・ハワード)は、かつてはパークの責任者でしたが、今は打って変わって、恐竜の保護活動に勤しんでいました。

キャリアウーマンの姿からガラリと変わりました。

また島が火山に飲み込まれるとわかって、何とか恐竜達を助け出したいと考えました。

そこで、ロックウッド財団のミルズの支援を受け、彼のアドバイスで、前作にも登場したオーウェン(演:クリス・プラット)の助けも得て、恐竜たちのいるイスラ・ヌブラル島へと向かうのです。

始めこそオーウェンは、島へ行くことを拒否します。
しかし自身が育てたブルー(ヴェロキラプトル/小型の肉食恐竜)の事が気がかりで結局助けに向かう事を決意しました。


さて、島へ向かうクレアオーウェンには、前作にはいなかった新しい仲間と護衛がいました。

まずは、獣医学の知識を持つジアです。
女性ながらたくましく、正義感の強い女性で、生物(この場合恐竜も含む)に関して豊富な知識を持っています。

もう一人は、頭は良いものの少し気弱なフランクリンです。
コンピュータに強いものの、恐竜がいるようなジャングルには不似合いな若い男性です。

そして、恐竜達から身を護る為の傭兵ケン・ウィートリーら傭兵集団。
サバイバル慣れした彼らは、ロックウッド財団のミルズに金で雇われた傭兵団です。

ところが彼らは曲者で、恐竜を保護したいクレアにとって、ミルズの支援は大変ありがたいものでしたが、ミルズの本当の目的は、恐竜達を金儲けの道具にすることだったのです。
つまり彼らはその為の集団だったのです。

特に、ミルズは、人の命令を聞くヴェロキラプトルのブルーを欲しがっていました。
クレアがそれに気づいた時、「時すでに遅し」という事態に陥っていました。


『ジュラシック・ワールド炎の王国』ネタバレ

オーウェンがいてこそブルーが捕獲できたのですが、捕獲と同時にウィートリーら傭兵達は、オーウェン達一行に銃口を突きつけます。

捕獲の過程で怪我をしたブルーを生かす為、ジアは何とか捕虜として持ちこたえました。
しかしオーウェンは見事に麻酔銃を打ち込まれる事態に…。

そして、目覚めた時には島の火山が噴火し、溶岩がすぐ目の前にまで迫っていたのです。
また、クレアとフランクリンもかつてのパーク管理施設に閉じ込められてしまいました。


見事にミルズが雇った傭兵らに裏切られたオーウェン一行ですが、とにかく噴火と逃げ惑う恐竜達から身を守りながら、必死に逃げ続けます。
そうして何とか海岸までたどり着きます。

すると、ウィートリーら傭兵団が大急ぎで恐竜を捕獲して檻に入れ、船に詰め込むのを目にします。
島の大噴火が近づいていたからです。
三人も助かるために、噴石が降り注ぐ中、その船に慌てて乗り込みます。

まずは、こうして難を逃れました。
しかし、三人は遠目ながら、船に乗れなかったブラキオサウルスが火砕流(大きな噴煙)に巻き込まれ死んでいくのを見て、涙しました。


傭兵団と恐竜の船に忍び込んだ三人は、傭兵に扮します。

その最中、ジアとの再開を果たします。

しかし、ジアが面倒を見ていたブルーはとても弱っています。
捕獲の際の銃弾が体内に残ってしまったからです。
またブルーには輸血が必要でした。

そこで、オーウェンとクレアは、ティラノサウルスからそっと血を抜き取ってブルーに輸血をするのでした。
ここは、中々ヒヤヒヤする場面でした…。

輸血後ブルーは元気を取り戻しますが、傭兵に扮していたフランクリンが、うっかり本当の傭兵に思われてしまい、別の傭兵に連れて行かれてしまいます。

しかし彼の事だけを心配していられません。
何と船は、ロックウッド財団のミルズがいるロックウッド・エステートへと向かっていたのです。
海路から陸路となるとすぐ目と鼻の先だったのです。


ちなみに、ロックウッド・エステートとは、北カリフォルニア州にあるベンジャミン・ロックウッドの大公邸(の敷地)の事です。

大森林の中に豪華なお屋敷があり、その持ち主はロックウッド財団の創設者のベンジャミン・ロックウッドです。

そしてミルズは、彼の後継者です。
始めこそミルズはベンジャミンに従うものの、老いと病魔に弱った彼に反抗し、ついには彼を裏切り殺してしまいます。


加えて、ベンジャミンの大豪邸には、密かに捕獲された恐竜達が集められていました。

豪邸の地下には、秘密の実験室や研究施設が隠されており、ベンジャミンすらそれを知りませんでした。
途中、ベンジャミンの孫娘のメイジーがそれを発見してしまいます。

また彼女は、ミルズが兵器密売人(にしてセレブ)のグンナーに恐竜を売り込む所を盗み見てしまいました。

その為、ミルズによって彼女は自室に閉じ込められてしまうのです。
メイジーは、何とか自室から抜け出し、高層の屋敷を壁伝いに歩き、屋根の上まで歩いて、ベンジャミンの部屋にたどり着きます。
しかしそこで、二度と起きることのないベンジャミンの姿を見ることになるのでした。


