2020年1月26日の開催された大阪女子マラソンで優勝した松田瑞生選手

オリンピック代表候補に名乗りを上げた松田瑞生選手は腹筋女王と言われるくらいすごい腹筋なのですが、どのようなトレーニングで鍛えているのでしょうか?

今回は松田瑞生選手の学歴やマラソンを始めた時期はいつなのか?また腹筋トレーニングについてなど気になることを調べてみました。

スポンサーリンク


松田瑞生のプロフィール



SAKISAKI

とっても元気で、みている私達も元気になってしまう松田瑞生さん。
気になるプロフィールは?


プロフィール
  • 氏名:松田瑞生(マツダミズキ)
  • 生年月日:1995年5月31日 24歳(2020年1月執筆時点)
  • 出身地:大阪府
  • 身長・体重:158cm、46kg
  • 所属:ダイハツ
  • 愛称:なにわの腹筋女王

  • 松田瑞生選手はなにわの腹筋女王と言われているくらい腹筋がバキバキです。
    パット見、腹筋だけ見たらとても女性とは思えないくらい無駄な脂肪が全然ないです。
    SAKISAKI

    う、うらやましい・・・



    松田瑞生選手の腹筋トレーニングは?



    松田選手は10種類の腹筋トレーニングを、1日1時間~1時間半かけて行うようです。

    その回数は1日1000回~1500回!
    多いときはそれ以上の回数もこなしているそうです。

    具体的にどのようなメニューで腹筋トレーニングを行っているのかは公開されてません。
    しかし某情報番組で松田瑞生選手が腹筋を行っている場面が放送されましたが、一般的な腹筋だけでなく足を上げたりいろいろな角度から行っているようでした。

    いろいろな筋肉を鍛えることで、体幹を鍛えることにつながり安定した走りができているようです。

    SAKISAKI

    1日1000回以上の腹筋をやっているからこそ、あの素晴らしいシックスパックが維持できているのですね。

    私には真似できないけど、1日50回くらいからでも始めてみようかしら?
    私の場合、まずは継続することですねww



    松田瑞生の学歴は?



    大阪府出身でチャキチャキの浪速っ子であの増田明美さんが『元気印の腹筋女王』というキャッチフレーズをつけたくらい元気な松田瑞生さん。

    ご本人もご自分のことを
    「そのまんまです。負けず嫌いで元気でよく喋る」と話されてます。

    そんな松田瑞生選手の学歴は、大阪市住吉区にある大阪市立通里小野小学校、大阪市立大和川中学校を卒業し大阪薫英女学院高等学校に入学されます。

    高校卒業後、進学されずにダイハツ工業の所属しマラソンをされてます。


    松田瑞生選手がマラソンを始めた時期はいつ?



    素晴らしい走りを見せてくれた松田瑞生選手ですが、マラソン(陸上)を始めたのは中学生の頃からです。

    小学校のときは、意外にも柔道をやっていた松田瑞生選手。
    姉妹3人で柔道をやっていたそうです。

    しかし、中学に入り最初はバスケットボール部に所属します。
    お姉さんがバスケットボール部のキャプテンをしていた関係で、お姉さんの誘いを断れずにバスケットボール部に入部しますが、お姉さんが卒業すると同時にやめて中学2年から陸上部に転向します。

    元々、小学生の頃から『マラソンでオリンピックに出たい』という夢を持っていたという松田瑞生選手。
    小学生の頃は地元のマラソン大会で毎年1位になるくらい足が速かったようです。

    元々体を動かすことや走ることが好きな女の子だったのでしょうね。


    まとめ

    2020年1月26日の開催された大阪女子マラソンで優勝した松田瑞生選手ですが、中学2年生の頃から陸上を始めました。

    腹筋女王
    と言われるくらいすごい腹筋は、10種類のメニューで一日1000回~1500回行われる腹筋トレーニングを行っている成果です。

    大阪女子マラソンで優勝したことで、オリンピック代表候補の残り一枠に名乗りを上げた松田選手。
    頑張って欲しいです。