さて、オーウェンとクレアの方はというと、船から脱出したものの、すぐに傭兵らにその存在を発見され、秘密の研究所の中にある恐竜用の檻に閉じ込められてしまいます。

そこでオーウェンは、一計を案じます。

ちょうどすぐ隣りの檻の中には、スティギモロクという石頭をした草食恐竜がいたので、“その子”をけしかけて、檻の壁を破壊させたのです。
そうして、オーウェンらは檻から脱出するのに成功するのでした。

ところで、ロックウッド・エステートに恐竜を集められたのは、ミルズとグンナーらが恐竜の競売をする為でした。
しかも世界中のセレブや著名人、軍関係者らなど、名だたる人物達に対してです。

実は、恐竜研究には莫大な費用がかかっており、これはミルズにとって悩みの種でした。

『ジュラシックパーク』や『ジュラシック・ワールド』にも登場した、ヘンリー・ウー博士がお構いなしに、恐竜研究とその開発に巨費を投じていたからです。
金持ちのミルズですら、彼に苦言を呈していました。

そういうこともあり、セレブらに恐竜を売るのは、いわば資金集めでもあったわけです。

結果、金持ちであるミルズですら魅了されるような巨額で恐竜達は売れていきました。
そして競売のさなか、当初余興として登場した遺伝子組み換えのハイブリッド恐竜、インドミナスラプトル(インドラプトル)にまで、セレブらから欲しいと次々と声があがってしまいます。

ミルズやグンナーは、欲に負けこれを競売にかける始末…。

さすがのウー博士も、ハイブリッドかつ試作段階の恐竜の売買は危険だと反対しました。

しかしミルズらは押し切りました。
もはやここは金の亡者ばかりとなったのです…。

このインドラプトルは、獰猛で凶悪にして最強の新種でした。
しかも人間によって(一定度のみ)操作ができ、音波信号やレーザーポインターを駆使して、標的を襲わせることが可能なのです。


オーウェンやクレアは途中メイジーを保護すると、この忌まわしい競売光景に出くわします。

汚らわしい彼らは怒りを感じます。
また何としてでも世界中(のセレブらのもと)に恐竜が送られていくのを防ごうとしました。

その為に、スティギモロクを筆頭に恐竜達を開放し、競売会場をメチャクチャにしていきます。
これにミルズは怒り心頭です。
しかし、ミルズの部下達も次々に恐竜に襲われ、また喰われていったので、劣勢と思ったミルズは逃げ出しました。

ウー博士らも、研究所から大事なデータを持って逃げ準備に入ります。

またブルーを守ろうとするジアを博士は脅迫します。

しかし、そこに何故か白衣の格好をしたフランクリンが登場。
博士は、自身の部下と思い込んで命令しますが、フランクリンに見事にノックアウトされてしまいました。

こうしてフランクリンがジアを「かっこよく」助け出したのでした。

ただ、博士は他の部下に助けられ、その後は消息がわからなくなります。
(次回作があれば次回作で登場するかもしれません。)

ところが、メチャクチャになったロックウッド・エステートでは、とんでもないものも自由の身となってしまいます。
そう、インドラプトルです。

傭兵リーダーのウィートリーやグンナー等、次々と悪人達を喰い殺してくれた…ではなく、殺すに飽き足らず、オーウェンらにも襲いかかります。

オーウェンとクレアは、幼いメイジーをかばいながら逃げ続けます。

そこで、オーウェンとクレアは身を挺してインドラプトルを倒そうとします。
屋敷のガラス張りの天井の上にインドラプトルをおびき出し、クレアが音波信号とレーザーポインターを使って、オーウェンに向けてあえて照射します。

インドラプトルはその特性から、その“命令”に従って、オーウェンに飛びかかります。
勢いよく飛びかかった先はガラスの屋根ですので、すぐ様崩壊し、落ちそうになります。

そこにブルーが飛びかかってきたので、インドラプトルは落下していきました。
落下した先には、トリケラトプスの巨大な剥製、またそのツノがあり、見事にそのツノに突き刺さってインドラプトルは絶命するのでした。


オーウェンやクレア、ジアにフランクリン。
そしてメイジーは無事助かりますが、壊れゆく研究所の中では有毒ガス(シアンガス)が充満し、檻の中の恐竜達が死に絶えようとしていました。

クレアは、一度は檻を開放しようとしたものの、オーウェンに止められます。

イスラ・ヌブラル島と違い、もしここで檻を開放すれば、恐竜達は“人の世界”へ入ってきてしまうからです。
しかしメイジーは、檻の開放スイッチを押して、恐竜達を逃してしまいます。

実はメイジーは、ベンジャミンの娘のクローンだったのです。
この少し前に、ベンジャミンがクローン技術によって“娘”を生き返らせたことがミルズによって暴かれます。

メイジーは自分がクローンであることを悲しみますが、同時にクローンであろうと生きている事を強く自覚していました。
その為、同じクローンでもある恐竜達を見殺しにはできなかったのです。

そんなメイジーを、オーウェンらは何一つ攻める事はできませんでした。

ところでミルズはというと、逃げ準備に時間がかかったのかまだ屋敷のすぐ外にいました。
大事なインドラプトルを作る為の素材、インドミナスレックスの骨(肋骨)を持っていく為です。
しかし、そんな事をしている間に逃げ損ない、ふと気を許した瞬間に、ティラノサウルスとカルノタウルスの二頭に食いちぎられるという最後を迎えました。

こうして、オーウェン達は、活躍したブルーとも別れ時が来ました。
ブルーもオーウェンの事を信じているものの、人間そのものを信じる事はできなかったのです。

オーウェンが檻を指差すと、すっとブルーは去っていくのでした。
これにはオーウェンもブルーの気持ちを理解し、追うことはありませんでした。


そして、物語は終焉へと向かいます。

メイジーによって開放された恐竜達は、いまや世界中へと飛び立っていき、さらに繁殖して“人間の世界”を侵食していきました。

そこで重い言葉を発する人物がアメリカ連邦議事堂に現れます。

26年前の「ジュラシックパーク事件」と22年前の「サンディエゴ事件」の当事者(にして、『ジュラシックパーク』の登場キャラクター、また『ロストワールド ジュラシックパーク2』の主役)でもあるマルコム博士です。

彼も恐竜の恐ろしさをよく知る為、人々に真理を説きました。
そして、人類が恐竜と共存していかなくてはない、この絶望的な事態に、
「ジュラシック・ワールドにようこそ」
と静かに、でもとても強く皮肉るのでした。

プテラノドンが舞う大都会のシーンを最後に、スクリーンは幕を閉じたのでした。


『ジュラシック・ワールド炎の王国』感想


第一作目の『ジュラシックパーク』から続けると、第5作目となる本作。

前作『ジュラシック・ワールド』の続編でもあり、次期公開される『ワールド』シリーズの通過点的作品です。
『パーク』シリーズ同様に、『ワールド』シリーズも3部作が決定しており、次回作がとても楽しみです。

「全作」を通して、恐竜とパークの復活に対する「夢」を表現しつつ、人間が犯す「過ち」の光景が何度も繰り返され、それを本作でも見る事ができました。

マルコム博士は本作では、本当に一部のみの出演ながら、彼の言葉が全てを物語っています。

人間は何度も過ちを犯し続け、自ら破滅の道へと向かっていきます。
特に、本作では人間の醜さが際立っていました。
恐竜をオークションにかけて、金儲けをするシーンはまさにその極みです。


「パーク」の時からそうですが、人間は「命」を生み出す事に何の「敬意」を払わずに、恐竜を作り続けてきました。

若かりしマルコム博士は、かつて『ジュラシックパーク』で、ジョン・ハモンドに対して、「あなたが行っているのは自然界へのレイプ」と罵るほどでした。

アトラクションとしてのパークやワールドは、人々を釘付けにしますが、本来はいわば“動物園”を作る為に、恐竜達を生み出してそこに放り込む事は到底してはならなかったのです。

加えて、人間達は兵器やらペットやらにしようと自分勝手に扱っていきました。

だからこそ、見事にそのしっぺ返しが来たわけです。

人間は、自らの行いによって滅ぶ事でしょう。

それを次回作でどのように描くのかとても興味がありますので次回作を作って欲しいですね。


ちなみに、堅苦しい話はおいておき、『ジュラシックパーク』シリーズは、良くも悪くもとても「勧善懲悪」なストーリーです。

その為、結構スカッとする事が多いです。

勿論、中には善人も恐竜の餌食になってしまい、それは恐怖を増幅させますが、悪人達のほぼ全てが恐竜に食べられている所はある意味高評価です。

悪人がのさばる事がない世界なのですから…。

但し、今の所、一人例外の人物がいます。
それがウー博士です。

第一作目の『ジュラシックパーク』や『ジュラシック・ワールド』で度々登場するものの、今のところ存命です。

彼の場合は、科学者としての側面が強く、単純に「悪人」と表現するには難しい所があります。
彼の扱いがどうなるのかも大変楽しみにしています。

スポンサーリンク